BEAUTYMAY.10.2019

化粧が浮く原因は?化粧崩れの防ぎ方やきれいに直す方法について

ファンデーションを塗っても、肌になじまなかったり浮いた仕上がりになってしまった経験、ありませんか?化粧が浮く原因は、一体何なのでしょうか?化粧浮きを防ぐための対策やきれいに化粧を直す方法についてご紹介します。
ファンデーションを塗っても、肌になじまなかったり浮いた仕上がりになってしまった経験、ありませんか?化粧が浮く原因は、一体何なのでしょうか?化粧浮きを防ぐための対策やきれいに化粧を直す方法についてご紹介します。

化粧が浮く原因

困った顔をしている女性
化粧が浮いてしまう原因には、何が関係しているのでしょうか?化粧が浮く原因についてご紹介します。

■乾燥
化粧が浮く原因の1つは、乾燥です。肌が乾燥した状態の肌に化粧を乗せてしまうと、なかなかきれいに乗ってくれないことがあります。土台がしっかりしていないと、どんなにいい化粧品を使っても効果を発揮してくれません。

さらに肌が乾燥している人が、保湿力の足りないベースアイテムを使ってしまうと、乾燥が悪化し化粧が浮いてしまうことがあります。

■皮脂
化粧が浮く原因には、皮脂が関係していることもあります。それぞれの肌質に合った化粧品を使うことが、きれいな化粧を保つ近道ですが、皮脂が比較的多い肌質の人が、油分の多い化粧品を使ってしまうと、皮脂と混ざりやすくなり、化粧が浮いてしまうことがあります。

その皮脂によって毛穴の部分だけが目立ってしまう毛穴浮きが起こることもあります。

■化粧品同士の相性
化粧品同士の相性が悪いせいで、化粧が浮いてしまうこともあります。化粧品には様々なアイテムがありますよね。同じブランドの同じシリーズの化粧下地とファンデーションを使っているという人は、それほど多くないはずです。

違うブランド同士のアイテムを組み合わせて使っているという人は、アイテム同士の相性も考えて化粧をしなくてはいけません。万が一化粧品同士の相性が悪いものを使ってしまうと、化粧が浮くという現象が起こってしまうことがあります。

化粧が浮くのを防ぐために

色々なコスメ道具
化粧が浮くのを防ぐためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?化粧浮きを防ぐための対処法についてご紹介します。

■保湿をしっかり行う
化粧が浮くのを防ぐためには、化粧の前にしっかり保湿を行うことが大切です。皮脂が過剰に出てしまうという肌質の人でも、しっかり保湿をするようにしましょう。化粧をする土台から整えておくことで、化粧ノリをよくすることができます。

■化粧の前に余分な油分はオフする
化粧の前にしっかり保湿をすることは大切ですが、肌になじんでいない分をそのままにしてしまうと、化粧浮きの原因になってしまいます。化粧をする前にしっかり保湿をしてなじませた後、肌表面に残っている余分な油分はしっかりティッシュオフしておくようにしましょう。

化粧が浮くのを防ぐメイク

ベースコスメとブラシ
化粧が浮くのを防ぐためのメイク方法についてご紹介します。

■肌質に合った化粧下地を使う
化粧浮きを防ぐためには、自分の肌に合った化粧下地を使うことが大切です。化粧下地は、肌に1番最初に乗せる化粧品でもあります。そのため、自分の肌に合ったものを乗せないと、乾燥や皮脂崩れの原因になってしまいます。

肌が乾燥しているという人は、保湿力があるタイプの化粧下地を使うようにしましょう。皮脂崩れが気になるという人は、皮脂吸着成分が配合されているような部分用下地を使って、毛穴を埋めてからメイクをするようにしましょう。

■アイテムの間の時間を置く
ベースメイクを作っていく時に、1つ1つのアイテムの間の時間を少しだけ置くようにしていきましょう。もしかしたら、化粧品同士が混ざり合ってしまっていることが原因で、崩れてしまっていることも考えられます。

化粧下地を乗せたら数分時間を置いてからファンデーションを塗るようにしましょう。

■厚塗りしない
ファンデーションを塗る時は、厚塗りしないように気をつけましょう。厚塗りしてしまうと、肌の上にファンデーションが余った状態になり、崩れやすくなります。ファンデーションは厚塗りせずに薄く塗るよう心がけていきましょう。

化粧が浮く場合の化粧直し

ポーチと持ち歩きコスメ
化粧が浮いてしまった時の化粧直しは、何を使ってやったらいいのか悩みますよね。化粧が浮いた時の化粧直しの方法についてご紹介します。

■皮脂を取る
まずは顔の上に残っている皮脂などを取り除いていく必要があります。ティッシュやあぶら取り紙などを使って、肌についている皮脂を取っていきましょう。これが残った状態でメイクをしてしまうと、さらに化粧が浮く原因になってしまうので気をつけましょう。

■浮いている部分をオフする
化粧が浮いてしまっている部分をオフしていきます。乳液や化粧水ミストなど、手軽に化粧直しをできるようなアイテムで、汚くなってしまっている部分だけをオフしていきましょう。しっかり保湿を行いながら化粧直しができるようなアイテムがおすすめですよ。

■化粧下地を塗る
化粧の状態をある程度フラットに戻したら、化粧下地を使って肌をきれいに見せていきます。皮脂崩れに左右されないような、オイルフリータイプのものがおすすめです。

化粧下地はあまり色が出ないので、厚塗り感が出ません。これを、化粧を落とした部分に塗っていくようにしましょう。

■パウダーを乗せる
最後にパウダーを乗せていきます。色がしっかりついているようなアイテムは、さらに化粧が浮く原因になってしまうことがあるので、クリアなものやほとんど色がつかないものを選ぶようにしましょう。
化粧が浮く原因についてご紹介しました。化粧ノリが悪い日は、テンションが下がってしまうという人は多いです。化粧が浮いてしまう原因をしっかり特定して、いつでもきれいな肌の状態を保てるように心がけていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6