FASHIONJUL.19.2019

試験監督のバイトに適した服装とは?女性のコーデをご紹介!

国家試験や資格試験、模試などの試験監督のバイトにはどんな服装が適しているのでしょうか。ここでは、試験監督のバイトに合った女性向けの服装をご紹介します。
国家試験や資格試験、模試などの試験監督のバイトにはどんな服装が適しているのでしょうか。ここでは、試験監督のバイトに合った女性向けの服装をご紹介します。

試験監督のバイトの仕事内容とは?

 
試験監督は人気のバイトの一つ。他のバイトと比べてお給料も良いので、男女問わず、多くの人に注目されています。まずは、試験監督のバイトの仕事内容を確認してみましょう。

■試験の準備
案内図を掲示したり、黒板に注意書きをしたりして試験会場の準備を整えます。試験会場が駅から遠い場合は、最寄り駅に立って受験生に会場の案内を行うこともあります。

■試験直前
問題や解答用紙を配布したり、受験票を見ながら本人確認を行ったりします。また、受験生に対する注意事項の説明や試験に使う機材のチェックを行うことも多いです。

■試験中
カンニングなどの不正がないかを見回ったり、受験生が落としたペンを拾ったりします。受験生から「空調が効きすぎている」「隣の人の咳が原因で集中できない」などと言われた時はマニュアルに沿って丁寧に対応しなければなりません。

「試験監督のバイトは暇」などと言われることもありますが、途中で居眠りしたり、スマホを操作したりするのは厳禁なので、注意しましょう。

■試験終了後
試験終了の合図をして解答用紙を集めます。試験結果の発表などに関する案内をして受験生を会場から出した後、場合によっては掃除を任されることもあります。

試験監督のバイトの服装【1】基本はダークカラーのスーツ

 
一般的に、試験監督のバイトでは、スーツを着用します。ビジネスや就活で使う黒や紺、ダークグレーなどのスーツを着れば、失敗はないでしょう。多少の柄は問題ありませんが、目立つチェック柄やストライプ柄は避けた方が無難です。

なお、試験監督のバイトに求められる服装は派遣会社や試験を実施する会社によって違います。迷ったり、わからなかったりする場合は、説明会や登録会などでどんな服装が良いのかを尋ねておきましょう。

試験監督のバイトの服装【2】女性はパンツスーツでもOK

 
女性の試験監督のバイトの服装はパンツスーツでも問題ありません。パンツスーツはスカートスーツと比べて動きやすいので、試験開始前に駅に立ったり、試験監督終了後に会場を掃除したりする時におすすめです。

パンツスーツを着用する場合は、シンプルなベルトを着けると、シャツやブラウスがウエストから出ず、かっちりとかっこいい印象になります。

試験監督のバイトの服装【3】シャツやブラウスは清楚感のある色

 
試験監督のバイトでスーツのインナーに着るシャツやブラウスの色は白や淡いブルー、薄いピンク、クリームなどの清楚感がある色が良いでしょう。

男性は襟付きシャツを着るのが基本ですが、女性の場合、ブラウス素材であれば、襟が付いていないデザインでも問題ありません。

ただし、大きいリボンが付いたものやフリルが目立つものには注意が必要です。派遣会社や試験を実施する会社によっては華美なシャツやブラウスは認められないこともあるので、迷った時はシンプルなデザインを選ぶと安心でしょう。

試験監督のバイトの服装【4】汚れるのが心配ならウォッシャブルスーツ

 
試験監督のバイトでは、会場の設営や掃除を任されることがあります。ほこりなどで汚れてしまう可能性もあるので、高価なスーツやお気に入りの服装は避けた方が無難でしょう。

汚れが心配な場合は、ウォッシャブルスーツを着ると、バイトが終わった後に自宅で簡単に洗濯できます。

試験監督のバイトの服装【5】冬はカーディガンを持っていく

 
試験監督のバイトではジャケットを脱いで試験の準備をしたり、会場の掃除をしたりすることがあります。シャツやブラウスだけでは寒い冬はカーディガンを用意しておくと役立つでしょう。

カーディガンは普段使いしているもので大丈夫ですが、淡い色や黒などはきちんと感があり、スーツにも馴染みます。

試験監督のバイトの服装【6】靴は歩きやすい黒の革靴

 
試験監督をする時の靴はスーツと合う黒のシンプルな革靴が基本です。センター試験などは勤務時間が長くなるので、靴擦れしにくい足にフィットする靴を選びましょう。特に指定がない場合は、3~5㎝程度のヒールパンプスでもフラットシューズでも問題ありません。

ただし、歩く時にカツカツと音が鳴るパンプスは受験生の集中を妨げるので、試験監督のバイトの日には避けましょう。

試験監督のバイトの服装【7】時計や鞄はスーツに合うもの

 
試験監督のバイトをする時は服装だけでなく、小物にも気を使いましょう。特に、時計は試験の開始や終了を正確に伝えるために必須なので、秒針付きで見やすいものを準備してください。

鞄は受験生の前では持たないので、どんなデザインでも良いですが、行き帰りの移動中に恥ずかしくないようにスーツと合うものを選ぶのがおすすめです。

試験監督のバイトの服装【8】スーツ以外でもジャケットは必要

 
最近はスーツ以外でも大丈夫な試験監督のバイトも増えています。「スーツ以外で構いません」と言われたら、ジャケットとブラウスやスカートなどを組み合わせたきちんと感のある服装でバイトに行きましょう。

受験生にとって試験は人生に関わることもある大切なものなので、Tシャツやジーンズなどを使ったカジュアルすぎる服装は避けてください。

試験監督のバイトの服装【9】説明会・登録会・研修はオフィスカジュアル

 
試験監督のバイトを始める前の説明会や登録会、研修などは特に指定がない限り、オフィスカジュアルでOKです。女性の場合は、ベーシックカラーのブラウスやシンプルなスカートを使ったきれいめな服装で行けば、周りから浮いてしまう心配もないでしょう。

スーツなどを指定された時は、それに従って服装を決めてください。
試験監督のバイトをする時の服装はスーツが基本です。きちんと感と清楚感のある服装で受験生に迷惑をかけず、任された仕事を行いましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!