FASHIONNOV.23.2018

ガウチョとタイツで作る足元コーデ9選!おしゃれな組み合わせを解説

寒い季節には特に、半端丈のガウチョパンツの着こなしにお悩みの方も多いはず。そんなガウチョの、おしゃれも防寒も叶う着こなしが気になるところです。そこで今回は、ガウチョパンツとタイツで作るおしゃれなコーディネートを一挙ご紹介します!
寒い季節には特に、半端丈のガウチョパンツの着こなしにお悩みの方も多いはず。そんなガウチョの、おしゃれも防寒も叶う着こなしが気になるところです。そこで今回は、ガウチョパンツとタイツで作るおしゃれなコーディネートを一挙ご紹介します!

ガウチョとタイツで秋冬の防寒対策も叶う!真似したいおしゃれな足元コーデ9選

 
年齢や体型に関係なくどなたでも気軽に履けることから、幅広い年齢層で人気を博している「ガウチョパンツ」。ゆるっとしたシルエットが可愛く、かつゆったりと履けるところも人気の秘訣です。そんなガウチョパンツですが、寒い季節の着こなしにお悩みの方も多いはず。ハンパ丈ですので、脚の露出部分をどうカバーすべきか悩めるところ。そこでおすすめなのが、ガウチョパンツに「タイツ」を合わせたコーデです!

今回は、ガウチョパンツにタイツを合わせたおしゃれなコーディネートを9つ厳選してご紹介します!デニール別や色別にご紹介しつつ、合わせる靴のポイントまで解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ガウチョコーデ【1】黒タイツと黒ローファーで知的な雰囲気に

黒タイツと黒ローファーを使ったコーデ
最もベーシックな、ガウチョとタイツの着こなしをご紹介。どんなカラーのガウチョパンツでも、「黒タイツ」を合わせれば間違いのないコーデに仕上がります。靴はその日のコーデの雰囲気に合わせてお選び頂ければ、パンプスでも、スニーカーでも、ブーツでもどんなものでも問題ありません。

優しげな風合いのノルディック柄のグレーニットに、黒のガウチョパンツを合わせた秋冬のコーデには、黒タイツにローファーで大人可愛い雰囲気に。靴の色はタイツと同様黒で統一して境目をなくすことにより、脚長効果を期待できるのでおすすめです。

ガウチョコーデ【2】グレータイツとコンバーススニーカーで大人カジュアルに

グレータイツとコンバーススニーカーを使ったコーデ
リラックスしたい休日には、ラフでもおしゃれに決まるガウチョパンツを使ったコーデがおすすめ。例えば、白ニットにシャツをレイヤードし、ハリのある素材感のガウチョパンツを合わせたコーディネート。ゆったりとしたガウチョパンツには、コンパクトなサイズ感のトップスを合わせることにより、メリハリのあるスタイルに仕上がります。

合わせるタイツは、グレーの厚手タイプ。あえて明るいカラーを選ぶことによって、コーデのアクセントとしての役割を果たしています。足元は、タイツに合わせてグレーのコンバースのハイカットスニーカーをチョイスし、統一感を出しているところがポイントです。

ガウチョコーデ【3】春ならデニール数の低い白タイツとファーサンダルで軽やかに

白タイツとファーサンダルを使ったコーデ
春におすすめの、ガウチョパンツとタイツを使ったコーデをご紹介。華やかなファッションが気分のこの季節には、花柄アイテムや大人可愛いアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。そこでおすすめは、華やかな花柄ブラウス×フリルがあしらわれたガウチョパンツの、大人ガーリーなコーディネートです。

足元は薄手の白タイツにファーサンダルで、足取り軽い春のコーデにぴったりのスタイリング。全体的に見てファンシーな雰囲気に仕上がっていますが、存在感のある黒のガウチョパンツがコーデの雰囲気を引き締め、子どもっぽく見せないところがポイントです。

ガウチョコーデ【4】グレータイツにスタンスミススニーカーでカジュアルでもおしゃれに

グレータイツとスタンスミスを使ったコーデ
白のタートルネックニットに黒のタイトスカート、そして厚手のコートを羽織った冬のコーディネート。ナチュラルで大人可愛いスタイリングに、足元はグレーのタイツとadidasスタンスミスのスニーカーを合わせ、スポーティーな要素をプラスしています。スタンスミスはストリート感が薄く、カジュアル過ぎないデザインですので、女性でも合わせやすいところが嬉しいポイントです。

色物のタイツを合わせる時には、どこか1点、他のアイテムと色味を合わせるとおしゃれに見えるためおすすめ。こちらのコーデでは、ダークグレーのアウターとグレータイツで統一感を出すことにより、ちぐはぐ感のないおしゃれなスタイルに仕上がっています。

