BEAUTY
DEC.02.2020

リキッドコンシーラーおすすめ8選!魅力や選び方、順番など使い方も

リキッドコンシーラーおすすめ8選!魅力や選び方、順番など使い方も リキッドコンシーラーおすすめ8選!魅力や選び方、順番など使い方も

クマやシミなど気になる部分をカバーするのに便利なリキッドコンシーラー。今回は、そんなリキッドコンシーラーのおすすめをプチプラやデパコスからピックアップ。リキッドコンシーラーの魅力や選び方、順番などの使い方もご紹介します。

【目次】

リキッドコンシーラーとは?

 

クマやシミ、くすみなど顔の色ムラをカバーするのに便利なリキッドコンシーラー。ただ、そもそもリキッドコンシーラーとは何なのか、よくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

コンシーラーとは、顔全体に塗るファンデーションとは違って、クマやシミなどの隠したい箇所だけに塗る部分ファンデーション。ファンデーションに比べて、よりカバー力に優れた成分や色が使われています。

コンシーラーには固形状のスティックタイプやクリームタイプ、パウダータイプもありますが、今回ご紹介するのは液状のリキッドタイプ。柔らかいゆるいテクスチャーでみずみずしい質感のコンシーラーです。

リキッドコンシーラーの魅力

リキッドコンシーラー

リキッドコンシーラーには、固形状のコンシーラーにはない液状ならではの魅力やメリットがあります。ここからは、リキッドコンシーラーの魅力をご紹介していきます。

リキッドコンシーラーの魅力①伸びが良い

リキッドコンシーラーは柔らかいテクスチャーの液状なので、伸びが良いのが魅力。特にクマやくすみのある目元や口元はよく動かす場所なので、伸びが良くてしっかりとフィットするリキッドコンシーラーが最適です。

リキッドコンシーラーの魅力②肌なじみが良い

液状のリキッドコンシーラーは、肌に溶け込むようになじむのも魅力。色や質感が浮いた感じにならず透け感のある仕上がりになるので、素肌っぽい今の気分の肌作りにも最適です。

リキッドコンシーラーの魅力③厚塗りにならない

リキッドコンシーラーは薄づきで厚塗りにならないのも魅力。クマやシミを隠そうとついつい重ねて塗ることがあっても厚塗り感はゼロ。色ムラの濃さに合わせてカバー力を調整することができます。

リキッドコンシーラーのメリット

リキッドコンシーラーを目の下に塗る女性

リキッドコンシーラーの伸びの良さや肌なじみの良さにはメリットもたくさん。ここからは、そんなリキッドコンシーラーのメリットをご紹介していきます。

リキッドコンシーラーのメリット①広範囲をカバーできる

柔らかいテクスチャーで伸びが良いリキッドコンシーラーは、広範囲をカバーできるのがメリット。頬の赤みやくすみなど広範囲の色ムラもナチュラルにカバーできます。色つきの下地とリキッドコンシーラーを組み合わせれば、ノーファンデの抜け感のあるメイクも可能です。

リキッドコンシーラーのメリット②薄づきでナチュラル

リキッドコンシーラーの薄づきでナチュラルな仕上がりは、今どきの素肌っぽい肌作りにぴったり。つける量を調整しやすいのもナチュラルに仕上げるのに好都合。気になる部分は隠しながら素肌っぽさをキープしてくれます。

リキッドコンシーラーのメリット③保湿力が高い

リキッドコンシーラー

リキッドタイプのコンシーラーは、固形タイプのコンシーラーより保湿力が高いのもメリット。特に乾燥肌の方や秋冬のベースメイクには、リキッドコンシーラーのみずみずしいテクスチャーが◎。保湿成分を含んだものなら、メイクしながらスキンケアもできます。

