LIFESTYLEDEC.18.2018

復縁はタイミングが大事!気持ちを伝えるベストなタイミングや方法

別れてしまった元彼と復縁したいと考えている方は必見です。今回は、元彼と復縁するためのアプローチ方法のポイントや、おすすめのタイミングをご紹介します。
別れてしまった元彼と復縁したいと考えている方は必見です。今回は、元彼と復縁するためのアプローチ方法のポイントや、おすすめのタイミングをご紹介します。

復縁のタイミング【1】冷却期間を置いた後

復縁のタイミング
自分から別れを出した場合も、彼氏から別れを告げられてしまった場合も、復縁したいと思った場合には、冷却期間が必要です。冷却期間を作り、お互いに冷静になったタイミングで、LINEやメール、電話などで連絡を取ってみましょう。


■自分から別れた場合

自分から別れを切り出した場合は、すぐに「復縁したい」と言ってしまうと、その時の感情で人を振りまわす自分本位な人だと思われてしまうこともあります。

別れる決断をしたことは、真剣に考えた結果だったけれど、別れてからあらためて相手の大切さに気づくことはあります。

振られた元彼の気持ちが落ち着くまで、1ヶ月~3ヶ月程度冷却期間を作りましょう。


■彼氏に振られた場合

彼氏から別れ話をされた場合も、しばらくは様子を見る必要があります。

別れたいと言われているのに、別れを受け入れずに、追いかけてしまうと、気持ちを押し付けられていると感じますし、追われれば逃げたくなってしまいます。

今は別れたいと言っている彼の気持ちを尊重することが大切です。

しかし、冷却期間を作ることで、別れた時には見えていなかった、元カノの良さに気づくこともあります。

復縁のタイミング【2】別れの原因の対策をした後

日記を書いている女性
冷却期間中は、相手が何をして過ごしているのか気になってしまうものですし、彼女ができてしまったらと思うと不安になってしまいますよね。

しかし、不安だからといって、その気持ちを元彼にぶつけるのはNGです。冷却期間中は連絡を絶ち、その間に別れの原因になったことへの対策をしていきましょう。

彼氏に振られてしまった場合は、彼氏が嫌だと言っていたことや、直してほしいと言っていたことは、できるだけ直した後に、復縁を切り出すようにしましょう。何も変わっていないのに、復縁したいと告白しても、元彼は「また同じようなことでトラブルになってしまうのではないか」と不安を感じて、復縁を受け入れられない可能性があります。メモに書き出すなどして、付き合い方を見直してみましょう。

例えば、元彼に「いつも自分の都合ばかりだよね」と言われることが多かった場合は、相手がいつも自分優先で大事にされていないと感じたことが別れの原因になっている可能性があります。彼の気持ちや希望を聞き入れる姿勢を持つようにしたいですね。

その他にも、別れの原因が「仕事や趣味の時間がもっと欲しくなった」場合は、恋愛に対する優先順位が下がってしまった場合もあります。復縁したいと思っている場合は、彼のペースにある程度合わせ、彼氏に依存しすぎてしまわないような適度な距離感を保つ努力ができるようになることが必要です。

別れの原因は、どちらかだけの責任ではありませんが、相手を変えようとするのは難しいものです。振られた場合だけでなく、自分から別れ話をした場合も同じで、復縁したいと思っているなら、自分が具体的に変化や努力をしている姿勢を見せましょう。

別れる前とは違うと思えるようになった時が、元彼に連絡をしたり、復縁を切り出すタイミングですね。

復縁のタイミング【3】イメチェンをした後

イメチェンした女性
復縁話をするおすすめのタイミングは、イメチェンをした後です。

付き合いが長くなれば、彼女や彼氏にドキドキする機会も少なくなってきます。
ヘアスタイルやメイク、ファッションなどを変える事は、変化がわかりやすいですし、元彼と会った時に、「やっぱりかわいいな」とドキッとさせられるメリットもあります。

冷却期間の間に、イメチェンをしたり、ダイエットや美容に力を入れて、女性としての魅力をアップさせた後が、復縁を切り出すベストなタイミングですね。

偶然、昔二人で行っていたお気に入りの店で元彼に会う場合もありますので、外見磨きには手を抜かないようにしたいですね。

復縁のタイミング【4】久しぶりに会った後

久しぶりに元彼と会って復縁したい女性
冷却期間の後、復縁したいと思ったら、まずは一度元彼に会ってみましょう。

直接会うことで、元彼の気持ちをある程度確かめることができますし、楽しく過ごした後の告白は、成功率もアップしますよ。

映画やショッピング、お茶などに誘える場合は、二人きりでも良いですね。「付き合っていた時に借りたものを返したい」という口実でもOKですし、帰省のタイミングで「会わない?」と誘ってみるのもおすすめです。

共通の友達や同僚などに頼んで、イベントや飲み会を計画してもらいましょう。二人きりになった時が、気持ちを伝えるタイミングです。

復縁のタイミング【5】記念日や誕生日

スマホと花束
復縁したいと思っていても、何か口実がないと連絡がしにくい方もいると思います。そのような方におすすめなのが、誕生日、年末年始など、特別な日に、お祝いや年賀メールをしてみる方法です。

口実があれば、思い切って連絡しやすいですし、その後にお互いの近況を話すこともできます。会話が続いていけば、恋愛事情についてもリサーチしやすくなりますね。

その他にも、二人の付き合った記念日や、クリスマス、バレンタイン、地元の花火大会などのイベントがあるタイミングで連絡をしてみるのもおすすめです。

もし、イベント時に連絡が来るようであれば、彼女がいない可能性が高いですし、寂しさを感じて過去の恋愛を思い出すことは珍しくありません。彼女がいない場合は、昔を懐かしんで、時には復縁したいと思う場合もありますよ。

復縁のタイミング【6】彼が失恋した後

失恋
カップルのどちらかが別れを言い出すのは、相手の事が好きじゃなくなった場合や、他に好きな人ができた場合もあります。

元彼に好きな人や彼女ができた場合でも、定期的に連絡を取ったり、SNSをチェックするなどして、近況を知っておくようにしましょう。

万が一、元彼の恋愛が上手く行かなくなってしまったタイミングで、彼を励まし、彼にとっての理解者であることと、あなたにとって彼が魅力的で、大事な存在ということを示しましょう。

彼を傍で支え、「彼にとって大切な存在はあなた」であることを再確認してもらえるように振る舞うことが、復縁へと後押ししてくれますよ。
元彼と復縁するためには、別れる前と変わった自分を見せるのが効果的です。自分の気持ちを押しつけず、彼の気持ちにも注意しながらアプローチして、復縁するタイミングを探っていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6