APR.12.2019

制服の正しいアイロンのかけ方。ブレザーやスカート別にご紹介!

制服の正しいアイロンのかけ方。ブレザーやスカート別にご紹介! 制服の正しいアイロンのかけ方。ブレザーやスカート別にご紹介!

学校や指定のある職場に通う間、毎日着ることになる制服。だからこそ、清潔で綺麗な状態を保てるように、日々のお手入れは丁寧に行いたいものですよね。そこで今回は、制服の正しいアイロンのかけ方についてご紹介します。

制服のアイロンがけはどうしてる?

シャツとスカートとローファー

学校はもちろん、制服がある職場などでは、身だしなみの一つとして制服のお手入れが欠かせないですよね。

普段から制服を脱いだらすぐにハンガーにかけたり、ブラッシングをしたりしている方も多いでしょう。
しかし多くの方を悩ませるのが、制服のアイロンのかけ方です。

「制服ってアイロンがけをしてもいいの?」「どの順番でやればいいの?」など、分からないことがたくさん。
アイロンがけに失敗してしまうと、テカリが出てしまうこともあるので、気を付けたいですよね。

ブレザーやスラックス、スカート別にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

制服の正しいアイロンのかけ方【1】ラベルを確認する

洋服のラベルを見る女性

制服のアイロンがけをするのであれば、まずはケアラベルのアイロンマークをチェックすることが大切です。
そのラベルを見ることで、アイロンをかけてもいいのか、どの温度でかければいいのか見ることができます。

■ケアラベルの見方
・アイロンマークに「×」がついているならかけられません。
・アイロンマークの中が「低」もしくは、「・」なら低温でかけられます。
・アイロンマークの中が「中」もしくは、「・・」なら中温でかけられます。
・アイロンマークの中が「高」もしくは、「・・・」なら高温でかけられます。

低温は110~120℃まで、中温は150~160℃まで、高温は200~210℃くらいになるそうなので、ケアラベルの指示に従いましょう。

そしてアイロンマークの下に波線があるなら、あて布をしてアイロンをかけるようにしてくださいね。

制服の正しいアイロンのかけ方【2】ブレザーの場合

制服姿の女性

まずは、制服にブレザーがある場合のアイロンのかけ方を見ていきましょう。

■ブレザーのアイロンのかけ方
①指定されている温度に設定し、あて布を用意します。
②袖からしっかりとシワを伸ばしながらアイロンをかけ、前見頃に移動します。
③後ろ身頃のアイロンがけも忘れずに、上から下へ優しくなでるようにアイロンがけをしましょう。

Yシャツの場合も、台衿→衿→カフス→袖→ヨーク→前身頃→後ろ身頃というように、面積の小さいところからアイロンをかけると、キレイに仕上がります。

制服の正しいアイロンのかけ方【3】スラックスの場合

スラックスを履いた女性

制服にはスカートだけでなく、スラックスもありますよね。
寒い冬場などは、スラックスを履く女性も多いのではないでしょうか。

■スラックスのアイロンのかけ方
①アイロン台にのせたら、まずは腰まわりの裏地からプレスし、ファスナーに当たらないように注意します。
②次に片足ずつ、縫い目に合わせてスラックスを置き、センターラインを優しくプレスするようにアイロンをかけていきます。
③今度は、裾が動かないように片手でしっかり押さえながら、股下あたりまで一気にプレスし、折り目を決めていきましょう。
④最後に、しっかりとアイロンを動かしながら、決めた折り目を付けていきましょう。

スラックスの場合は、腰まわり→ヒップ→脚→裾という順番でアイロンがけをしていくといいですよ。

保管時は、裾を挟めるタイプのハンガーを使用することがおすすめです。

制服の正しいアイロンのかけ方【4】スカートの場合

制服姿の女性

制服のアイロンがけで多くの女性を悩ませるのが、プリーツのようなひだがあるスカートです。
何も考えずにアイロンがけをしてしまうと、キレイなシルエットが崩れてしまいます。

■スカートのアイロンのかけ方
①まずは、スカートの裾のひだが重なった部分に、洗濯バサミをつけていきます。
②キレイなひだを固定することができたら、あて布をしましょう。
③そのままあて布の上から優しくアイロンがけをすれば、ハリのあるプリーツスカートに復活させることができますよ。

一つ一つ固定することが重要なポイントになります。
保管時は、スラックス同様に挟めるタイプのハンガーを使うようにしてくださいね。

制服の正しいアイロンのかけ方【5】スチームアイロンを活用する

アイロンとあて布

普段のお手入れで、制服のシワなどを伸ばしたいと思ったときは、スチームアイロンを活用することが効果的です。

スチームを制服に含ませることで、繊維がふっくらしてシワを伸ばすことが期待できるといわれています。

■スチームアイロンを使ったシワの伸ばし方
①ブレザーやスラックス、スカートなどをハンガーにかけておきます。
②軽く形を整えたら、裾を引っ張りながらスチームをたっぷり含ませていきます。
③制服に当たらないように少し浮かせながら、折り目ごとにかけるのがコツです。
④あとはそのまま干して乾かせば終わりです。

とっても簡単で、ハンガーにかけたままでもできるので、ぜひ試してみてください。

制服の正しいアイロンのかけ方をご紹介しました。
スチームアイロンも効率良く使っていくことで、キレイな状態をキープすることができます。
アイテム別にアイロンのかけ方をマスターして、きちっとした制服姿で周りに好印象を与えましょう!