リキッドコンシーラーのメリット④筆ペンタイプは初心者でも使いやすい

伸ばしやすく肌なじみが良いリキッドコンシーラーは、初心者の方が塗りやすいのもメリット。特に筆ペンタイプやチップタイプは手を汚さずに塗れるので使いやすくておすすめです。

リキッドコンシーラーのデメリット

リキッドコンシーラー

リキッドコンシーラーの薄づきでナチュラルに仕上がるメリットにはデメリットもあります。リキッドコンシーラーを使う際や購入する際は、このデメリットをおさえておくと失敗が少なくなります。

リキッドコンシーラーのデメリット①カバー力が弱い

リキッドコンシーラーは薄づきでナチュラルに仕上がる分、カバー力が弱いのがデメリット。カバー力なら、固形状のスティックタイプやクリームタイプの方が上です。

色の濃いシミやニキビ跡などピンポイントでカバーしたい部分は固形状のコンシーラーを使って、色の濃さや肌悩みごとにコンシーラーを使い分けるのがポイントです。

リキッドコンシーラーのデメリット②ヨレやすくなる厚塗りはNG!

リキッドコンシーラーは液状のゆるいテクスチャーなので、使い方によってはヨレてしまうことがあります。速乾性に優れたものがほとんどですが、塗った直後に上から重ねて塗ったり、何度も重ねて厚塗りになるとヨレの原因になる場合があります。あと、パウダーファンデーションの上に重ねるとヨレる場合があるので、ファンデの種類と使う順番も注意しましょう。

リキッドコンシーラーの選び方

 

リキッドコンシーラーを選ぶ際は、色やテクスチャーで迷う方も多いのではないでしょうか。ここからは、色とテクスチャーそれぞれにリキッドコンシーラーのおすすめの選び方をご紹介します。

リキッドコンシーラーの選び方①色:青クマにはオレンジなど肌悩みに合わせて

リキッドコンシーラーにはファンデーションと同様に色展開があります。色を選ぶ時は、自分の肌色に合うものを選ぶのと同時に隠したい肌悩みに合わせて色を選ぶのがポイント。肌悩みと色が合っていないと、うまく隠せなかったり不自然な感じになる場合があります。

■リキッドコンシーラーの色の選び方

・目まわりのクマやくすみ
目のまわりのクマを隠す場合は、クマの色に合わせてリキッドコンシーラーの色を使い分けるのがポイント。青クマにはオレンジ系、茶クマにはイエロー系、黒クマやくすみなど目のまわりの影には肌色よりワントーン明るい色がおすすめ。明る過ぎると塗っていない場所との差ができて不自然になるので要注意です。

・シミ
シミを隠したい場合は、シミの濃さに合わせてリキッドコンシーラーの色を選ぶのがポイント。シミが薄い場合は肌色に近い色、シミが濃い場合は肌色より少し暗めの色を選ぶと上手にカバーできます。

・頬の赤み
頬などの赤みが目立つ部分には、グリーンのリキッドコンシーラーがおすすめ。グリーンは赤の反対色で赤みを打ち消す効果があります。

リキッドコンシーラーの選び方②テクスチャー:乾燥、オイリーなど肌質に合わせて

リキッドコンシーラーには、油分が多めでこっくりとしたタイプからみずみずしい質感のタイプまでテクスチャーにも種類があります。乾燥肌の方は油分多めのタイプ、オイリー肌の方はジェルタイプなど肌質に合わせてテクスチャーを選びましょう。

リキッドコンシーラーの使い方

 

リキッドコンシーラーでクマやシミなどの肌悩みをカバーするには、正しい使い方をすることが大切です。ここからは、リキッドコンシーラーを使う順番や塗り方などおすすめの使い方をご紹介します。

