FASHIONSEP.04.2019

猛暑日は涼しくなる服装を選んで暑さ対策を!選び方やおすすめコーデ

気温35度を超える猛暑日は、少しでも涼しくなる服装を選んで熱中症にならないように気を付ける必要があります。そこで今回は、猛暑日に着る服装の選ぶ際のポイントや対策をご紹介。着ていて涼しいうえにおしゃれな服装やコーデをご紹介します。
気温35度を超える猛暑日は、少しでも涼しくなる服装を選んで熱中症にならないように気を付ける必要があります。そこで今回は、猛暑日に着る服装の選ぶ際のポイントや対策をご紹介。着ていて涼しいうえにおしゃれな服装やコーデをご紹介します。

気温35度を超える猛暑日に着る服装は何がいい?

 
猛暑日と呼ばれる気温35度を超える日は、熱中症や熱疲労といった病気に注意する必要があります。暑さや熱中症対策として大事なのが、着る服装に少しでも涼しくなるものを選ぶこと。猛暑日の服装選びを間違えてしまうと、熱中症などの重い病気を引き起こしてしまいかねません。

熱中症にならないためには、発汗で体の中の熱を逃がして体を冷やすことが大切。猛暑日に着る服装は、太陽光を反射してくれて汗が蒸発するのを助けてくれるものを選びましょう。

そこで今回は、そんな猛暑日に少しでも涼しくなるような服装について、選び方やおすすめのコーデをご紹介。服装は色や素材、デザイン次第でぐっと体感が涼しくなります。熱中症にならないためにも、猛暑日の服装選びのポイントをこの機会にぜひチェックしてください。

猛暑日の涼しくなる服装の選び方【1】服の素材がポイント:通気性がよく、汗が蒸発するのを助けてくれる素材を

猛暑日におすすめの服装
猛暑日に着る服装選びでは、服の素材が一つのポイントになります。服の素材は肌と服の間に空気を取り込みやすい通気性がよいものが◎。さらに、汗を吸収して汗が蒸発するのを助けてくれる素材が最適です。

おすすめなのはコットンやリネン、シルクといった天然素材。どの素材も吸水性に優れているので、汗が蒸発するのを助けてくれます。特にリネン素材は通気性や吸水性、速乾性もあるので、肌と服の間に湿気がこもるのを防いでくれます。

リネン素材のワンピースは、猛暑日に着る服装におすすめのアイテム。マキシ丈でバックシャンのリネンワンピは、涼しげな大人の女っぽさを演出できます。

猛暑日の涼しくなる服装の選び方【2】服の色も重要:太陽光を反射してくれる白やベージュなどの薄い色が◎

猛暑日におすすめの服装
猛暑日に着る服装では服の色も重要なポイント。服の色は太陽光を吸収する黒などの濃い色より、太陽光を反射してくれる白などの薄い色が◎。

白のノースリーブブラウスに淡いベージュのパンツを合わせたコーデは、見た目も着心地も涼しいうえに夏の日差しに映えておしゃれ感も抜群。リネンの素材感も涼しげです。

猛暑日の涼しくなる服装の選び方【3】体を締め付けないものを選んで:一枚で様になるワンピースがベスト

 
猛暑日に着る服装は、できる限りアイテム数を減らして通気性を妨げないコーデが◎。その点一枚でコーデが成立するワンピースは、猛暑日に着る服装に最適です。

淡いベージュと白のストライプ柄のティアードワンピは、柄やデザインが効いて一枚で着てもコーデがさびしくなりません。ストライプのベージュ×白の配色は、猛暑の日でも涼しげな印象に。

猛暑日の涼しくなる服装の選び方【4】軽量な服が◎:服は体への負担が少ない薄手で軽いものを

猛暑日におすすめの服装
猛暑の日には、厚手の服や重量の重い服を着るのは避けた方が無難です。重い服は動いた時に体に負担になるだけでなく体温も上昇させてしまいます。薄手で軽い素材感が夏にぴったりなサテンパンツは、光沢感の大人っぽいニュアンスも大人の夏コーデにおすすめです。

猛暑日の涼しくなる服装の選び方【5】帽子やサングラスもマスト:直射日光を浴びるのは絶対NG!帽子はつばがあるものを

猛暑日におすすめの服装
気温が35度を超えるような猛暑日には、帽子やサングラスがマストアイテム。帽子をかぶらずに直射日光を浴びるのは絶対に避けましょう。日よけアイテムはもちろん日傘でもOK。サングラスはUVカット機能のついたものを選びましょう。

猛暑日にかぶる帽子は、ベレー帽などのつばがないものよりカンカン帽などのつばがあるものがおすすめです。

猛暑日に着る服装のおすすめコーデ【1】薄手のタンクトップは透けないライトグレーが◎。デニムと合わせて大人カジュアルに

 
猛暑日はコットン素材で気軽に着られるTシャツやタンクトップについつい手が伸びてしまいます。ただ、涼しげな薄手のものや色が白だと透け感が気になる場合も。

ライトグレーのタンクトップなら、涼しげなうえに透け感を気にすることなく猛暑日に着られます。丈感のあるタンクトップは、デニムに合わせて大人カジュアルな着こなしに。

猛暑日に着る服装のおすすめコーデ【2】空気を取り込めるAライン&リネン素材のブラウスで涼しげな女性らしさを

猛暑日におすすめのコーデ
猛暑日に着るブラウスは、裾が体にフィットするものよりAラインなどの裾が広がるものがおすすめ。空気を取り込めて汗を逃がしやすくなります。

リネン素材のブラウスならより涼しく着られて猛暑日にぴったり。ボトムスもリネンパンツを合わせれば、ニュアンスのある素材感で涼しげな女性らしさを演出できます。

猛暑日に着る服装のおすすめコーデ【3】軽やかなプリーツスカートで風を味方につけて涼やかに

猛暑日におすすめのコーデ
軽やかな素材感のプリーツスカートは、風が吹くと揺れて見た目も着心地も涼やか。猛暑日に最適なボトムスの一つです。

プリーツやギャザーでボリューム感のあるスカートも、サテン生地なら猛暑日に嬉しい軽やかな着心地。タンクトップのヌーディなベージュと淡いブラウンのアースカラーの配色は、夏らしい女っぽさを引き立ててくれます。

猛暑日に着る服装のおすすめコーデ【4】汗をかいて蒸れやすい足元はサンダルがベスト!

猛暑日におすすめのコーデ
猛暑日は足元に履く靴も涼しくなるものを選ぶことで体感温度が変わります。汗をかいて蒸れやすい足元は、熱が逃げやすいサンダルを履くのがベスト。

ベージュのティアードワンピにブラウンのビーサンを合わせたコーデは、ワンピースや足元の抜け感のあるムードで猛暑日でも涼やかでいられます。
気温35度を超える猛暑日は、少しでも涼しくなるような服装を選ぶことが大切です。今回ご紹介した涼しくなる服装の選び方もぜひ参考にしていただいて、猛暑でも熱中症にならないようにおしゃれを楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック