FASHIONDEC.17.2018

ロングブーツのコーデ特集。20代~50代まで年代別にご紹介

秋冬のおしゃれな足元と言えば、やっぱりブーツですよね。ショートブーツがトレンドの中、最近ではロングブーツを素敵に履きこなす大人女子が急増中。今回はおしゃれなロングブーツのコーデを年代別にご紹介します。
秋冬のおしゃれな足元と言えば、やっぱりブーツですよね。ショートブーツがトレンドの中、最近ではロングブーツを素敵に履きこなす大人女子が急増中。今回はおしゃれなロングブーツのコーデを年代別にご紹介します。

ロングブーツの魅力って?

 
ここ数年ショートブーツが流行りの中、ロングブーツをカッコよく履きこなしてる大人女子を見かけると、素敵に感じますよね。

秋冬にスカートを履く場合、ロングブーツなら、タイツ無しの素足でも合わせやすく、年代問わずコーデに取り入れやすいのも魅力です。

合わせるアイテム次第で、可愛いスタイルからエレガントスタイル、カッコよさを感じるスタイルまで、幅広いコーデを楽しむことができますよ。

今回はおしゃれなロングブーツのコーデを、20代、30代、40代、50代と年代別にご紹介します。

ロングブーツのコーデ【1】20代×デザイン性の高いロングスカートと

 
サイドプリーツがポイントになった、ラップデザインのロングスカートに、ヒールの高いロングブーツを合わせて、大人可愛いコーデ。

Vネックのカーデをトップスにチョイスすれば、デコルテラインがすっきり見えるので、ロングスカート×ロングブーツの合わせも重たく見えず、バランスのいい着こなしになります。

イエローのバケツ型バッグがアクセントになり、おしゃれ感のあるスタイルに。

ロングブーツのコーデ【2】30代×タイトスカート合わせで

 
ハイウエストのタイトスカートに、ロングブーツを合わせて、Iラインシルエットが美しいコーデに。スカートもミディー丈なら、30代の大人女子らしいきれいめな着こなしになります。

コンパクトなショート丈のライダースをONすれば、脚長効果も抜群です。

秋冬の寒い日は、ボリューム感のあるマフラーをぐるぐる巻きにして、小顔効果も狙ったあったかコーデに仕上げると◎!

ロングブーツのコーデ【3】40代×フレアロングスカートと合わせて

 
歩く度にスカートが揺れるフレアロングスカートに、ロングブーツを合わせてフェミニンなデイリーコーデに仕上がっています。

プリント柄のフレアロングスカートも、モノトーンを選べば可愛くなり過ぎず、40代の落ち着いた大人の雰囲気が漂う着こなしになります。

ロングブーツは太ヒールを選べば安定感があり、快適に過ごせるので、子育て世代のママにもおすすめなスタイルです。

ロングブーツのコーデ【4】50代は白のシャツワンピースと合わせて

 
白のシャツワンピースは着るだけで、顔周りも明るく見えるので、若々しいスタイルに仕上がります。

足元は黒のロングブーツ合わせることで、ワンピースの丈感ともバランスが取れて、カッコいい着こなしに。

きちんと感と清潔感を兼ね備えた、50代女性のおしゃれなデイリーコーデの完成です。

ロングブーツのコーデ【5】秋のおしゃれは足元から

 
まだ暑さが残る夏の終わりには、足元をロングブーツにチェンジして、秋を感じるコーデにアップデートして。

スカートとブーツから見える素肌が、黒のワントーンコーデでも重く見えず、抜け感のあるコーデに仕上がります。

ロングブーツのコーデ【6】フレアスカートと合わせてエレガントに

 
鮮やかなイエローのフレアスカートに、黒トップスと黒のロングブーツを合わせて、スカートを主役にしたコーデ。

膝下のフレアスカートに、ロングブーツを持ってくれば、上品かつエレガントな着こなしに仕上がります。

チェック柄の大判ストールで、カジュアル感をプラスして、親しみやすいデイリーコーデに仕上げると好感度も抜群です。

ロングブーツのコーデ【7】アウターとリンクカラーして

 
ビビッドなロイヤルブルーのタイトスカートが目を惹く着こなしは、ミリタリージャケットとロングブーツを、ブラウンでカラーリンクすれば、まとまり感のある着こなしになります。

ビッグシルエットのミリタリージャケットが、2018年らしいラフ感のあるスタイルを演出してくれるので、トレンドライクなコーデを楽しめますよ。

ロングブーツのコーデ【8】トップスにワンカラーをプラス

 
アウターやスカート、ロングブーツも黒で統一したコーデに、トップスは差し色になるグリーンをワンカラー取り入れて、メリハリのある着こなしに。

ライダースとロングブーツのタイトなラインが、フレアスカートの広がりを強調してくれるので、可愛らしさを感じるコーデに仕上がります。

ロングブーツのコーデ【9】ブーツインで大人カッコよく

 
白のワンカラーコーデに、キャメルのロングブーツをブーツインしたスタイルは、年代問わずスタイルUPが叶う、おしゃれな着こなしになっていますね。

ロングブーツと同系色のキャスケットを合わせて、トレンドを意識した今っぽコーデが完成!