リキッドコンシーラーの使い方①順番はファンデのタイプで変える

ベースメイクの中でリキッドコンシーラーを使う順番は、一緒に使うファンデーションのタイプによって最適な順番が違います。

■リキッドコンシーラーを塗る順番

・リキッドorクリームファンデーションの場合
化粧下地→ファンデーション→コンシーラー

・パウダーファンデーションの場合
化粧下地→コンシーラー→ファンデーション

コンシーラーとファンデーションの前後の順番を間違うと、せっかく塗ったコンシーラーが取れてしまったりヨレてしまったりする場合があります。

リキッドコンシーラーの使い方②塗り方:クマを隠したりハイライトとして使う方法

リキッドコンシーラーを塗る時は、化粧下地やファンデーションで顔全体のベースを作って、気になる部分にリキッドコンシーラーを乗せていきます。

■リキッドコンシーラーの基本の塗り方

①クマなどの気になる部分に、適量のリキッドコンシーラーを点置きしていく
②指やスポンジを使って、トントンと軽くたたくようになじませていく
③境目は必ずぼかす

リキッドコンシーラーでクマなどの肌悩みをきれいに隠すには、肌によくなじませてコンシーラーが浮いた感じにならないように塗るのがコツです。

■ハイライトとして使うやり方

①肌よりワントーン明るめの色でパール入りなどハイライト効果のあるリキッドコンシーラーをチョイス
②目の下など明るく見せたい部分に塗る。鼻筋やあご先など顔の高い場所に塗れば、顔の立体感がアップして小顔効果も

【プチプラ・デパコス別】リキッドコンシーラーのおすすめ8選

 

ここからは、プチプラ・デパコス別におすすめのリキッドコンシーラーをご紹介していきます。気軽に試せるプチプラから口コミでも人気の高いデパコスのリキッドコンシーラーまで。気になるリキッドコンシーラーが見つかったら、ぜひ挑戦してみてください。

【プチプラ】リキッドコンシーラーのおすすめ①メイベリン ニューヨーク「フィットミー コンシーラー」

メイベリン ニューヨークの「フィットミー コンシーラー 20 標準色」

プチプラでおすすめのリキッドコンシーラーは、豊富な色展開で肌悩みに合わせて色が選べるMAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)の「フィットミー コンシーラー」。7色のカラー展開のうち20番が標準色。

ウォーターベースで伸びが良く肌にしっかりと密着。ヨレにくく朝の仕上がりが一日続きます。コンパクトなチップタイプで塗りやすいのもおすすめポイントです。

MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク) フィットミー コンシーラー 20 標準色 / ¥1,100

【プチプラ】リキッドコンシーラーのおすすめ②the SAEM「カバーパーフェクション チップコンシーラー」

 

大人女子に大人気の韓国コスメといえばベースメイクアイテムも優秀。韓国コスメブランドのthe SAEM(ザセム)の「カバーパーフェクション チップコンシーラー」は、プチプラなのにカバー力が高く、どんな肌悩みも自然にカバーしてくれる優秀なリキッドコンシーラー。重ね塗りしても厚塗りにならない軽い仕上がりも人気の秘密。こちらも14色展開で肌悩みに合わせて色を選べます。

the SAEM(ザセム) カバーパーフェクション チップコンシーラー / ¥858

【プチプラ】リキッドコンシーラーのおすすめ③エクセル「サイレントグロウ コンシーラー」

エクセルの「サイレントグロウ コンシーラー SG01 ピンクグロウ」

excel(エクセル)の「サイレントグロウ コンシーラー」は、ハイライト効果とカラーコントロール効果を兼ね備えたリキッドコンシーラー。肌悩みや肌色を補正してくれて、光のハイライト効果で肌を明るく見せてくれます。

ビタミンC誘導体などの美容成分配合でメイクしながらお肌をケア。ピンク、ベージュ、ミントの3色展開で、5色の微細なパールが配合された「SG01 ピンクグロウ」は、目元のクマ隠しやハイライトとしても使えます。

excel(エクセル) サイレントグロウ コンシーラー / ¥1,650

【プチプラ】リキッドコンシーラーのおすすめ④フーミー「コンシーラー」

フーミーの「コンシーラー ピンクベージュ」

ヘア&メイクアップアーティストイガリシノブさんがプロデュースする「WHOMEE(フーミー)」の「コンシーラー」は、日本女性の肌色に熟知したイガリさんが厳選した色展開。3色のうち「ピンクベージュ」は、肌をトーンアップして透明感を出してくれるふんわりピンク。

ほかにも、シミやクマ隠しにぴったりなオレンジブラウンやくすみを飛ばすライトベージュなど、女性の肌悩みのツボをおさえた色がそろっています。

WHOMEE(フーミー) コンシーラー ピンクベージュ / ¥2,200

【デパコス】リキッドコンシーラーのおすすめ①イヴ・サンローラン・ボーテ「ラディアント タッチ」

イヴ・サンローラン・ボーテ「ラディアント タッチ 2 ルミナスアイボリー」

筆ペンタイプのリキッドコンシーラーの名品といえば、YVES SAINT LAURENT BEAUTE(イヴ・サンローラン・ボーテ)の「ラディアント タッチ」。クマなどの肌悩みをカバーしてくれるだけでなく、肌に明るさと透明感を出してくれるハイライト効果も。

6色の色展開で人気なのは標準色の「2 ルミナスアイボリー」。ブルべさん向きのカラーでハイライトとしても使えます。

YVES SAINT LAURENT BEAUTE(イヴ・サンローラン・ボーテ) ラディアント タッチ / ¥5,500

【デパコス】リキッドコンシーラーのおすすめ②ディオール「ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー」

ディオールの「ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー 2N ニュートラル」

DIOR(ディオール)の「ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー」は、口コミで大人気のコンシーラー。カバー力が高いのに仕上がりが軽くナチュラル。まさに今どきの肌を作ってくれるリキッドコンシーラーです。

密着力が高く、24時間その仕上がりの美しさが崩れないので、マスクメイクにも最適。標準色の「2N ニュートラル」は、部分使いだけでなくファンデ代わりに広範囲に塗るのにもおすすめのカラーです。

DIOR(ディオール) ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー / ¥4,620

【デパコス】リキッドコンシーラーのおすすめ③NARS「ラディアントクリーミーコンシーラー」

NARSの「ラディアントクリーミーコンシーラー 1244」

NARS(ナーズ)の「ラディアントクリーミーコンシーラー」もデパコスで大人気のリキッドコンシーラー。肌悩みのカバーのほかにも立体感やハイライト効果を演出するのにも使えて、マルチに活躍してくれます。

厚塗りにならないミディアムなカバー力やナチュラルなツヤ感も今の気分のメイクにマッチ。11色の豊富な色展開のうち「1244」番はイエベの方におすすめのカラー。

NARS(ナーズ) ラディアントクリーミーコンシーラー / ¥3,960

【デパコス】リキッドコンシーラーのおすすめ④RMK ルミナス ペンブラッシュコンシーラー

 

大人女子のベースメイクアイテムの定番ブランドといえば「RMK(アールエムケー)」。「ルミナス ペンブラッシュコンシーラー」はそんなRMKの新作コンシーラー。肌悩みを“隠す”のではなく、肌悩みが“見えなくなる”新感覚のリキッドコンシーラーです。

リキッドらしい薄膜のテクスチャ―でクマやくすみなどを美しくカバー。立体的でツヤのある仕上がりで今っぽさも抜群です。

RMK(アールエムケー) ルミナス ペンブラッシュコンシーラー / ¥3,850

柔らかいテクスチャーで伸びが良く肌なじみも良いリキッドコンシーラーは、初心者の方にもおすすめのコンシーラー。クマやシミをはじめくすみなどの広範囲の肌悩みにも最適です。今回ご紹介したリキッドコンシーラーはどれも人気の名品ばかりなので、気になるものがあればぜひ挑戦してみてください。