LIFESTYLEJUN.20.2019

アラサーで結婚するには?結婚できない人の特徴や違いをご紹介

アラサー世代に突入すると、周囲の友人も結婚する人が増えてきますよね。そこで今回は、アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴や、結婚相手を見つける方法をご紹介します。
アラサー世代に突入すると、周囲の友人も結婚する人が増えてきますよね。そこで今回は、アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴や、結婚相手を見つける方法をご紹介します。

アラサー世代の結婚する確率とは

結婚
現代の日本では、晩婚化が進んでおり、アラサー世代以降に結婚をするカップルも多いですよね。

実際、2015年に国が行った国勢調査では、25歳~29歳の女性の未婚率は61.3%となっており、25歳~29歳の男性の未婚率は72.7%となっています。
また、30歳~34歳の女性の未婚率は34.6%、30歳~34歳の男性の未婚率は47.1%となっています。
35歳~39歳では、女性の未婚率は23.9%となっており、男性の未婚率は35.0%となっています。

アラサー世代に入ると、それまで仕事や趣味などを楽しんでいた周囲の人が続々と結婚し始めるのが特徴です。

アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴【1】恋愛経験やモテた経験がある

モテている女性
アラサーで結婚しない人の特徴は、恋愛経験が豊富で、異性からモテてきた人も少なくありません。

「この男性なら結婚しても良いかな」と思える、結婚相手になりそうな男友達も多く、男性からアプローチされることも多い女性の場合、アラサー世代に突入しても「結婚はいつでもできる」と思っている傾向もあり、結婚に焦りを感じることも少ないですね。

「30歳までに結婚すればいいや」と思って結婚相手を決めかねている内に30代を過ぎて、ふと周りを見てみると、いつの間にか結婚したいと思う男性がいなくなっているというケースもあります。

アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴【2】理想が高い

結婚相手の条件を考えているアラサー女性
結婚相手に求める理想が高いアラサー女性は、婚期を逃しやすい人の特徴です。

・年収
・職業
・外見
・生活スタイル
・笑いのツボ
・食の好み
・趣味が合う
・おしゃれ
・家事ができる

など、理想の男性の条件を全て満たすような人を探すのは難しいものです。

「結婚してもいいかな」と思えるような気の合う男性に出会っても、少し理想の条件に当てはまらない部分が見つかると「もっと自分の理想通りの人がいるかもしれない」と思って遠ざけてしまいます。

理想の相手を探している間に、さらに結婚相手に求める条件が加わってしまうと、いつの間にか現実離れした結婚相手を追い求めてしまうケースもあります。

アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴【3】仕事やプライベートが楽しい

ドライブ
仕事が楽しく、プライベートが充実しており、まだ結婚したくないと思っているアラサー女性も、結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴です。

女性は、結婚をすると、家事や育児に追われることになり、時には仕事をセーブする必要があります。しかし、仕事に慣れ始め、やりがいを感じて将来のキャリアビジョンも描き始めるアラサー世代の女性にとっては、結婚は「いつかはしたいもの」として後回しになることがあります。

また、社会人になって自由に使えるお金が増えたことで、趣味のサークルやイベントに参加したり、旅行やショッピングを楽しんだりと、プライベートの自由を満喫している女性も、結婚が後回しになりやすいですね。

バリバリ働いて稼いだお金は、自分の好きな事に使いたいと思っているアラサー女性は、結婚して欲しい物を我慢することが増えるのではないかと思って、結婚に対するハードルが上がることがありますね。

アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴【4】自立している

自立していて結婚の必要性を感じていないアラサー女性
経済的や精神的に自立している女性も、結婚するタイミングを逃しやすいアラサー女性の特徴です。

「このまま一人で生きていけるかも」と思えるような経済力があれば、老後の心配もありませんので、結婚に対する焦りも薄くなります。

そして、精神的に自立しており、辛い時に支えてくれるようなパートナーの存在をあまり必要としていない性格の女性も、結婚しにくい傾向がありますね。
プライベートの時間はある程度一人でゆっくり過ごす時間が必要な方もいます。

結婚して自分以外の人に合わせたり、気を使うことが億劫だと感じるような自立している女性は、結婚のタイミングを逃してしまうことがあります。

アラサーで結婚するタイミングを逃しやすい人の特徴【5】男性に依存している

男性に依存しているアラサー女性
自立している女性とは真逆の、男性に依存する傾向がある人も、結婚しにくいアラサー女性の特徴です。

男性にとって、家族を大黒柱として守っていくことは、男としてのプライドを満たすことです。

しかし、付き合っている時から彼氏に幸せにしてもらったり養ってもらうことをアテにして結婚を迫ると、男性からは「重い」と思われてしまいます。

あまりにも結婚にこだわりすぎると、彼氏から「結婚できれば誰でも良いのではないか?」と思われることもあります。

アラサー女子が結婚できない女性にならないためには

結婚式
■減点方式はやめる

アラサー女子が結婚できない女性にならないためには、男性に対する評価を減点方式にしないことが大切です。

自分の理想の相手の条件を満たしていない部分や、自分と合わない部分ばかりを見てしまっては、相手の良い所を見過ごしてしまいます。

つい相手のマイナスポイントばかり見てしまう場合は、まずは、身近な同僚や友達などの良い所を見つける癖をつけることから始めてみましょう。


■条件に優先順位をつけ、出会いを大切にする

結婚相手に求める条件があるのは当たり前のことですが、全ての条件を満たすような相手はなかなか現れないものです。

したがって、結婚相手に求める条件に優先順位をつけたり、どうしても譲れない条件を満たしている男性とは、積極的にコミュニケーションを取っていきたいですね。

相手を知ることで、意外に自分の理想とは違うけれど気が合う生涯のパートナーに出会える可能性はありますよ。


■結婚したい時にできるわけではない

30代以降の独身女性の場合、過去に結婚するタイミングがあった時に結婚せず、後から「あの時結婚しておけばよかった」と後悔したというエピソードを耳にしたことがある方は多いと思います。

結婚は必ずしも自分がしたいと思っている時にできるものではありません。多少自分の思っているタイミングとは違っても、結婚したいと思えるような相手がいるなら、あまり考えすぎずに結婚に向かって踏み出してみることも大切ですね。


■男性に幸せにしてもらおうとは思わない

そして、共働き夫婦が増えてきている現代は、結婚は男性に幸せにしてもらうものではありません。

相手に幸せにしてもらおうと期待してしまうと、相手に求めることも多くなりますし、結婚相手からは重いと思われてしまいます。

結婚生活の幸せは、自分で作ろうと意識をしたり、結婚相手の男性を幸せにしようという気持ちを持つことが、男性から結婚したいと思われる女性の条件ですね。
アラサー世代に突入し、周囲の人が結婚し始めると、結婚に対して焦りを感じることもありますが、結婚するタイミングは人それぞれですので、焦る必要はありません。しかし、結婚相手に求める条件が多すぎたり、理想が高すぎると、結婚相手は見つかりにくくなりますので注意したいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック