FASHIONOCT.23.2018

オレンジに合う色はどんな色?オレンジコーデにおすすめの配色9選

オレンジにはダークなものから明るいライトな色みまでさまざまな種類があります。少しくすんだニュアンスのある色みのオレンジは、ベーシックな色みをたちまち垢抜けさせてくれてトレンド感のあるコーデに。そんなおしゃれなオレンジカラーですが、何色と合わせれば素敵なコーデになるのでしょうか。そこで今回は、オレンジに合う色を9つ厳選して具体的なコーデと一緒にご紹介します。オレンジコーデに迷った時などに、ぜひ参考にしてください。
オレンジにはダークなものから明るいライトな色みまでさまざまな種類があります。少しくすんだニュアンスのある色みのオレンジは、ベーシックな色みをたちまち垢抜けさせてくれてトレンド感のあるコーデに。そんなおしゃれなオレンジカラーですが、何色と合わせれば素敵なコーデになるのでしょうか。そこで今回は、オレンジに合う色を9つ厳選して具体的なコーデと一緒にご紹介します。オレンジコーデに迷った時などに、ぜひ参考にしてください。

オレンジに一番合う色はどれ?ベスト配色はこの9つ!

 

MOUSSY SNAPさん(@moussysnap)がシェアした投稿 -

オレンジブラウンやテラコッタ、ダークオレンジやコーラルなどオレンジの色みもさまざま。それぞれどんな色と組み合わせたらいいのか迷いますよね。今回はオレンジと合う色を厳選して9つ選びました。まずは9つの色の配色のポイントをチェックしてください。

■オレンジに合う色:ベーシックカラー

・白:白はどんな色と合わせても上品で大人っぽいコーデにまとめてくれます。おすすめなのは、ダーク系のオレンジよりも明度高めなライトなオレンジ。

・黒:黒は白以上に合わせる色を選ばない色。オレンジはどんな色みとも相性抜群です。テラコッタとの組み合わせはおしゃれで旬な雰囲気に。

・ネイビー:一見難しそうな配色のオレンジとネイビー。濃紺との組み合わせは意外とオフィススタイルにも使えます。

・グレー:暖色系のオレンジのトーンを落ち着かせてくれて、おしゃれ見えさせてくれるグレー。くすんだ色みのオレンジと合わせると冬におすすめの配色に。

・ベージュ:同系色なので非常に相性のいい配色。ベージュの上品さがオレンジを引き立てて、オレンジは地味になりがちなベージュコーデに程良いアクセントに。

・ブラウン:同系色のオレンジとブラウンは濃淡のような雰囲気になるので、当然相性のいい組み合わせ。赤みの強いオレンジブラウンがおすすめ。

■オレンジに合う色:その他

・アイボリー:ダークオレンジとアイボリーの組み合わせは、おしゃれで上品な雰囲気になるのできれいめなスタイルにおすすめの配色。

・カーキ:オレンジとの組み合わせは大人っぽい配色になって、おしゃれ上級者の雰囲気に。ぜひ大人女子に挑戦して欲しいカラーコーデです。夏は2色とも褪せた色みにして大人のアースカラーコーデもおすすめ。

・インディゴ:デニムのインディゴカラーと濃いめのオレンジとの組み合わせは、秋っぽい雰囲気になっておしゃれな配色。

オレンジに合う色【1】「白」と合わせればオフィスでもOKな上品コーデに

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

淡いライトなオレンジは白と合わせてオフィススタイルに。カジュアルなイメージのオレンジですが、白と合わせれば上品で女性らしい印象になります。白シャツはきちんと感と知的さもプラスしてくれます。ウエストと足元に少量の黒をプラスすると、コーデが引き締まります。