ロングブーツのコーデ【10】レースアップブーツ×ミニスカートでガーリーに

 
足元を印象的に見せてくれるレースアップブーツ。台形のミニスカートと合わせれば、ガーリーな雰囲気の漂う大人かわいいコーデになります。普段なら抵抗のある膝上丈のスカートも、ロングブーツで脚の見える面積が減ればチャレンジしやすくなりますね。肌の露出が気になる場合はタイツを履けば安心です。

ロングブーツのコーデ【11】オールブラックで大人っぽく

 
ブーツもコートもストールも全て黒でまとめたシックなコーデ。ロングブーツのシルエットが、足首をあまり絞らずにすとんとした筒型になっているので、クールになり過ぎずに着こなせます。

重い雰囲気にならないよう、バッグだけはライトグレーで明るさを取り入れてバランスを。

ロングブーツのコーデ【12】鮮やかカラーのスカートをコーデの主役に

 
ラズベリーのようなきれいなカラーが魅力のスカートは、他のアイテムの色味を抑えてコーデの主役に。ミモレ丈スカートはロングブーツを合わせると、足元がすっきりとまとまりスタイルアップして見えます。

トレンドのアニマル柄の巾着型バッグをプラスすれば、それだけで今っぽい雰囲気に仕上がりますよ。

ロングブーツのコーデ【13】デザイン性の高いブーツで足元にアクセントを

 
爪先の切り替えやサイドに描かれたラインなど、凝ったディテールのロングブーツ。さりげなくコーデにアクセントを加えてくれます。

足首付近の弧を描くようなラインは、足首をきゅっと引き締めて見せてくれる視覚的な効果も。

ロングブーツのコーデ【14】キャメルのロングブーツで柔らかい雰囲気に

 
ミルクティーベージュの優しい色味を活かして、足元は柔らかい印象に仕上がるキャメルをチョイス。黒やブラウンよりも軽やかな雰囲気になりますよ。

ぼやけた印象にならないよう、パイソン柄のトートでコーデにスパイスを。

ロングブーツのコーデ【15】きれい色コーデの足元を黒で引き締めて

 
冬には新鮮に写る、ロイヤルブルーのニットと花柄のスカートでブルー系にまとめたコーデ。きれい色は子供っぽくなってしまうこともありますが、足元を黒のロングブーツで引き締めれば落ち着いた雰囲気をプラスできます。

スウェードのロングブーツは上品な印象で、きれいめコーデとの相性は抜群です。

ロングブーツのコーデ【16】茶系コーデでエレガントに

 
上品で優しい印象に感じられる茶系コーデ。ヒールのないロングブーツでほどよくカジュアルに仕上げると、今っぽい抜け感が作れます。バッグの色をブーツと合わせてまとまりのあるコーデに。

ロングブーツのコーデ【17】キャスケットをプラスしてボーイッシュに

 
ブーツインしたデニムにトレンドのダブルジャケットを合わせたコーデ。マニッシュな着こなしなので、クールになり過ぎないようにキャスケットをプラスしてバランスよく。

ロングブーツのコーデ【18】ニットワンピに合わせてシンプルに

 
プレーンでどんなコーデにも合わせやすい黒のロングブーツ。ニットワンピとの相性も良く、ショートブーツよりも新鮮な印象に仕上がります。

チェック柄ストールをコーデのアクセントに、小さめのショルダーバッグでトレンド感をプラス。

ロングブーツのコーデ【19】パープル×カーキで印象的に

 
発色がきれいなパープルのワンピース。インパクトのある色なので、黒やグレーなどベーシックな色を合わせがちですが、カーキのロングブーツを選ぶと印象的なカラーリングに仕上がります。

カーキのロングブーツは、マキシ丈のプリーツスカートやデニムなど、意外とどんな服とも相性がよいので、他人とかぶらないコーデがしたい人におすすめ。
ロングブーツのコーデを19選ご紹介しましたが、いかがでしたか?ロングブーツは、どの年代のコーデにもおしゃれに取り入れることができるので、ぜひ自分好みのスタイルに仕上げてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRFEB.08.2019

系統問わず愛される!
Free’s Martの新作で作る、スポーツミックスな春

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。