FASHIONAUG.16.2019

秋でも浴衣を着るのはアリ?秋の浴衣マナーと防寒対策をご紹介!

夏になると浴衣を着る機会が自然に増えますが、秋に浴衣を着るイメージってあまりないですよね。しかし秋に花火大会やお祭りがあるところもあるので、着たいと思っている女性も多いのでは?今回は秋の浴衣マナーについてご紹介します。
夏になると浴衣を着る機会が自然に増えますが、秋に浴衣を着るイメージってあまりないですよね。しかし秋に花火大会やお祭りがあるところもあるので、着たいと思っている女性も多いのでは?今回は秋の浴衣マナーについてご紹介します。

秋でも浴衣を着るのはアリ?

浴衣姿の女性
花火大会や夏祭りなど、夏は浴衣を着たくなるイベントが盛りだくさん!
そんなイベントに合わせて、浴衣を新調する女性も多いのではないでしょうか。

その中で、「浴衣っていつまで着ていいの?」と思ったことがある女性もいるはず。
夏だけでなく、秋に花火大会やお祭りがあるところもあるので、せっかくなら浴衣を着ていきたいと思うものですよね。

浴衣を着るシーズンは、毎年大体7~8月です。
このシーズンを外れてしまうと、季節外れになってしまいそうですが、秋に浴衣を着てはいけないルールはないので、9~10月でも着ることができます。

ただし、秋を感じる時期に浴衣一枚で出かけるのは相応しくないと思われてしまうので注意が必要です。
秋に浴衣を着たいときはどのような点を意識すればいいのかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秋に浴衣を着るときのポイント【1】秋らしい色味の浴衣を選ぶ

浴衣姿の女性
まず意識したいのが、秋らしい色の浴衣を選ぶことです。
夏は白や黄色、ピンクなどが人気になりますが、夏に着た浴衣をそのまま秋にも着てしまうと、まだ夏を引きずっている印象になってしまいます。

ブラウンやボルドー、深みグリーン、紅葉色など、秋でも違和感のない浴衣の色で季節に溶け込みましょう。

秋に浴衣を着るときのポイント【2】秋らしい柄のデザインにする

浴衣姿の女性
秋に浴衣を着るなら、色だけでなくデザインにも注目したいところ。
秋色でも、夏を連想させる金魚や朝顔、ひまわりなどのデザインだったら、季節が夏になってしまいます。

ですので、紅葉やトンボのような秋らしいデザインにしてみてください。
チェック柄や千鳥柄などで季節感を出すのもおすすめです。

秋に浴衣を着るときのポイント【3】肌着を中に着こむ

浴衣姿の女性
秋らしい色やデザイン選びをすることができたら、次は防寒対策をしていきましょう。
秋になれば朝晩は冷え込むことがありますので、薄い生地でできている浴衣一枚では寒く見えてしまいます。

そこでおすすめなのが、肌着を浴衣の中に着こむことです。
キャミソールのような首元から見えないものにするのもいいですし、最近ではあえてタートルネックニットなどを合わせて見せる着こなしも人気があります。

秋に浴衣を着るときのポイント【4】和装用のストッキングを用意する

浴衣姿の女性
秋の浴衣では足元の防寒対策も忘れられないですよね。
足元が冷えるだけで体調が優れなくなってしまうこともありますから、せっかくのデートが台無しにならないように、ストッキングだけでも用意するといいですよ。

ただ、普通のストッキングでは下駄が履けなくなってしまいます。
最近は靴を合わせる着こなし方も人気なので普通のストッキングでもいいですが、下駄を履くならトレンカのようなデザインになっている和装用ストッキングを用意するといいでしょう。

秋に浴衣を着るときのポイント【5】半襟をつける

浴衣姿の女性
肌着を着ていても、ざっくり開いた首元が寒く感じてしまうこともあるでしょう。
そのときは、浴衣に半襟をプラスしてみてください。

普通は浴衣につけるものではないですが、秋は特別に半襟をつけることで首まわりを少しですが暖かくすることができます。
着こんでいる感じも出て、秋でも普通に浴衣を着ることができそう!

秋に浴衣を着るときのポイント【6】ストールを巻く

浴衣姿の女性
半襟がない場合は、ストールを取り入れるのもおすすめです。
厚手のものだと重く見えてしまうので、秋の浴衣姿では薄手のストールを巻くことがおすすめですよ。

ただし、ストール選びに間違えて不自然な浴衣姿にならないように要注意!
浴衣の柄の色と合わせるのもいいですが、ベーシックな黒なら失敗しにくいですよ。

秋に浴衣を着るときのポイント【7】足元を足袋と草履にする

浴衣姿の女性
先ほど、ストッキングを取り入れることをおすすめしましたが、もう少し寒い秋に浴衣を着るのであれば、足袋と草履にするといいですよ。

素足だった足元が一気に暖かくなります。
そしてこの着こなし方をすることで、きちんと感のある着物っぽい着こなしにすることができるのもメリットです。

秋に浴衣を着るときのポイント【8】小物を秋仕様にしてみる

浴衣姿の女性
浴衣といえばカゴバッグが定番ですが、夏の印象が強いだけあって秋に取り入れると違和感を感じてしまいますよね。
ですので、浴衣に合わせる小物アイテムを秋らしいデザインや素材に変えてみましょう!

最近ではカゴバッグにファーがついたデザインもありますので、カゴバッグを持ちたいときはファーのついたものを選んでみてください。

秋に浴衣を着るときのポイント【9】帯に帯締めを巻いて着物っぽく着こなす

浴衣姿の女性
浴衣は着物っぽく着ることで秋にも浮かない着こなしにすることができます。
簡単に着物っぽく見せる方法としておすすめなのが、帯に帯締めを巻くことです。

帯締めがあるだけで、一気にきちんと感のある浴衣姿にすることができますよ。
秋に浴衣を着たいときに意識したいポイントをご紹介しました。色やデザインに気を配ることはもちろん、防寒対策も必要になってくる季節です。暖かい浴衣姿になって秋でも素敵な浴衣デートを楽しんでくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