AUG.29.2019

夏の初盆に最適な服装は?マナーや家族だけの場合などおすすめご紹介

夏の初盆に最適な服装は?マナーや家族だけの場合などおすすめご紹介 夏の初盆に最適な服装は?マナーや家族だけの場合などおすすめご紹介

初盆の法要に招かれた場合、夏の暑い時期なのもあって着て行く服装で困ってしまいますよね。特に家族や身内だけの場合など、喪服を着るべきかどうか迷うことがあります。そこで今回は、初盆に最適な服装について具体的なコーデを使ってご紹介します。

夏の初盆(新盆)に着て行く服装の基本マナー

お布施を持つ女性の手元

初盆(新盆)は故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、通常のお盆とは違って遺族だけでなく親族や生前親交のあった友人を招いて法要が行われます。

その初盆に招かれた場合、意外と困るのが着て行く服装。葬儀で着るような喪服を着るべきなのかどうか悩んでしまいます。特にお盆は夏の暑い時期なので、礼服を着るのはできたら避けたいと考える方が多いようです。

そこで今回は、初盆に親族側や招かれる側などが着るのに最適な服装を、それぞれコーデを使ってご紹介します。まずは、初盆に着る服装のマナーをチェックしてください。

■夏の初盆(新盆)に着て行く服装の基本マナー

・礼服や喪服を着るのが基本
初盆で着る服装の基本は礼服や喪服。特に遺族は服装の中でも一番格式の高い礼服を着るのが基本です。ただお盆は夏の暑い時期なので、夏用の喪服などを着用する場合が多いようです。

・「平服で」と指定がある場合も普段着はNG
初盆に招かれて「平服で」と服装の指定がある場合は、黒などのダークカラーのワンピースやスーツを着用します。平服でとあっても、普段着のカジュアルな服装はNGになります。

・小物類も黒で統一
靴やバッグなどの小物類は黒で統一しましょう。平服で着る服が黒でなくても小物類が黒だとぐっと法事に相応しい雰囲気になります。

夏の初盆に最適な服装【親族側①】親の初盆など親族側の服装は礼服が基本。暑い時期なので喪服でもOK

夏の初盆に最適な親族の服装

初盆で招く側の親族が着る服装は礼服が基本です。ただお盆は夏の暑い時期なので、夏用の喪服でも大丈夫です。その場合は、招かれる側の服装が親族側より格式が上にならないように、「平服で」と事前に案内しておきましょう。

喪服は半袖のワンピースとジャケットがアンサンブルになったものが夏には最適。法要以外の時はジャケットを脱いで暑さをしのぐことができます。

夏の初盆に最適な服装【親族側②】靴は弔事用の黒、ストッキングも肌色ではなく黒を

夏の初盆に最適な親族の服装

初盆で親族が履く靴は弔事用の黒いヒールのあるパンプスが最適。ただしヒールが高過ぎるものは避けましょう。ストッキングも肌色ではなく黒で。夏の暑い時期ですが、黒以外のストッキングはNGです。

夏の初盆に最適な服装【家族or身内だけの場合】普段着などカジュアルな服装は×。黒やダークカラーのワンピースやスーツで

夏の初盆を家族だけで行う場合に最適な服装

初盆を遺族の方が家族や身内だけで行う場合、身内だけだからといって普段着などのカジュアルな服装を着るのは×。礼服や喪服でない場合も、きちんと感のある平服を着用しましょう。

黒やダークカラーのワンピースやスーツが最適。デザインはシンプルで肌を露出しないものを選びましょう。

夏の初盆に最適な服装【参列する側①】特に指定がない場合喪服が最適。靴やストッキングも黒で

夏の初盆に最適な参列する側の服装

初盆に招かれた場合は、格式の高い礼服ではなく喪服を着用しましょう。お盆の時期は暑いので、夏用の喪服があると最適です。靴やストッキング、小物類も黒で揃えましょう。

夏の初盆に最適な服装【参列する側②】「平服で」と案内されたら、黒やダークカラーのワンピースやスーツで

夏の初盆に最適な参列する側の服装

初盆に招かれて「平服でお越しください」と案内されたら、黒やダークカラーのワンピースやスーツを着用しましょう。平服でと案内されても、カジュアルな服装でいいという意味ではないので気を付けましょう。

黒のワンピースはシンプルで肌を露出しないデザインのものを。靴は必ずしも黒でなくてもいいですが、地味な色のプレーンなパンプスを選びましょう。ストッキングも黒でなくて大丈夫です。

夏の初盆に最適な服装【参列する側③】新婦さんは黒やダークカラーのゆったりしたワンピースを

夏の初盆に最適な参列する側の服装

妊婦さんが初盆に参列する場合は、体に負担の少ない服装を選びましょう。マタニティ用の喪服があれば最適ですが、ない場合は黒やダークカラーのゆったりシルエットのワンピースを。

初盆で履く靴は黒のヒールのあるパンプスがルールですが、妊婦さんはローヒールやフラットパンプスでも大丈夫です。

夏の初盆に最適な服装【参列する側④】子供は制服でOK。ない場合は白のシャツやブラウス、ボトムは黒のパンツやスカートで

夏の初盆に最適な参列する側の服装

初盆にお子さんが参列する場合の服装は、基本は制服でOKです。もし制服がない場合は、男の子なら白いシャツに黒のパンツ、女の子なら白いブラウスに黒のスカートか黒などのダークカラーのワンピースが最適です。

夏の初盆に最適な服装【バッグやアクセサリー】バッグは黒いもので、アクセサリーを付ける場合はパールを

夏の初盆に最適なバッグやアクセサリー

初盆の法要に持参するバッグは、黒い布製か革製のものを選びましょう。アクセサリーは結婚指輪以外は付けないのが基本ですが、パールのネックレスやイヤリングなら身に付けてもOKです。

夏の初盆に最適な服装【持ち物】数珠や香典、お茶出しなどを手伝う場合はエプロンを

夏の初盆に最適な持ち物

初盆に持参する持ち物は、数珠や香典(香典とは別にお供え物を持参しても良い)のほかに、お茶出しを手伝う場合はエプロンも持参しておきましょう。エプロンは白や黒でシンプルな無地のものを選びましょう。

夏にある初盆は暑い時期だからといって、ラフな服装で参列して遺族の方に失礼にならないように気を付けましょう。「平服で」と案内されて服装で迷ったりわからないことがある場合は、遺族の方に服装について事前に確認しておくと安心です。