FASHIONJUN.02.2019

ボーダー×ジャケットのポイントはバランス!大人見えコーデの見本帳

定番インナーのボーダーにジャケットを羽織るコーデ。簡単そうに見えますが、実はカラーリングやバランスには注意が必要です。ダサ見えを回避する季節別コーデをご紹介します。
定番インナーのボーダーにジャケットを羽織るコーデ。簡単そうに見えますが、実はカラーリングやバランスには注意が必要です。ダサ見えを回避する季節別コーデをご紹介します。

ボーダー×ジャケットコーデのポイント

 
■カラーリングを合わせておしゃれ度アップ

ボーダートップスもジャケットも、様々なカラーから選べるというメリットがあります。せっかくなので相性の良いカラー同士を合わせるのがポイント。

例えばネイビー×白のボーダートップスにネイビージャケットを羽織って統一感を出すのは基本形。

3色のカラーを使って仕上げる方法もあります。赤、白、ネイビーでマリンテイスト。黒、白、グレーを使ってモノトーンコーデ。ベージュ、カーキ、ブラウンでアースカラーコーデにするのもおしゃれですね。

■バランスを重視してきれいめシルエットに

丈感や素材など、ボーダーインナーとジャケットのバランスにも要注意。2つとも同じようなシルエットの場合は、ボーダーをボトムにインしたり、丈感に差を出すことでメリハリをプラス。

ロング丈のボーダーにショート丈のジャケット、タイトなボーダーインナーにボリューミーなジャケットなど、寸胴見えしないシルエットに仕上げましょう。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【1】春はベージュで統一してライトな仕上がりに

ベージュボーダー×ベージュジャケット
柔らかい雰囲気になるベージュは、マストカラーの中でも春らしい軽快なカラー。ベージュ×白のボーダーに、同じくベージュのリネンジャケットで、季節感満載のコーデが完成。

ボトムも透け感のあるスカートとデニムのレイヤードで、トレンドを意識しましょう。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【2】定番コーデにはショート丈のジャケットをプラス

ボーダー×ショートジャケット
ネイビー×白のボーダーに切りっぱなしデニムの定番カジュアル。アウターはショート丈にするのがスタイルアップのポイントです。

デニムジャケットやライダースジャケットでは少々ハードになりがちですが、柔らか素材の白いジャケットなら安心。ベレー帽やきちんと感のあるショルダーバッグで大人見えが叶います。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【3】細めボーダー×ノーカラージャケットでオフィスコーデに

 
ピッチが細いボーダーは大人っぽい表情になるので、お仕事コーデにおすすめ。デコルテがチラッと見える浅めのVネックも、きちんとコーデのポイントです。

ノーカラーのジャケットを肩掛けしてデキる女風のスタイルに。さらにセンタープレスのテーラードパンツでトドメを刺しましょう。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【4】ジャケットからチラッと見えるボーダーで可愛げがあるコーデに

ボーダーチラ見せジャケットコーデ
ボーダーとオーバーオールの子供見えするコーデも、金ボタンのネイビージャケットを羽織ることでおしゃれな見た目に。

肩掛けしたジャケットからボーダーをチラ見せして、可愛らしさもキープ。春夏はリネンジャケット、秋冬はウールジャケットで応用可能な着こなしです。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【5】半袖ボーダーニットにダブルのジャケットを羽織って今っぽく仕上げて

 
グリーンやイエローを使った夏らしいボーダーニットとデニムのラフなコーデ。リバイバルで人気沸騰中のダブルジャケットをサラッと羽織って、ゆる感のあるレディースカジュアルに。

バッグや靴のカラーを、さりげなくアイテムとリンクさせる小技も見逃せないポイントです。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【6】ネイビー×白のカラーリングにカーキをプラスして秋っぽく

 
オーソドックスなネイビー×白のボーダーTシャツは、金ボタンのジャケットで格上げ。ボトムは秋らしいカーキのタイトスカートで季節感を取り入れます。

ボーダーのカジュアルな雰囲気と合わせて、キャップをプラス。バッグとリップの赤が、コーデのスパイスとして効果的な役割を果たしていますね。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【7】ボーダー×ライダースジャケットは他アイテムをレディーライクに

 
ボーダートップス×ライダースジャケットは、かなりメンズライクな雰囲気になるコンビ。ボトムや小物は女子力の高いアイテムを投入して、全体的なシルエットを中和させます。

スリットが入ったロングスカートにチェーンバッグなら安心。足元はライダースと同じく黒いヒールで仕上げて、統一感を出しましょう。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【8】冬のレイヤードはナチュラルなアイテムで着膨れを阻止して

ボーダーニット×キルティングジャケット
ボーダー×ジャケットは、寒い季節のレイヤードコーデもお手の物。白ベースのボーダーニットからデニムシャツを覗かせて、ボリューミーなボアジャケットを羽織れば黄金バランスの完成です。

ボトムを黒スキニーで引き締めれば、細見え対策もバッチリでしょう。

ボーダー×ジャケットのおすすめコーデ【9】ボーダーとファージャケットの異素材コンビで新鮮なコーデに

 
基本となるボーダー×デニムに、ファージャケットを足し算して暖かみのあるコーデに。異素材の組み合わせは、大人っぽさとおしゃれ感を両立させるこなれテクニックです。

足元の靴下×フェミニンシューズや、パッと目を引くカラーのバッグで、格段にコーデがランクアップします。
バリエーションは無限に広がるボーダー×ジャケットコーデ。ボーダーの幅やジャケットの丈感など、微妙なバランスに注意しながら、季節に合うコーデを楽しんで下さい。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