LIFESTYLENOV.23.2018

キッチン収納のコツをご紹介!おしゃれな収納アイデアとは

食品や食器、カトラリー、調理器具やお掃除道具など、色々な物が置いてあるキッチンは、収納を工夫することで、おしゃれにスッキリ見せるだけでなく、使いやすさもアップします。そこで今回は、キッチン収納のアイデアや実例をご紹介します。
食品や食器、カトラリー、調理器具やお掃除道具など、色々な物が置いてあるキッチンは、収納を工夫することで、おしゃれにスッキリ見せるだけでなく、使いやすさもアップします。そこで今回は、キッチン収納のアイデアや実例をご紹介します。

キッチン収納のコツと実例【1】見せる収納でおしゃれに収納力アップ

 
キッチンは、食品だけでなく、食器やカトラリー、調理器具やお掃除道具など、色々なアイテムが必要なので、収納場所は不足してしまいがちですよね。

キッチンの収納スペースが少ない場合は、こちらの実例のように、あえて「見せる収納」にするのが、キッチンを有効活用するポイントです。

ウォールシェルフ、キッチンの壁のデッドスペースに新たに棚を作ると、キッチンの収納力がぐっと増えますね。

また、最近では、壁に穴を開けずに、本棚やカラーボックスを活用してキッチンの収納場所を作るDIYも人気です。突っ張り棒を利用した棚も人気ですね。

見せる収納にすることで、収納場所が増え、整理整頓がしやすくなるだけでなく、どこに何があるかわかりやすくなるので、家事がしやすくなります。

キッチン収納のコツと実例【2】統一感を持たせておしゃれ度アップ

 
また、食器類やキッチン用具には、

・木製や陶器などの素材
・食器のデザインやテイスト
・大きさ
・色

などに、なるべく統一感を持たせるのもポイントです。こちらの実例のように、使用している収納インテリアやキッチン家電と色を合わせると、さらに良いですね。

あえて普段は使用しないようなデザイン性の高いカゴや、観葉植物、ドライフラワーなどのインテリア小物を飾ると、生活感が減り、ショールームのようなおしゃれな雰囲気にできますね。

キッチン収納のコツと実例【3】キッチンカウンターを増設してアイランドキッチンに

 
キッチンカウンターをDIYするのも、ブログやSNSで人気のキッチン収納アイデアです。

特に、キッチンの調理スペースが少ない場合や、収納場所が限られている場合は、思い切ってキッチンカウンターを増設すると、キッチンの収納力も、使いやすさも格段にアップしますよ。

調理に使わない場合は、テーブルとしても使えるのもメリットですね。

キッチン収納のコツと実例【4】キッチンワゴンを活用

 
キッチンからリビングへの移動もできるキッチンワゴンは、一人暮らしのお部屋でも使いやすいミニサイズの収納が、使いやすいポイントです。

こちらもDIYで手軽に作れますし、オリジナリティを出すことができます。部屋のテイストにも合わせやすいので、キッチンのインテリアとしても活躍してくれる、便利な収納グッズですね。

キッチン収納のコツと実例【5】調味料

 
砂糖や塩、香辛料などの調味料は、キッチンに直置きせず、スパイスラックを活用する収納がおすすめです。こちらのようなラックですと、お掃除や調理する際の移動もしやすいですね。

あえて別のビンやボトルなどに移し替えることで、丁寧な印象になりますし、統一感が出てぐっとおしゃれ度が増しますね。

調味料の他にも、コーヒーや紅茶、ハーブ、ふりかけなども、ひと手間加えて移し替えるのがおすすめですよ。

キッチン収納のコツと実例【6】水回り

 
キッチンの水回りは、料理する際にも頻繁に使うので、物が多くなってしまいがちですよね。

また、調理器具や食器、調味料など、食品と接するアイテムと、洗剤やスポンジなどの掃除グッズを分けて収納するのがポイントです。

こちらのように、突っ張り棒やアイアンネット、ラックなどを上手に活用するのが賢い収納法ですね。

ポイントは、水が溜まって錆びてしまわないように、錆びにくいステンレスやプラスチックの編み目のアイテムを使うようにすることです。上手に水気を切ることもでき、カビや水垢も予防できるので、衛生的ですね。

キッチン収納のコツと実例【7】引き出し

 
キッチン収納の中でも、フォークやスプーンなどのカトラリーがごちゃごちゃしてしまいがちな引き出しは、仕切りを使用して、パッと見てすぐに取り出せるよう区分けするのがおすすめです。

あらかじめ備え付けられている仕切りを使用するのはもちろん、100均でも購入できるカトラリー入れや、文房具収納アイテムも活用できます。

キッチン収納のコツと実例【8】キッチン下の引き出し

 
フライパンや鍋などのキッチン道具は、重ねて収納してしまうと取り出しにくくなってしまいます。

こちらも、100円均一でも購入できるようなファイルボックスや、ブックスタンドなどを活用して、引き出しを開けた時に、上から見て、どこに何があるのかすぐにわかるようにするのが、キッチン収納のコツです。

キッチン収納のコツと実例【9】消耗品の収納

 
ビニール袋やお掃除グッズなどのキッチン収納は、生活感が出ないように収納してみましょう。

こちらのように、ニトリのダストボックスのような蓋つきのケースに収納したり、セリアのごみ袋ケースを活用するとおしゃれですね。

キッチン収納のコツと実例【10】冷蔵庫

 
食品を入れるキッチンの冷蔵庫は、何があるかわかりやすく収納しておくと、冷蔵庫を開ける時間も短くなり節電にもなります。また、奥に収納して使い忘れてしまうような事もないので、食品を無駄なく利用できますね。

例えば、飲料を置く場所に、調味料のチューブを立てて収納するのは、おしゃれで使いやすいアイデアですね。

冷蔵庫内の棚も、ケースにラベリングをして区分けして収納すると、ごちゃごちゃになってしまわずに、食品を取り出すのもスムーズになりますね。

キッチン収納のコツと実例【11】冷蔵庫の引き出し

 
また、冷蔵庫の引き出しも、他のキッチン収納と同じように、カゴやケースなどで区切りましょう。

野菜を縦入れにしたり、引き出しを開けた時に上から見てわかるようにラベリングしてみましょう。

キッチン収納のコツと実例【12】ゴミ箱

 
キッチンの中でも、脇役の存在になってしまいがちなゴミ箱ですが、中が見えずに、蓋ができるゴミ箱は、臭いや見た目の問題も解決してくれるので、キッチン収納でもこだわりたいポイントです。

足で踏んで開閉できると、調理中のゴミ捨ても楽にできますね。

また、こちらの実例のように、ゴミが分別しやすいよう、100円均一のステッカーを貼ってプチリメイクするアイデアは、ゴミ箱が可愛くなるだけでなく、家族全員がゴミ捨てがしやすいのがメリットです。
ごちゃごちゃしてしまいがちなキッチン収納のコツは、一目でどこに何があるかわかりやすく、サッと取り出しやすくするのがポイントです。すっきりとしたキッチンは、おしゃれに見えるだけでなく、家事の効率もアップしますね。ぜひ、ご紹介したアイデアを取り入れてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。