NOV.30.2019

カジュアルな両家顔合わせ食事会の服装は?立場別にコーデをご紹介!

カジュアルな両家顔合わせ食事会の服装は?立場別にコーデをご紹介! カジュアルな両家顔合わせ食事会の服装は?立場別にコーデをご紹介!

カジュアルなレストランなどでの顔合わせ食事会には、どんな服装で参加するのが良いのでしょうか。ここでは、顔合わせ食事会に適した新郎新婦や両親、兄弟の服装をご紹介します。

カジュアルな顔合わせ食事会の段取りをチェック!

 

両家の顔合わせはホテルのレストランや料亭で行うのが一般的でしたが、最近はカジュアルな会場での顔合わせ食事会も増えています。まずは、カジュアルな顔合わせ食事会の段取りを確認していきましょう。

■日程を決める
両家顔合わせの食事会は結婚式の半年程度前に開催するのが一般的。最低でも挙式の3ヶ月前までには顔合わせを済ませておきましょう。いくつか候補日程を決め、両親などの都合に合わせて選ぶのがおすすめです。

■場所や時間を決める
顔合わせ食事会は両家の中間にあるレストランや新婦の実家で行われることが多いです。カジュアルな顔合わせ食事会でもビュッフェレストランやファミレスは避け、個室や半個室の会場を選びましょう。

カジュアルな顔合わせの時間はディナーではなく、ランチが定番。レストランで顔合わせをするなら、コース料理を提供してくれる会場を選ぶと、ゆっくりと楽しめます。日程や場所、時間などが決まったら、しおりなどを作成して両家に案内するのが良いでしょう。

カジュアルな顔合わせ食事会の当日の流れ

 

顔合わせ食事会当日の流れは次の通りです。

■1.両親と一緒に会場へ行く
両親をエスコートするつもりで一緒に会場を訪れましょう。待ち合わせの5分前までには到着しておいてください。

■2.挨拶と両家の紹介
新郎が挨拶した後、それぞれの家族を紹介します。名前に一言を添えれば、その場を和ませられるでしょう。

■3.婚約指輪のお披露目や記念撮影
婚約指輪をお披露目したり、一緒に写真を撮ったりすると、両家の距離が縮まります。

■4.食事や歓談
新郎が乾杯のあいさつをしたら、新郎新婦で会話を盛り上げましょう。顔合わせ食事会では、結婚式の話をするのが定番です。

カジュアルな顔合わせ食事会の服装選びのポイント

 

カジュアルな顔合わせ食事会では、料亭などでの顔合わせのように振袖のようなフォーマルな服を着ません。服装選びのポイントについてチェックしてみましょう。

■両家でドレスコードを揃える
どちらかの家族だけがカジュアルな服装だと気まずいです。カジュアルな顔合わせ食事会を開催することを決めたら、両親に「リラックスできる普段通りの服装を選んで」などと案内しておきましょう。

■ラフすぎる服装はNG
カジュアルな顔合わせ食事会でもヨレヨレのTシャツ×ジーンズ×サンダルのようなラフすぎる服装はNG。清楚感のあるきれいめカジュアルな服装を意識しましょう。

<立場別>カジュアルな顔合わせ食事会におすすめの服装【1】新郎はベージュジャケット×Tシャツ

 

格式の高い会場での顔合わせ食事会では、新郎はダークスーツを着るのが一般的ですが、カジュアルな会場での食事会はスーツでなくてもOK。

ノージャケット・ノータイでも問題ありません。ジャージ素材のベージュのジャケットをシンプルなTシャツと合わせた服装はカジュアルながらもきちんと感があり、新婦の家族にも好印象です。

<立場別>カジュアルな顔合わせ食事会におすすめの服装【2】新婦はピンクブラウス×グレースカート

 

カジュアルな顔合わせ食事会での新婦の服装はワンピースやブラウス×スカートのコーデが定番。胸元の空いたトップスやミニ丈のボトムスは避け、上品に仕上げましょう。ピンクのブラウス×グレーのスカートのコーデは華やかでお祝いのシーンにぴったりです。

<立場別>カジュアルな顔合わせ食事会におすすめの服装【3】父親は白ポロシャツ×ネイビーパンツ

カジュアルな両家顔合わせに適した父親の服装

カジュアルな顔合わせ食事会では、両親もフォーマルな服を着ません。父親も新郎と同じようにノージャケット・ノータイの服装で大丈夫です。白いポロシャツにネイビーのパンツをコーディネートすると、さわやかな服装になるでしょう。

<立場別>カジュアルな顔合わせ食事会におすすめの服装【4】母親はニットアンサンブル×ベージュパンツ

カジュアルな両家顔合わせに適した母親の服装

カジュアルな両家顔合わせ食事会の母親の服装はアンサンブルやジャケット×スカートもしくはパンツが一般的。学校の保護者会に行く時のようなイメージで服を選べば、失敗がないでしょう。

グレーのニットアンサンブル×ベージュのロングパンツは柔らかく、優しい雰囲気です。

<立場別>カジュアルな顔合わせ食事会におすすめの服装【5】兄弟・姉妹は新郎新婦と同じようなコーデ

 

カジュアルな顔合わせ食事会に参加する兄弟や姉妹は新郎新婦と同じような服装で良いでしょう。ただし、新郎新婦よりも目立たない服がおすすめです。ベージュや白などを使うと、親しみやすいコーデを作れます。

<年代別>カジュアルな顔合わせ食事会に適した女性の服装【1】20代はピンクワンピースで華やかに

 

カジュアルな顔合わせ食事会の服装に迷ったらワンピースがおすすめ。膝丈程度のワンピースはきれいめで相手の家族にも好印象でしょう。ピンクのワンピースは華やかで、食事会を盛り上げてくれます。

<年代別>カジュアルな顔合わせ食事会に適した女性の服装【2】30代はベージュトップス×グレースカートできれいめに

 

30代の女性がカジュアルな顔合わせ食事会に参加するなら、ベージュのトップスとグレーのスカートできれいめに決めて。落ち着いた色で服装をまとめるなら、大きめのアクセサリーを着けると、ビジネスライクに見えません。

<年代別>カジュアルな顔合わせ食事会に適した女性の服装【3】40代はタートルネックニット×パンツで大人っぽく

 

40代の女性はタートルネックニット×パンツで大人っぽい服装に仕上げましょう。ロングのカーディガンを羽織ると、カジュアルな顔合わせに適した抜け感のあるスタイリングが完成します。

<年代別>カジュアルな顔合わせ食事会に適した女性の服装【4】50代はレイヤードセットアップできちんと感を演出

50代女性に適したカジュアルな両家顔合わせの服装

母親世代の50代の女性には落ち着いたカラーのレイヤードセットアップを使ったきちんと感のある服装がぴったり。柔らかい素材のアイテムを使うと、カジュアルな顔合わせに合うフォーマルすぎないコーデができあがります。

最近はカジュアルな会場で顔合わせの食事会を行うカップルが増えています。カジュアルな顔合わせ食事会に参加するなら、適切な服装を選んで相手の家族に好印象を与えましょう。