ガウチョコーデ【5】タイツと靴下のレイヤードで足元の防寒対策を

タイツに靴下をレイヤードした使ったコーデ
ガウチョパンツはハンパ丈なので、冬の着こなしに悩む方が多いはず。タイツ1枚では、足元の寒さが気になることでしょう。そこでおすすめなのが、タイツと靴下のレイヤード!防寒対策が叶うのはもちろんのこと、周りと差がつくおしゃれな足元を作り上げることができるのです。

モスグリーンのニットに、ネイビーのガウチョパンツを合わせたコーディネート。足元は白タイツにグレーのソックス、そしてコンバースのローカットスニーカーで、思わず足元に視線が行くようなおしゃれなスタイルに仕上げています。ダボっと見えがちなガウチョパンツも、足元にボリュームを置くことでバランスの良いコーデにまとまります。

ガウチョコーデ【6】コーデにメリハリをつけるならデニール数が低いタイツを

デニール数が低いタイツを使ったコーデ
使い勝手が良くどんなファッションにも当たり障りなく使えるからと、迷わず黒タイツを選ぶ方も多いはず。しかしそんな黒タイツも、「厚手」かつ「マット」なタイプだと足を短く見せるので要注意です。また、透け感も光沢も全くない黒タイツは、野暮ったく、「オバサン」っぽい印象を与えてしまう可能性もあります。

そこで、コーデにメリハリをつけ、脚をスッキリと見せるならデニール数が低いタイツを選ぶのがベター。50〜60デニールくらいの、程よい光沢感と透け感、そして適度な着圧感のあるタイツなら、スタイルをよく見せるのでおすすめです。ただし、あまりにも透け透けなものはいやらしく見えるので気を付けましょう。

ガウチョコーデ【7】きれいめファッションには40デニールのタイツにパンプスを

40デニールのタイツを使ったコーデ
オフィスコーデのように、きれいめに仕上げたい日におすすめのスタイルをご紹介!ハリがあり、シルエットが綺麗な白のガウチョパンツに黒の薄手のタイツ、そしてブルーのパンプスを合わせた、おしゃれもきちんと感も叶うコーディネートです。ラフに見られやすいガウチョパンツも、こちらのように美シルエットが叶うワイドかつストレートなタイプなら、オンオフ問わず使えます。

このようなタイプの白パンツには、主張し過ぎない40デニールほどの、透け感の強いタイツを選ぶのがオシャ見えの秘訣。厚手のタイプだと、タイツとパンツの境目がくっきりとし過ぎて違和感があるからです。

ガウチョコーデ【8】110以上のデニールでもきれいめに見せるならパンプスを

110デニールのタイツを使ったコーデ
こちらも、先ほどと同様に白のワイドパンツを使ったコーディネート。先ほどとは異なり厚手の黒タイツを履かれていますが、ちぐはぐ感のないスタイルに仕上がっています。というのも、こちらのガウチョパンツは先ほどとは違い、綺麗なドレープで裾が広がりを見せているタイプだから。この場合には、あえて厚手の黒タイツを合わせて脚のラインを引き締めるのがおすすめです。

また、カラーを問わず厚手のタイツをきれいめに見せたいのなら、パンプスを合わせると良いでしょう。ヒールが高いほど、より品良く、そして女性らしい印象を与えることが可能です。

ガウチョコーデ【9】夏にはストッキングもOK!おすすめの着こなしはこちら

ストッキングを使ったコーデ
夏のオフィスでは、ガウチョパンツを履かれる方も多いはず。しかし、「素足を出すのはちょっと…」と思われている方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたは、ガウチョパンツに「ストッキング」を合わせてみて!薄手のストッキングなら暑さが気になりませんし、素肌感を残しつつも素足をカバーすることができます。

黒のハイネックトップスに、カーキのハイウエストガウチョパンツ。足元はベージュのストッキングに黒のパンプスで、とことんきれいめなコーディネートに仕上げてみてはいかがでしょうか。黒のアイテムを散りばめることにより、コーデの印象がグッと引き締まっているところもポイントです。
いかがでしたか?今回は、ガウチョパンツとタイツで作るおしゃれなコーディネートを9つピックアップしてご紹介しました。カジュアルに見せるならガウチョに厚手のタイツ、さらには靴下を重ねてみて。きれいめに仕上げたいなら、薄手のタイツやストッキングにヒールを合わせると良いでしょう。ぜひ参考にして、あなた好みの着こなしにチャレンジしてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。