LIFESTYLEMAY.02.2019

ポリエステルにアイロンはかけられる?テカリを予防する方法とは

軽くて丈夫で扱いやすいポリエステル素材ですが、適温以外でアイロンがけをすると、生地のテカリや溶ける原因になります。そこで今回は、ポリエステル素材のアイロンがけのコツをご紹介します。
軽くて丈夫で扱いやすいポリエステル素材ですが、適温以外でアイロンがけをすると、生地のテカリや溶ける原因になります。そこで今回は、ポリエステル素材のアイロンがけのコツをご紹介します。

アイロンがけできる?ポリエステル素材のアイテム

ポリエステル素材にアイロンがけをしている女性
■ポリエステル素材のメリット

ポリエステル素材は、ブラウスやワイシャツ、スーツやコートなど色々なアイテムに使われている素材です。

軽くて丈夫で、型崩れしにくく、とても扱いやすい素材なのがメリットです。また、ポリエステルは、シワがつきにくい素材ですが、スカートのプリーツやパンツのセンタープレスなどの線は取れにくいという優秀な素材でもあります。

吸湿性があるのに乾きやすいので、汗を吸いやすいスポーツウェアや寝具にも多く使用されています。

そして、ウールやシルクなどの天然素材は、虫食いで穴が開いてしまうことがありますが、ポリエステルは化学繊維なので、害虫の被害も受けにくいのもメリットです。


■ポリエステル素材のデメリット

魅力が多いポリエステル素材ですが、静電気が起きやすいのがデメリットです。また、耐久性はありますが、毛玉ができやすいので、毛玉のお手入れをする必要はあります。


■ポリエステル素材にアイロンがけはできる?

ポリエステル素材は、他の化学繊維と比べると比較的熱に強いので、アイロンがけできるアイテムが多いですね。

アイロンがけの前に必ず洗濯表示を確認しましょう。アイテムによっては、アイロンマークにバツが付いており、アイロン禁止の場合もあります。

ポリエステル素材のアイロンがけの注意点やコツ

ポリエステル素材の服
■ポリエステル素材のアイロンがけの温度

ポリエステル素材にアイロンがけをする際には、洗濯表示に記載されている温度に設定しましょう。一般的には、中温(140度~160度前後)や低温(80度〜120度前後)でのアイロンがけが指定されていることが多いですね。高温でアイロンがけをすると、生地が溶けることがあるので注意したいですね。


■当て布をして生地を守る

また、アイロンがけをしたいアイテムの上から当て布を被せ、その上からアイロンを当てることで、生地のテカリや伸び縮みなどのトラブルを予防できます。洗濯表示で当て布を使用することを指定されていなくても、当て布を使用することで生地が守られますよ。当て布は、コットン100%の白のハンカチや手ぬぐいで代用できます。


■アイロンがけは短時間で

ポリエステル素材は、元々シワがつきにくい素材なので、短時間のアイロンがけでも簡単にシワをのばすことができます。

長時間アイロンを当てたり、何度も擦ると、テカリの原因になります。スカートのプリーツや、パンツのセンタープレスなどの折り目にアイロンでプレスする場合は、特に注意しましょう。

テカらせたくない場合や、装飾が施されている部分は、生地の裏からアイロンを当てましょう。


■しっかり冷ます

アイロン後は、シワがのびた状態が定着するまで動かさず、しっかり冷ますことも大切です。


■スチームは

ポリエステル素材は、スチームではなく、ドライでアイロンがけが向いている素材です。


■アイロンプリントを貼る場合

ポリエステル素材の生地にアイロンプリントやワッペンを貼る場合は、当て布を被せ、生地の裏面から低温でアイロンがけをしましょう。

ポリエステル素材にアイロンがけを失敗してしまった場合

ポリエステル素材にアイロンのスチームを当てている女性
また、ポリエステル素材は、高温でアイロンがけをすると、生地が溶けてしまったり、アイロンの跡が付くことやテカリが出てしまうことがあります。

生地が溶けてしまった場合やアイロンの跡が付いた場合は元に戻すことはできませんが、テカリは軽減させることができます。

ポリエステル素材は、ドライでのアイロンがけに向いている素材ですが、アイロンがけをしてテカリが出た場合に、アイロンのスチームが活用できます。

テカリを取りたい部分から1cm程アイロンを離してスチームを噴射し、洋服用のブラシや歯ブラシ、メラミンスポンジなどで優しく擦って冷ますことで、テカリが軽減される可能性があります。

また、酢1:水2を混ぜた「酢水」を、当て布に染みこませ、テカリを取りたい部分に被せ、低温でアイロンを軽くかける方法も効果的ですよ。

ポリエステル素材のシワをアイロンなしで伸ばす方法

洗濯ネット
■洗濯方法を工夫する

ポリエステル素材はシワが付きにくい素材ですが、洗濯時に洗濯ネットに入れたり、柔軟剤を仕上げに使用することで、シワが軽減されます。また、脱水時間を短くすることで、シワが付くことを予防できます。洗濯後に干す際に、しっかり手でシワをのばすことも効果的ですね。

洗濯時に付くシワを軽減させることで、アイロンの熱によって生地を傷めるのを予防できます。

アイロン不要のシャツやブラウスを購入するのもおすすめです。


■一度濡らす

また、シワが付いた部分を一度濡らし、手でシワをのばして乾燥させることで、シワが軽減されることもあります。

霧吹きで濡らしたり、お風呂上りにバスルームに1時間ほど入れておくことで、洋服が湿気を含み、シワが軽減されることがありますよ。
ポリエステル素材にアイロンをかける場合は、洗濯表示で設定されている温度を守り、短時間で済ませることが重要です。当て布をすることで、生地が傷んでしまうのを予防できますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style