LIFESTYLE
MAR.03.2020

ガードルの効果は?履くべきメリットやデメリットもご紹介

ガードルの効果は?履くべきメリットやデメリットもご紹介 ガードルの効果は?履くべきメリットやデメリットもご紹介

効果的にボディラインを美しく見せてくれるのがガードルの魅力です。そこで今回は、ガードルを履くべきメリットや、注意したいデメリット、おすすめのガードルメーカーをご紹介します。

ガードルは何歳から履くべき?ガードルのメリットや効果

美ヒップの女性

■ガードルは何歳から履くべき?

女性の体は、年齢とともに脂肪がつきやすくなったり、ボディラインが垂れてくることがあります。特に、スーツやドレス、タイトな洋服を身につける際は、ヒップや太股、ウエスト周りなどが気になるものです。

ボディラインを引き締めるためのダイエットには、食事制限や運動が効果的ではありますが、ボディメイクには時間がかかってしまうものです。

体型が気になる場合に、履くだけでボディラインを引き締め、美しく見せてくれるのがガードルのメリットです。ボディラインにお悩みの方は、ぜひ手軽に体のシルエットを補正してくれるガードルの力を借りたいですね。

また、ガードルには、骨盤矯正をサポートしてくれるものもあります。ガードルを身につけている間に、骨盤矯正されれば、姿勢が改善され、頭痛や肩こり、腰痛などが軽減される可能性があります。また、骨盤矯正されることで血行アップも期待できます。したがって、骨盤矯正ガードルを身につけることによって、冷えやむくみが改善されたり、代謝アップによるダイエット効果なども期待できますよ。

そして、ガードルには、体型の変化を予防する効果も期待できます。したがって、20代の内からガードルを着用しておくことは、ボディラインを維持する方法でもあります。

ガードルはファッションや効果に合わせて選ぶのがおすすめ

ガードルとコルセット

ガードルは、さまざまなカラーやデザインが販売されていますよね。一般的には、洋服を重ね着した際に透けないカラーやデザインのガードルを選びたいですね。

その他にも、ガードルには

・ガードルの裾が太股にかからないショートタイプ
・ガードルの裾が5cm前後のミドルタイプ
・ガードルの裾が太股を覆うセミロングタイプやロングタイプ

などがあります。セミロングタイプやロングタイプは、太股を細見えさせてくれるガードルですが、その日のコーディネートに合わせて、ガードルが洋服から見えないような丈のガードルを選ぶのがおすすめです。

また、ウエストを引き締めたい方はハイウエストタイプをセレクトするのがおすすめです。

その他にも、ガードルには、最初にご紹介した通り、それぞれ期待できる効果が異なります。例えば、

・垂れぎみのヒップラインをキュッと上向きに見せてくれるタイプ
・平らなヒップを美しい丸みのあるシルエットに見せてくれるタイプ
・ヒップやウエストを引き締め、メリハリのある女性らしいボディラインを作ってくれるタイプ
・骨盤矯正を促してダイエットをサポートしてくれるタイプ

などがあります。

一般的には、厚い生地を使用しているガードルの方がホールド力や補正力があるとされています。薄手の生地のガードルは、厚手の生地のガードルよりも補正力は低くなる傾向がありますが、その分通気性が良く、動きやすいというメリットがあります。

ガードルが逆効果に!?ガードルのデメリットや選ぶ際の注意点

ガードルの効果

■自分に合ったガードルを履くべき

ガードルは、デザインや生地、期待できる効果などが異なります。したがって、ガードルを履く目的に合ったガードルを選ぶことが大切ですね。

また、ガードルは、自分に合ったサイズを履かないとメリットが得られません。キツすぎるガードルは、血行不良の元にもなりますので「自分に合わないガードルは履かないほうがいい」とさえ言われています。ぜひ自分に合うサイズのガードルを身につけるようにしたいですね。

ガードル初心者さんは、ぜひお店で店員さんに相談したり、試着してから購入するようにしましょう。


■ガードルの装着の仕方も重要

そして、ガードルは、誤った履き方をすると、狙った効果が得られませんので注意したいですね。

また、ガードルの下には、ショーツは履かない方がいいケースもあります。万が一、ガードルの中でショーツからお肉がはみ出て、その状態のままでガードルを着用してしまうと、お肉がそのまま固定されてしまうというデメリットがあります。

効果が高く使いやすいと人気!ガードルのおすすめメーカー【1】Wacoal(ワコール)

Wacoal ワコール ウイング[Wing]キュッとアップパンツ

日本人女性の体型を効果的にサポートするガードルを作り続けている「Wacoal(ワコール)」は、補正下着デビューの方にもおすすめしたいメーカーです。

特に、ワコールのブランドの一つである「ウイング」は、ホールド力と快適性を両立したガードルが多いと人気を集めています。カラーやデザイン、サイズも豊富ですよ。

効果が高く使いやすいと人気!ガードルのおすすめメーカー【2】Triumph(トリンプ)

Triumph トリンプ トリンプ439 ロングガードル

下着メーカーとして定評のある「Triumph(トリンプ)」のガードルは、ベージュ系やブラック系のシンプルなデザインのガードルが多いので、洋服に馴染みやすいのが魅力です。

特に、Triumphのガードルは通気性の良いメッシュ素材が人気で、忙しい仕事中でも蒸れずに、ストレスなく体型を効果的に維持しやすいのが嬉しいですね。

体型や姿勢を美しく補正してくれる効果があるのがガードルのメリットです。気になった方は、ぜひ、お店で試着をして、自分に合ったガードルを購入してみてくださいね。