BEAUTYNOV.03.2018

乾燥肌の正しいスキンケアは?選び方やおすすめアイテムをご紹介

乾燥肌を悪化させないためのスキンケア方法を知っていますか?乾燥肌は悪化してしまうと、敏感肌へと傾いてしまうことがあります。乾燥肌の正しいスキンケア方法や選び方、乾燥肌におすすめのアイテムをご紹介します。
乾燥肌を悪化させないためのスキンケア方法を知っていますか?乾燥肌は悪化してしまうと、敏感肌へと傾いてしまうことがあります。乾燥肌の正しいスキンケア方法や選び方、乾燥肌におすすめのアイテムをご紹介します。

乾燥肌とはどんな状態?

肌が乾燥している女性
乾燥肌とは、肌の保湿機能が低下している状態のことを言います。元々肌は自らの肌を潤わせる保湿機能が備わっています。角質層で水分を保持する天然保湿因子(NMF)、セラミドなどの角質細胞同士を繋ぐ役割をしている細胞間脂質、肌表面に膜を作り水分の蒸発を防ぐ皮脂膜の3つになります。

肌の保湿機能があれば、自然に肌の保湿を保つことができるので、肌に乾燥を感じることはありません。しかし、この肌の保湿成分が低下したり破壊したりすることで、肌は水分を保つことができなくなり、乾燥を感じやすくなります。

肌の保湿機能が低下する原因は、摩擦や紫外線などの刺激です。普段からタオルでごしごしとこすったり、手で顔を頻繁に触ったりする癖があるような人は、肌の保湿機能にダメージを与えている可能性があります。

また紫外線に直接触れることで、肌のバリア機能が破壊され、水分を保つことができなくなることもあります。

さらに加齢やターンオーバーの乱れによって、肌の保湿成分が作られにくくなることで、乾燥肌になることもあります。

乾燥肌のスキンケアの選び方

手のひらにクリームで書かれているハート
乾燥肌の正しいスキンケアの選び方を知っていますか?乾燥肌でも潤いを保つために、正しいスキンケアの選び方をご紹介します。

■セラミド化粧品を使う
乾燥肌の場合、肌のセラミドが減少していることが考えられます。セラミドはもともと細胞間脂質として肌に存在する成分でもあるので、水分を抱え込みやすくなります。乾燥肌の場合は、1つだけでもいいのでセラミド化粧品を取り入れてみることをおすすめします。

■潤いを守りながら洗う
洗顔やクレンジングなどを選ぶ時は、潤いを守りながら洗えるものを選びましょう。乾燥肌の場合は、もともとある肌の潤いを守りながら洗うことができる保湿成分配合のアイテムがおすすめです。

洗顔後は特に乾燥を感じやすいので、肌のつっぱり感などが少ないものを選びましょう。

■できれば肌に優しいものを
乾燥肌の場合、悪化してしまうと敏感な肌へと傾いてしまうことが考えられます。乾燥肌対策ができていない状態になると、肌はさらに乾燥を感じやすくなり、少しのことにも敏感に反応してしまいます。

そうならないためにも、極力肌に優しいアイテムを使うようにしましょう。

乾燥肌のスキンケアのやり方

クリームを塗っている女性
乾燥肌の場合、スキンケアのどういった部分に注意して行っていけばいいのか気になりますよね。乾燥肌のスキンケアのやり方についてご紹介します。

■洗顔
洗顔では、肌の潤いや皮脂を落としすぎないケアが大切です。潤いを守りながら洗うことができるようなアイテムを選びましょう。保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶことで、洗顔後のつっぱりを感じにくくなります。

朝の洗顔は必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので、朝はぬるま湯だけで洗うようにしましょう。

■クレンジング
乾燥肌のクレンジングは、肌に摩擦を与えずに使えるようなバームタイプやクリームタイプがおすすめです。肌の上に長時間クレンジングを乗せていくことは、肌に負担がかかります。乾燥肌の場合は、厚みのあるテクスチャーのクレンジングがおすすめです。

バームタイプやクリームタイプのものを使って、優しくメイク汚れを落としていくと良いでしょう。

■化粧水
乾燥肌に最も効果的な成分は、セラミドです。セラミドが不足することによって、肌は乾燥を感じていきます。不足したセラミドを化粧水で補うことによって、肌に潤いを与えることができます。保湿力に優れている化粧水を選び、潤いを補充するようにしましょう。

■美容液
乾燥肌の場合は、美容液を使う場合は乾燥を感じにくいものを選ぶようにしましょう。美白対策コスメや、ビタミン系など様々な美容液がありますが、中には乾燥を感じやすいものがあります。乾燥肌対策をしたい場合は、美容液も保湿力重視のものを選び、乾燥が気にならない季節になったら、その他の美容液を選ぶようにしましょう。

■乳液・クリーム
乾燥肌の場合の乳液やクリームは、油の量に注意が必要です。どうしても、油分を補いたいと思うあまり、多く乗せすぎてしまうことがあります。そうすると、ニキビや吹き出物ができてしまうことがあります。肌の状態を確認しながら、油分の乗せすぎにならないように注意して乳液やクリームを使うようにしましょう。

乾燥肌のおすすめスキンケア【1】菊正宗(きくまさむね) 日本酒の化粧水 高保湿

菊正宗の化粧水
菊正宗の日本酒の化粧水高保湿は、日本酒配合の化粧水です。他にもセラミドやアミノ酸、プラセンタ、アルブチンが配合されていて、肌をしっかりと保湿します。保湿力重視の化粧水で、コストパフォーマンスが高い商品です。
菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 / ¥725

乾燥肌のおすすめスキンケア【2】MINON(ミノン) アミノモイスト モイストチャージミルク

ミノンの乳液
MINONアミノモイストのモイストチャージミルクは、コクのある濃厚な乳液です。べたつきにくいテクスチャーで、肌にすっとなじみます。乾燥でごわついた肌に浸透し、肌を柔らかくします。
MINON アミノモイスト モイストチャージミルク / ¥2,190

乾燥肌のおすすめスキンケア【3】CLINIQUE(クリニーク) モイスチャー サージ ハイドレーティング コンセントレート

クリニークの美容液
CLINIQUEのモイスチャーサージハイドレーティングコンセントレートは、ジェル状の美容液です。ジェルが液体に変化し、素早く肌になじみます。乾燥から肌を守り、長時間肌の潤いを保ちます。
CLINIQUE モイスチャー サージ ハイドレーティング コンセントレート / ¥7,452
乾燥肌のスキンケアについてご紹介しました。乾燥した状態の肌は、スキンケアから見直していく必要があります。乾燥肌が悪化して敏感に偏ることがないようにするためにも、乾燥肌用のスキンケアを検討してみると良いでしょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。