FASHIONSEP.17.2018

オフィスカジュアルの靴の選び方!きちんと感のあるおしゃれ靴とは?

オフィスで着る服装は、浮いたりしないか気になってアイテム選びに悩んでしまいます。服装の中でも意外と気を使うのが靴。靴選びに失敗して、服までNGになってしまわないようにしないといけません。そこで今回は、オフィスカジュアルの靴の選び方をポイントや具体的なコーデを使ってご紹介します。オフィスで足元が浮かないように、これを機会にしっかりチェックしてください。
オフィスで着る服装は、浮いたりしないか気になってアイテム選びに悩んでしまいます。服装の中でも意外と気を使うのが靴。靴選びに失敗して、服までNGになってしまわないようにしないといけません。そこで今回は、オフィスカジュアルの靴の選び方をポイントや具体的なコーデを使ってご紹介します。オフィスで足元が浮かないように、これを機会にしっかりチェックしてください。

オフィスカジュアルの靴の選び方のポイント!スニーカーはOK?

 
オフィスで働く女性のドレスコードといえば「オフィスカジュアル」。カジュアルと言ってもデニムやスニーカーはNGになります。新卒で働き始めたばかりの方などは、どこまでがOKなのか困ってしまいますよね。

「オフィスカジュアル」とは、スーツなどフォーマルな格式の高い服装を着用する必要はないものの、オフィスに適した範囲のカジュアルな服装を着用するということです。

では、オフィスカジュアルの靴はどんな靴を選べばいいのでしょうか。ぱっと思い浮かぶのはきれいめなパンプスですが、パンプス以外のサンダルやブーツといった靴はOKなのでしょうか、それともNGなのでしょうか。そこでまず、オフィスカジュアルの靴の選び方のポイントをまとめてみます。

■一番重要な基本ポイントは“きちんと感”
どんな種類の靴を選ぶにしても、最も重要なのがきちんと感があるかということ。パンプスでも派手な柄が入ったものや、オフィスで浮いてしまうような色のパンプスはNGです。きちんとした印象を相手に与える靴かどうかがポイントです。

■スニーカーやスポーツサンダルはNG
オフィスの職種や社風にもよりますが、スニーカーやスポーツサンダルは基本NGと考えてください。

■オープントゥのパンプスやサンダルはNGな場合も
オープントゥのパンプスやサンダルは、夏のきれいめスタイルに欠かせない靴ですが、企業によってはNGの場合もあります。OKの場合にも気を付けて欲しいのがペディキュアの色。ペディキュアをつけずに素の爪を見せるのはNGです。オフィスで目立たないベージュやモカといった、爪をきれいに見せてくれて上品な色みを選びましょう。

■ミュールはNGな場合が多い
ミュールはかかとの部分が固定されていなくて歩くときに音がするので、NGの企業が多いアイテム。NGでなくても人の足音が気になるのはいい気持ちがしないので、できる限り避けましょう。

■ブーツはショートならOKな場合が多い
冬の足元にマストアイテムのブーツ。オフィスカジュアルではショートはOKの場合がほとんどです。ロングブーツは企業にもよるので確認を。どうしても履きたい場合は、会社に着いたら置き靴と履き替えるなどして対応しましょう。

ここからは、オフィスカジュアルに最適な靴を具体的なコーデでご紹介していきます。オフィスカジュアルな服とのコーディネートにも、ぜひ参考にもしてください。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【1】「黒パンプス」を使った基本コーデ

 
オフィスカジュアルは業種や企業によってもOKとNGの線引きが曖昧なので、新卒で入社した場合や転職した場合などは、無難に黒パンプスを履くことからスタートするのがおすすめです。

女性らしいベージュ系のブラウスにパンツを合わせた上品コーデに、黒パンプスを合わせて。バッグも無難に黒で揃えるのがおすすめです。黒パンプスはベージュコーデを足元で引き締めてくれます。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【2】「ベージュパンプス」で好感度の高い上品コーデ

 
黒パンプスの次にオフィスカジュアルで失敗がないのが、ベージュパンプス。女性らしくて上品な印象になるので、オフィスでも好感度の高いカラーパンプスです。

白からベージュのワントーンコーデに特に映えるベージュパンプス。上品で大人っぽい着こなしです。ベージュパンプスは黒やネイビーとも相性がいいので、黒の次に揃えるならベージュがおすすめです。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【3】パンプスはヒールの高さも重要!おすすめなのは8cmまで

オフィスカジュアルにおすすめのパンプス
オフィスカジュアルに最適なパンプスですが、ヒールの高さも重要なポイントです。ヒールの高いのが苦手な人なら3cm、高い方が好きな人でも8cmまでにしておきましょう。高すぎるヒールはオフィスカジュアルではNGです。逆にぺたんこ靴がNGなケースも。適度なヒールの高さを選びましょう。

green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング)の「D プレーンポインテッド パンプス」は、シンプルなポインテッドパンプス。7cmヒールがオフィスカジュアルに最適で、足を美しく見せてくれる効果もあります。上品で落ち着いたグレーカラーもおすすめのカラーです。
green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング) D プレーンポインテッド パンプス(7cmヒール) / ¥10,692

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【4】「オープントゥ」で重めカラーコーデに抜け感を

 

kyooocoさん(@pearl3028)がシェアした投稿 -

オフィスカジュアルでは、指先が見える靴をNGとしている場合もあります。オープントゥのパンプスは、重めのカラーコーデの時などに足元に抜け感を演出してくれて便利なパンプスです。ただし、指先が少し見えるので、履く前にOKかどうか確認をしておきましょう。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【5】「ベージュサンダル」できちんと感のある夏の上品コーデ

 

ur's/ユアーズさん(@urs_official)がシェアした投稿 -

サンダルもオープントゥのパンプス同様に、指先が見えてしまうのでNGのケースがあります。マスコミや出版、アパレルなど比較的自由な社風の企業ではOKな場合も多いです。

サンダルがOKな場合も、できる限りベーシックな色を選ぶのがオフィスで浮かないコツです。ネイビーのワンピースにベージュのバッグとサンダルを合わせたコーデは、オフィスカジュアルで好感度の高いカラーでまとめたコーデ。ペディキュアの色にも気を付けましょう。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【6】「バレエシューズ」などぺたんこ靴はNGな場合も

バレエシューズを履いて仕事をする女性
バレエシューズはぺたんこ靴なのでNGな企業もあるでしょう。OKかどうか事前に確認しておきましょう。自由な社風の企業ではOKな場合もあります。今日は足元も大人可愛くまとめたい!といった気分の時にぴったりな靴。スカートスタイルと相性抜群です。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【7】「ローファー」はぺたんこ靴でもOKな場合も

 
学生さんの靴やメンズ靴のイメージの強いローファーは、企業によってOKかNGかが微妙に分かれる靴。ぺたんこ靴ではありますが、きちんと感はあるのでOKな場合も多いでしょう。

ヒールのある靴が苦手な人など、ローファーが履きたいという方もいらっしゃると思います。気分転換で足元をマニッシュにしたい、といった時にも使える靴です。

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【8】「ブーツ」はシンプルなショートブーツを

オフィスカジュアルにおすすめのショートブーツコーデ
ブーツも企業によってはNGな場合があります。ただ、現代のファッションにおいて冬の足元に欠かせないアイテムがブーツですから、ショートタイプならほとんどの企業ではOKでしょう。

ただ、たとえOKな場合でも、装飾が付いたタイプやカジュアル感が強いものはNGです。色もベーシックなものを選びましょう。NGの場合は会社に置き靴を置いて、通勤だけブーツを履くのもアリです。

green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング)の「KFC ラウンドショートブーツ」は、カジュアル過ぎないラウンドトゥで合わせるコーデを選びません。シンプルなデザインなので、色も黒を選べばオフィスに馴染んで目立ちません。
green label relaxing(グリーンレーベル リラクシング) KFC ラウンドショートブーツ(6.5cmヒール) / ¥10,692

オフィスカジュアルに最適な靴を使ったコーデ【9】おじ靴タイプはあえてスカートスタイルに

 
レースアップシューズなどサラリーマンの方がよく履いている“おじ靴”は、やはりメンズライクな印象になって女性がオフィスで履く靴としては、NGなケースもあるかもしれません。ただ、ローファーと同じできちんと感はあるので、OKな企業も多いのではないでしょうか。

ヒールが少しあるタイプのおじ靴は、冬ならタイツを合わせてパンプス感覚で履けます。マニッシュなパンツスタイルに合わせても素敵ですが、あえてスカートに合わせるのもおすすめ。ブーツと同じで足元にボリューム感が出るので、バランスのいいコーデになります。
オフィスカジュアルの靴は、パンプス以外だとOKな場合とNGな場合が曖昧なことが多く、選ぶのに困ってしまいます。企業の社風にも左右されるので、新卒で入社された方や転職で新しいオフィスで働く方は、事前に確認することをおすすめします。オフィスカジュアルの靴の選び方で一番重要なポイントはきちんと感。色やデザインにも気を付けて、オフィスで浮かない靴を選びましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。