AUG.12.2019

スムージーダイエットでキレイに痩せる!効果ややり方、人気レシピ集

スムージーダイエットでキレイに痩せる!効果ややり方、人気レシピ集 スムージーダイエットでキレイに痩せる!効果ややり方、人気レシピ集

多くのモデルさんや女優さんも取り入れているスムージーダイエットは、キレイに痩せることができるダイエット方法として人気があります。しかし間違った方法では逆効果になってしまうことも!そこで今回はやり方やレシピ、注意点をご紹介します。

スムージーダイエットとは?

4種類のスムージー

スムージーダイエットは、野菜や果物をミキサーで混ぜたドリンクである「スムージー」を一食分置き換えて行うダイエット方法のことです。
簡単に作れることから、忙しい女性や料理が苦手な女性にもおすすめできる方法で、レシピによってさまざまな栄養を摂ったり、味を変えられるのが魅力になります。

ダイエット効果や健康効果、美容効果が期待できるので、多くのモデルさんや女優さんも飲むようにしているそうですよ!

そこで今回は、スムージーダイエットによる効果や正しいやり方、おすすめレシピ、注意点などをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スムージーダイエットによる効果

スムージーを持つ女性

スムージーがダイエットに効果的だと言われているのは、野菜や果物に含まれている食物繊維をしっかり摂ることができるからです。
食物繊維には便秘を改善する効果があるので、便秘を解消して腸内環境を整えてくれます。

そして飲むだけで満腹感も得られるので、食べ過ぎを防止することも期待されています。

スムージーは生の野菜や果物を使うので、栄養を損なうことなく摂取できるのも嬉しいポイント。
ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質も多く含まれるので、老化防止やアンチエイジングにも役立ってくれるでしょう。

スムージーダイエットのやり方と1杯のカロリー目安

3種類のスムージー

スムージーダイエットのやり方はとてもシンプルで、朝食時に飲むだけです。
スムージーは空腹時のほうが吸収されやすいと言われているので、朝一番にスムージーを飲むといいですよ。

そしてスムージー以外の食事では、栄養バランスに気を配ることがポイント。
スムージーでは補えない栄養素もありますから、健康的に痩せるためには昼や夜のご飯でバランスのいい食事を心がけてくださいね。

■スムージーの1杯あたりのカロリー
スムージーは健康にいいですが、あまりにも多くの食材を入れたり、果物中心のスムージーにてしまうと、あっという間に500kcalを超えてしまいます。
ダイエット目的であれば、1食分は300kcal以内に抑えるように意識してくださいね。

ダイエットに効果的なスムージーの基本的な作り方&おすすめの食材

グリーンスムージー

まずはスムージーの基本的な作り方をご紹介します。

■スムージーの作り方
スムージーとは、一度冷凍させた野菜や果物に水や豆乳などを加えながらミキサーでなめらかにした飲み物のことです。
ジューサーで作ったものがジュース、ミキサーで作ったものがスムージーになります。

ただ、ダイエットや美容目的の人であれば、野菜や果物は冷凍させずに常温のスムージーを作ることがおすすめです。
野菜6:果物4くらいの割合で、3種類くらいの食材を混ぜるといいですよ。

■スムージーダイエットにおすすめの食材
・小松菜
・ほうれん草
・トマト
・パプリカ
・にんじん
・バナナ
・りんご
・キウイ
・イチゴ
・アボカド
・ナッツ
・乳製品
・良質な油

スムージーダイエットにおすすめのレシピ

グリーンスムージー

いくつかスムージーの人気レシピを見ていきましょう。

■王道のグリーンスムージー
ほうれん草 半束 / キウイ 1個 / アボカド 半分 / ギリシャヨーグルト 80g / お水 1カップ

■飲みやすく続けやすい小松菜スムージー
小松菜100g / りんご 1/2個分 / バナナ 1本 / 水 100cc

■女性から人気のベリースムージー
小松菜 2株 / いちご 7個 / ブルーベリー 100g / 豆乳 1カップ

■甘さ控えめのナッツスムージー
ナッツ 20g / バナナ 1本 / 豆乳 180cc / 冷凍ミックスベリー 大さじ1

気になったレシピを、ミキサーで滑らかになるまで混ぜていきましょう。

スムージーダイエットの注意点

グリーンスムージーとレッドスムージー

ダイエットはもちろん、美容にもいいスムージーダイエットですが、注意したい点もいくつかあります。

■必ず噛んで飲む
スムージーはするすると飲めるので、すぐに飲んでしまいますが、それだと満腹感を感じることができません。
せっかくトロミのあるドリンクになっているので、暴飲暴食を防ぐためにもしっかり噛んでゆっくり飲んでいくようにしてみてください。

■果物を入れすぎない
果物はとても甘いので、飲みやすいことからつい果物を多めにしてしまいがちですが、カロリー過多という落とし穴がありますので、ダイエット効果を求めるなら葉物野菜をメインに使うグリーンスムージーがおすすめです。

■食材はローテーションにする
毎日同じメニューだと飽きてしまうので、ローテーションでさまざまな味を楽しむといいですよ。
同じ食材を継続的に食べ続けることで、アレルギー発症の可能性が高くなるとも言われているので、ローテーションが◎。

スムージーダイエットについてご紹介しました。スムージーには何通りものレシピがあるので、飽きずに継続することができそうですね。美意識高い女性向けのダイエット方法でもありますから、痩せながらキレイになりたいという女性はぜひチャレンジしてみてください。