オレンジに合う色【2】「黒」とテラコッタは夏におすすめのおしゃれ配色

 
黒はどんな色みのオレンジとも相性がいいので、最もハズレの少ない組み合わせといえます。

オレンジの中でもテラコッタカラーとの組み合わせは、夏にぴったりでトレンド感があるので今最もおすすめの配色。ツートーンコーデできれいにまとめてもおしゃれですが、襟元にスカーフなどで他の色みを少量足せば、さらにおしゃれ上級者の雰囲気を作ることができます。

オレンジに合う色【3】「ネイビー」は濃紺を選べばオフィススタイルの差し色に

 
明度の高いオレンジでも、濃紺に合わせればオフィススタイルにも使える配色に。

ポイントはオレンジの分量を少なくすること。バッグや靴は白やベージュを選んで上品にまとめるのもポイントです。分量さえ間違わなければ、程良いアクセントになって好感度の高い配色に。

オレンジに合う色【4】「グレー」にオレンジブラウンを合わせて大人カジュアルな冬コーデ

オレンジとグレーの配色コーデ
グレーを使った冬コーデには、ダークオレンジやテラコッタのような色みがおすすめ。グレーはカジュアルなオレンジコーデを上品にまとめてくれます。

ニット素材のグレーやコーデュロイ素材のオレンジが、色みにニュアンスを与えてくれて大人カジュアルにおすすめの配色に。

オレンジに合う色【5】「ベージュ」とオレンジブラウンは秋の先取りコーデにおすすめ

オレンジとベージュの配色コーデ
トレンドのオレンジブラウンのTシャツをベージュのスカートに合わせたコーデ。夏の終わりなど秋を感じる時期にぴったりなコーデです。オレンジとベージュは同系色なので相性のいい配色です。

合わせる色によっては地味になってしまうベージュコーデを、ぐっとおしゃれな大人カジュアルにしてくれます。

オレンジに合う色【6】「ブラウン」には赤みの強いダークオレンジを

オレンジとブラウンの配色コーデ
ベージュ同様、オレンジと同系色のブラウンとは相性のいい配色です。赤みの強いダークオレンジとは、濃淡のような雰囲気になって◎。

ベージュよりのブラウンとなら、オレンジブラウンの分量を少なめに。バランスのいい配色になります。

オレンジに合う色【7】「アイボリー」トップスとオレンジのパンツコーデはキレカジ系におすすめ

オレンジとアイボリーの配色コーデ
ダークオレンジとアイボリーの組み合わせは、上品でトレンド感のある雰囲気になるのでオフィススタイルにもおすすめの配色。カジュアルスタイルにも使える配色で、カジュアルが上品に仕上がるのでキレカジ系の方におすすめです。

ブラウンだとシック過ぎる、ベージュだと上品すぎる、といった時に使える今どきカラーコーデです。

オレンジに合う色【8】「カーキ」との組み合わせは難易度もおしゃれ感も高レベル

 

Ayaさん(@aya_green1010)がシェアした投稿 -

カーキとオレンジの配色は難易度が高い分、マッチすればおしゃれ感がぐっと増す組み合わせ。オレンジのファーコートとカーキのスキニーパンツを合わせて休日の大人カジュアルスタイルに仕上げましょう。

インナーに黒を選んで、コーデ自体をクールな雰囲気にまとめたのがポイント。カーキとオレンジのいいつなぎ役になっています。

オレンジに合う色【9】「インディゴ」は濃いブラウン系のオレンジと合わせてトレンド感のある秋コーデに

 
デニムのインディゴカラーはネイビーよりも生地感に表情があるので、どこか土っぽいニュアンスのある濃いめのブラウン系オレンジがしっくり馴染みます。

オレンジのアイテムをトップスに持ってくる時にはその分量がポイントで、トップスをパンツにインする着こなしがオレンジコーデのポイントです。

オレンジに合う色で作るコーデ【1】オレンジ初心者はチェック柄から取り入れるのがおすすめ

チェック柄スカート
派手なイメージもあるオレンジ。なかなかコーデに取り入れづらい、と感じる場合はチェック柄からチャレンジしてみましょう。オレンジの面積が少ないので、トライしやすくなりますよ。

