BEAUTYSEP.23.2018

おフェロメイクはどう作る?アイメイクやリップメイクのやり方

おフェロメイクは、メイクだけで色気を演出することができます。しかし、やり方を一歩間違えると、メイクが下手な人にもなりかねません。おフェロメイクで色気を出すためには、正しい方法で行う必要があります。真似しやすいおフェロメイクのアイメイクやリップメイクなど、正しい方法についてご紹介します。
おフェロメイクは、メイクだけで色気を演出することができます。しかし、やり方を一歩間違えると、メイクが下手な人にもなりかねません。おフェロメイクで色気を出すためには、正しい方法で行う必要があります。真似しやすいおフェロメイクのアイメイクやリップメイクなど、正しい方法についてご紹介します。

おフェロメイクのポイント

風船を持った女性
おフェロメイクのポイントについてご紹介します。

■基本的には薄付き
おフェロメイクは、素材を活かしたメイクが基本なので、薄付きに仕上げるということが基本になります。特に肌やアイシャドウに関しては、いつもよりかなり薄めに仕上げていく必要があります。肌トラブルが気になるという人や、物足りないと思う人もいるかもしれませんが、物足りないくらいでやめていた方が、おフェロメイクはかわいく仕上がります。

■血色感が大切
おフェロメイクで最も重要な部分は、血色感です。おフェロメイクにおいて、血色以外のカラーは乗せないのが鉄則になります。リップやチークによる血色感を大切にしながら仕上げていくことで、内側からにじみ出たような血色感により色気を演出することができますよ。

おフェロメイクのやり方【1】ベースメイク

ピンク系のメイク道具
おフェロメイクのベースメイクについてご紹介します。

■化粧下地
おフェロメイクでは、基本的にファンデーションを使いません。化粧下地とコンシーラー、フェイスパウダーで仕上げていきます。化粧下地はツヤ感のあるものを使っていきましょう。おフェロメイクでは、ツヤ感が必須になります。

ツヤ感のある化粧下地を顔の中心に乗せて、外側に向かって広げていきましょう。そうすることで自然な立体感を作り出すことができます。

■コンシーラー
コンシーラーやコントロールカラーを使って、肌トラブルを隠していきます。肌トラブルはポイントで隠していく必要があります。広範囲隠してしまうと、厚塗り感が出てしまいます。赤みが気になる部分には、その部分だけポイントで隠していきましょう。

完璧に隠す必要はないので、ある程度コンシーラーやコントロールカラーを使って隠していきましょう。

■ハイライト
おフェロメイクで重要なアイテムが、ハイライトです。ハイライトを使って、顔に立体感を出していきます。おフェロメイクでのベースは、立体感とツヤ感を作り出すことが大切なので、ハイライトは必須になります。

おすすめはクリームハイライトです。鼻の低くなっている部分と、眉下、Cゾーン、目の下、あご先に乗せていきましょう。自然なツヤ感にするためにも、なじむようにぼかしていきましょう。

■フェイスパウダー
おフェロメイクでは、フェイスパウダーは、フェイスラインと鼻周りにだけ乗せるようにしましょう。ツヤ感を重視していきたいので、フェイスパウダーはなるべく乗せないようにして、崩れが気になる部分にだけ乗せていくようにしましょう。

おフェロメイクのやり方【2】アイメイク

パソコンとかわいいメイク道具
おフェロメイクのアイメイクについてご紹介します。

■アイシャドウ
おフェロメイクでのアイシャドウは、ほとんど使いません。抜け感のあるカラーを使用するようにしましょう。おすすめはクリームやリキッド系のアイシャドウです。アイホール全体に単色で仕上げていくようにしましょう。

■アイライン
アイラインは、目尻のみやインラインのみにしていくようにしましょう。きつい印象を与えるアイラインはNGなので、自分の目のバランスを見ながらメイクをしていきましょう。アイラインはブラウン系がおすすめです。目の形に合わせて、アイラインを引いていきましょう。

■マスカラ
おフェロメイクでのまつげは、ビューラーで上げません。さらにマスカラは根元だけに付けていきます。おフェロメイクでのまつげは、目を大きくするためにカールするのではなく、根元に少しだけボリュームを足して、目の印象をプラスするだけになります。

すだれまつげにすることで、色っぽさが強調されるので、ビューラーを使わずにナチュラルなまつげに仕上げましょう。

おフェロメイクのやり方【3】リップ&チーク

サングラスをかけた女性
おフェロメイクのリップとチークのやり方についてご紹介します。

■リップ
おフェロメイクのリップは、ジュワっと発色しているようなシアーなカラーがおすすめです。ピンクやオレンジがおすすめです。唇全体にまずは肌なじみのいいピンク系や、コーラル系のカラーを塗っていきます。

その後唇の中央の部分にだけ、下地に乗せたリップよりも少し濃いめのリップやグロスを重ねていきましょう。そうすることで、唇に立体感を出すことができます。

■チーク
最後におフェロメイクのチークを仕上げていきます。最後に仕上げることで、全体的なバランスを見ながら仕上げることができます。クリームチークを使うと、色の調整がしやすくなります。

まずは黒目と小鼻の始まりの部分を結んだ頬に、クリームチークを乗せます。そこから外側に向かって、指を使ってぼかしていきます。1番濃くなる部分が真ん中になるので、色を付けたす場合も、必ず最初の中心部においてから、外側へと広げていくようにしましょう。

他の部分は薄めに仕上げてきてるので、ある程度濃く作っても違和感はありませんので、最後に色味の調整をしていきましょう。
おフェロメイクについてご紹介しました。完璧なメイク法をマスターすれば、ナチュラルでもかわいいメイクに仕上げることができます。大人でも挑戦しやすい部分もあるので、ぜひおフェロメイクに挑戦してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHIONSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。