NOV.10.2019

身長165cmの女性の標準や美容体重は?理想の体重を目指す方法

身長165cmの女性の標準や美容体重は?理想の体重を目指す方法 身長165cmの女性の標準や美容体重は?理想の体重を目指す方法

日本人女性の平均身長より高い身長になる165cmの女性は、さまざまなファッションを楽しめるのがメリット!しかし、身長165cm女子の体重はどのくらいが適正なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

身長165cmの女性の平均体重

笑顔の女性

高身長でありながら、高すぎない適度な身長である165cmはモデルさんにも多く、いろいろなファッションを素敵に着こなせることから憧れを持たれることが多い身長です。

しかし、女性であればこの165cmに対して、どのような体重が適正なのか気になってしまいますよね。

■身長165cmの女性の平均体重について
165cmの平均体重は、約59.9kgだと言われています。
平均体重(kg)=身長(m)×身長(m)×BMI数値「22」で割り出すことができ、この数字が標準体重とも言われているんです。

この平均(標準)体重は、人が健康的に生活できる体重のこと。
ただ、数字だけを見たり、見た目ではぽっちゃりして見えることもあるようです。

身長165cmの女性の美容(理想)体重

 

身長には、平均体重の他に美容(理想)体重と呼ばれるものもあります。

■身長165cmの女性の美容(理想)体重
美容体重(kg)=身長(m)×身長(m)×BMI数値「20」

この数式で165cm女性の美容(理想)体重を知ることができます。

実際に計算してみると、約54.5kgほどになることが分かりますよ!
スラリとした印象になるので、周りから見てもスタイルがよく見える体重になり、男性からもモテると言われています。

太りすぎず痩せすぎない体重であることから、この体重を目指す女性も多くいるようです。

身長165cmの女性のモデル(シンデレラ)体重

 

美容体重のさらに下がモデル(シンデレラ)体重というものです。

■身長165cmの女性のモデル(シンデレラ)体重
シンデレラ体重(kg)=身長(m)×身長(m)×BMI数値「18」

この数式で割り出すことができ、約49kgほどになります。
平均体重と比べると、10kg以上も軽いことになるので痩せて見えるのは当然のこと。

モデルさんのようなスレンダーな体型を目指したい女性におすすめですが、健康を維持しながらこのシンデレラ体重を維持するのはかなりの努力が必要です。
ダイエット方法を間違えてしまえば、不健康でガリガリに見えてしまうので気を付けましょう。

身長165cmの女性が理想の体重を目指す方法【1】生活習慣を徹底して見直す

眠る女性

身長165cmの女性が理想の体重を目指すなら、まずは基本的なことをしっかり見直していきましょう。

■睡眠サイクルや睡眠の質を改善
睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりする人ほど肥満リスクが高まると言われています。
一日7時間くらいは眠れるように行動し、その睡眠の質を上げるために就寝前のスマホやパソコンの使用は控えましょう。
リラックスできる空間を作ることでぐっすり眠れます。

■食生活の見直し
無理な食生活は体調を崩してしまうので、1日3食栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。
その中でも、食後の血糖値を急上昇させて太りやすくする糖質に注意し、炭水化物は食事の最後にしたり、量を減らしたり、18時以降は食べないようにしたりする工夫をしてみてください。
また、ゆっくりよく噛んで食事に集中すれば、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐことが期待できます。

身長165cmの女性が理想の体重を目指す方法【2】休む日を入れながら運動を行う

 

身長165cmの女性が理想の体重を目指すなら、運動も欠かせません。
筋力を付けることで脂肪を燃焼しやすくすることができますし、体を引き締めることもできるので同じ体重でも細く見せることができます。

■有酸素運動と無酸素運動を行う
脂肪を効率よく燃焼するためには、ウォーキングやスイミングのような有酸素運動と、腕立て伏せやプランクのような無酸素運動をセットで行うことがおすすめです。

ただ、毎日やると続かなかったり、筋肉が疲れたりしてしまうので、週に3回くらいのペースで継続していくことが大切になります。
今まで運動をしてこなかった方は、階段を使うようにしたり、駅まで歩くようにしたりするといいですよ。

身長165cmの女性が理想の体重を目指す方法【3】体を冷やさない生活にする

スープを食べる女性

冷えは万病と言われているように、ダイエットはもちろん、健康や美容面でもよくありません。
身長165cmの女性も理想の体重を目指すのであれば、体を冷やさない生活にしましょう。

毎日湯船に浸かることはもちろん、温かい飲み物や食べ物を摂るようにしたり、腹巻やカーディガンなどでオフィスでの冷え対策を取り入れることがおすすめです。

温活によって体の巡りが良くなれば、脂肪を燃焼しやすくすることができるだけでなく、冷えによって招くむくみや代謝の低下を防ぐことが期待できます。

身長165cmの女性の体重についてご紹介しました。同じ体重でも筋力をつけることで引き締まって見えることがあるので、あまり体重ばかりに囚われず、体を引き締めていくことを意識することがおすすめです。無理なダイエットはしないようにして、理想の体重や体型を目指していってくださいね。