トレンドのフレアロングスカートは、白のVネックニットと合わせてシンプルに。キャメルのショルダーバッグとも相性がいいですね。

オレンジに合う色で作るコーデ【2】小物で取り入れて差し色に

オレンジのパンプス
オフホワイトのニットにロールアップデニムというシンプルなコーデ。白やインディゴブルーとも相性がいいオレンジのパンプスなら、コーデになじませつつ印象を華やかにしてくれます。差し色にしても足元だけ浮いて見える、ということがありませんね。

オレンジに合う色で作るコーデ【3】黄色や水色とも相性がいい

黄色×水色×オレンジ
上記でご紹介した色以外にも、オレンジに合う色はまだまだあります。それが黄色と水色。黄色はオレンジの同系色なので、お互いになじませやすいのです。また、水色はきつい印象にもなりがちなオレンジを柔らかく見せてくれます。

オレンジ・黄色・水色はいずれもアクセントカラーになる色ですが、相性のいい色同士なのでコーデが派手にならずにきれいにまとめられます。

オレンジに合う色で作るコーデ【4】オレンジのキャップでスポーツMIXコーデ

スポーツMIXコーデ
グレーのプリーツスカートに黒のスウェットパーカーを合わせたトレンドのスポーツMIXコーデ。オレンジのキャップを加えれば、人と差をつけた旬コーデが楽しめます。

バッグと足元はきれいめにまとめると、カジュアル過ぎず大人女子にもよく似合うスタイルになりますよ。

オレンジに合う色で作るコーデ【5】ワンカラーコーデのアクセントにオレンジをプラス

ワンカラーコーデ
オフホワイト×オフホワイトのワンカラーコーデ。淡い色味でワンカラーコーデを作るとぼやけた印象にもなりかねませんが、オレンジのニットを肩がけすればアクセントになり洗練された雰囲気に。足元は黒にすると全体の印象を引き締めてくれますよ。

オレンジに合う色で作るコーデ【6】オレンジのミニスカートで元気に

オレンジのミニスカート
ビタミンカラーであるオレンジのミニスカートは、元気でアクティブな印象。大胆に脚の肌見せをしてもいやらしくなく、ヘルシーに見えます。

トレンドのレオパードはオレンジとよく合う柄の一つ。子供っぽく見えることもあるカジュアル素材の台形ミニスカートを大人かわいく仕上げてくれます。

オレンジに合う色で作るコーデ【7】ベーシックコーデは色の組み合わせを楽しんで

ベーシックコーデ
ニットにワイドパンツを合わせたベーシックコーデ。オレンジ×グレーなら華やかさがありつつも、上品で大人っぽい配色になります。新鮮な色の組み合わせはそれだけで垢抜けて見えますね。カーキに近いベージュのファーバッグも、オレンジのニットと好相性です。

オレンジに合う色で作るコーデ【8】オレンジの花柄スカート×オレンジニットでなじませコーデ

水色の地にオレンジの花が描かれた、ガーリーでキュートなスカート。同じオレンジのニットなら自然になじんで見えます。オレンジをたくさん使っても、コーラルオレンジのように柔らかさのある色なら派手過ぎずかわいらしい雰囲気に仕上がります。

オレンジに合う色で作るコーデ【9】オレンジのコートでスパイスを

オレンジのコート
ベーシックアイテムで作るシンプルコーデは、誰にでも似合うものの無難な印象になってしまうことも。アウターでオレンジを取り入れるのは大胆ですが、ワードローブに取り入れるだけで毎日のコーデにアクセントを付けてくれます。白のニット×デニムのコーデもいつもと違って見えるはずです。
オレンジは明度の高いライトな色も大人可愛くて素敵ですが、ブラウン系のくすんだオレンジはコーデをぐっと旬な雰囲気にしてくれます。きれいめでオフィスに使える配色からカジュアルでおしゃれな配色まで、上手にオレンジをコーデに取り入れておしゃれを楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。