BEAUTYFEB.04.2019

一重に似合うアイシャドウは?塗り方や色選びのコツをご紹介

一重にはどんなアイシャドウが似合うのでしょうか?一重の場合、アイシャドウの色選びがとても重要になってきます。一重のアイメイクに似合うアイシャドウの選び方や塗り方、デカ目に仕上げるコツについてご紹介します。
一重にはどんなアイシャドウが似合うのでしょうか?一重の場合、アイシャドウの色選びがとても重要になってきます。一重のアイメイクに似合うアイシャドウの選び方や塗り方、デカ目に仕上げるコツについてご紹介します。

一重のアイシャドウ選びのコツ

赤ちゃんの目元
まぶたに厚みがあり、腫れぼったい印象のある一重さんは、アイシャドウの選び方次第で目の印象が大きく変わってきます。一重の場合のアイシャドウ選びのコツについてご紹介します。

■できればマットを選ぶ
一重さんのアイシャドウは、極力マットに仕上げた方が魅力的な目元に仕上がります。一重さんの場合は、マットで自然な陰影をつけるメイクが似合います。アイプチやアイテープなどに頼らなくても、アイシャドウの塗り方次第で、大きな目元を作ることができます。

ラメやグリッター系のアイシャドウは、目の大きさがアイシャドウに負けてしまい、余計に目が小さく見えてしまいます。大粒のラメが入っているものや、輝きが目立つようなアイシャドウは避けるようにしましょう。

■ブラウンばかりに頼らない
アイシャドウ=ブラウンという意識が強く、陰影をつけるようなアイシャドウテクニックを使っている人も多いと思います。陰影をつけるメイクは、一重さんにとってベーシックなアイシャドウテクニックではありますが、そればかりに頼ってしまうのはもったいないです。

ブラウンばかり使うのではなく、パステルカラーやビビッドなカラーまで、使い方次第で色々なカラーを楽しむことができます。ブラウンを使った無難なメイク法だけでなく、様々なカラーを使ったメイクも楽しんでみてください。

一重のアイシャドウの塗り方【1】基本編

アイシャドウを乗せている人
一重さんのアイシャドウのベーシックといえば、ブラウンを使った陰影メイクです。まずは、基本となる陰影メイクのやり方をご紹介します。

■アイホールに明るいカラーを乗せる
まずアイホール全体に明るいカラーを乗せていきます。マットなカラーが揃ったアイシャドウパレットを使うと、全体的にまとまりのある陰影メイクができます。その中でもっとも明るいカラーをアイホール全体に伸ばしていきましょう。

■ブラウンを目のキワに乗せる
次にブラウンのカラーを目のキワの部分に乗せていきます。ブラウンのカラーは、中間色だとナチュラルな印象になり、濃い色だと強めな印象に仕上がります。自分のなりたいスタイルに合わせて、ブラウンの色を選ぶようにしましょう。

目のキワの部分にアイラインを引くような形で、アイシャドウを乗せていきましょう。

■上に向かってぼかす
先ほど塗ったブラウンのカラーを上に向かってぼかしていきます。ぼかしていく位置は、平行二重ラインの位置までです。この部分までしっかりぼかすことによって、二重コスメを使っていなくても、二重であるかのように見せることができます。

色味が足りなかった場合は、またキワの部分にブラウンの色を足して、色味のバランスを取っていきましょう。

一重のアイシャドウの塗り方【2】涼しげメイク

ブラシでアイシャドウを塗っている人
一重のアイシャドウといえば、ブラウンを使った陰影メイクが定番です。しかし、ブラウンのアイシャドウばかりでは、今一つ華やかさに欠けてしまいます。そんな時におすすめな、涼しげでかっこよさのあるアイシャドウの使い方についてご紹介します。

■寒色アイシャドウを乗せる
まずは寒色系のアイシャドウをアイホール全体に乗せていきます。寒色系のアイシャドウは、もともと切れ長でかっこいい印象のある一重さんにぴったりのカラーです。ブルーやパープル、グリーンなどの寒色系アイシャドウを乗せると、印象がすっきりして、魅力的な涼しげアイを作ることができます。

■目のキワにはグレー系
普段はブラウンしか使わないという人も、あえて目のキワの締め色をグレーにしてみるという方法もあります。グレーやカーキというような色味は、締め色としての役割もしっかり果たしながら、ブラウンよりは印象強く、黒よりは柔らかく仕上げることができます。涼しげな目元を作るにはぴったりなカラーです。

一重のアイシャドウの塗り方【3】暖色系メイク

色々なカラーのアイシャドウパレット
一重さんのアイシャドウの中で、敬遠してしまうカラーといえば、ピンクや赤です。かわいらしい印象に仕上がるピンクや赤は、一重さんが使うと腫れぼったくなってしまうのでは?と考える人が多いです。

しかし、実際には使い方次第で、かわいらしい印象の目元を作ることができます。一重さんが暖色系アイシャドウを使う場合は、ピンポイントで色を乗せるようにしましょう。まぶた全体に乗せてしまうと、どうしても腫れぼったさが出てしまうことがあります。

ピンクや赤など、かわいらしい雰囲気を活かしながらメイクすることができます。アイホール全体に明るめのカラーを乗せてから、目尻側にピンク系のアイシャドウを乗せていきます。内側に向かって少しぼかして、色の境目をナチュラルに仕上げていきましょう。

アイライン状に引いて仕上げるのもおすすめです。
一重のアイシャドウについてご紹介しました。一重さんでアイシャドウの色選びが難しいと思っている人もいるかもしれませんが、ポイントを押さえるだけで、色々なアイメイクを楽しむことができますよ。ぜひ一重に似合うアイシャドウを使って、今までとは違ったアイメイクを楽しんでみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック