FASHIONJUN.29.2019

シャツをおしゃれにアウトで着たい!おすすめコーデ&着こなし術

オールシーズン活躍してくれるシャツは、着こなし次第でおしゃれの見せ方を変えることができます。ここ最近はボトムにインしたスタイルが人気ですが、こなれ感を出すならアウトスタイルもおすすめです。
オールシーズン活躍してくれるシャツは、着こなし次第でおしゃれの見せ方を変えることができます。ここ最近はボトムにインしたスタイルが人気ですが、こなれ感を出すならアウトスタイルもおすすめです。

シャツをアウトでおしゃれに着たい!

シャツとカーキパンツコーデ
オールシーズン、そしてシーン問わず活躍してくれるシャツは、何枚持っていても飽きない定番のファッションアイテムですよね。
そんなシャツは、ここ最近ボトムにインしたスタイルが人気ですが、おしゃれ女子は上手にアウトスタイルも楽しんでいます。

シャツの裾を出したままにするアウトスタイルは、コーデにメリハリをつけにくくなるので、ゆるいシルエット同士を合わせてしまうと寸胴体型に見えてしまうのが難点。

ですが、シャツの選び方や着こなし方に工夫をすれば、インスタイルよりもこなれて見せることができますよ。

そこで今回は、シャツをアウトでおしゃれに着るコーデや着こなし術をご紹介します。

シャツをアウトにしたコーデ術【1】すっきりしたパンツを合わせる

シャツ×パンツコーデ
シャツをアウトスタイルで着こなしたいときは、基本的にパンツを合わせることがおすすめです。
このときのパンツは、タイトですっきりしたシルエットのものか、足首に向かって細くなっていくようなシルエットを選ぶことがポイント。

トップスがラフな分、ボトムですっきりさせるとバランスを取ることができて、おしゃれに見せることができます。

シャツをアウトにしたコーデ術【2】ショート丈のシャツをチョイスする

ショート丈のシャツ×ジーンズコーデ
ショート丈のシャツであれば、アウトのままスタイルアップ効果を狙うことができますよ。
ハイウエストパンツやハイウエストスカートと組み合わせて、腰の位置を高く見せてみて!

アウトスタイルに合わせにくいロングスカートも、ショート丈のシャツなら履きやすくなるでしょう。

シャツをアウトにしたコーデ術【3】シャツとレーススカートを重ねる

シャツ×レーススカートコーデ
白や黒のショート丈シャツであれば、そのシャツの色に合わせたレーススカートを組み合わせて、繋がっているように見せるのもアリ!

これならアウトスタイルでも違和感なく、トレンドライクな爽やかコーデにすることができます。
デニムとスポーツサンダルを合わせて、カジュアル寄りの着こなしをすることがおすすめです。

シャツをアウトにしたコーデ術【4】ウエストマークでメリハリを出す

シャツ×スキニーパンツコーデ
丈が長めのシャツは、そのままアウトスタイルにしてしまうとだらしなく見えてしまうことがあります。

そのときに活躍してくれるのがベルト!
ウエストマークをすることによって、コーデにメリハリを出すことができるので、すっきりした着こなしができますよ。
シャツにボリュームがあるので、スキニーパンツなどでバランスをとってみて。

シャツをアウトにしたコーデ術【5】同じ柄でセットアップ風に着こなす

チェックのセットアップコーデ
チェック柄のシャツであれば、同じチェック柄のショートパンツなどを合わせて、セットアップのように着こなしてみましょう。
アウトスタイルでも違和感なく、統一感のあるコーデにすることができます。

ショートパンツなら、ショート丈のシャツにもロング丈のシャツにも合わせやすいので、一枚あると便利ですよ。

シャツをアウトにしたコーデ術【6】半分だけインしたスタイルにする

コーデュロイシャツとパンツコーデ
こなれ感を出したシャツコーデにしたいときは、アウトとインをハーフ&ハーフで取り入れてみてはいかがでしょうか。

シャツのボタンを一番下までかけるのではなく、2~3個ほどあけておき、左右どちらかだけの裾をインする着こなし術です。
アシンメトリーな着こなしが、おしゃれ上級者感を漂わせてくれますよ。

シャツをアウトにしたコーデ術【7】ニットトップスをレイヤードする

ニット×シャツコーデ
秋冬や春先にかけておすすめのアウトスタイルが、ニットトップスとレイヤードすることです。

シャツを下にして、ニットトップスを上から着たとき、あえてシャツの裾を見せることでこなれ感を増すことができます。
長めのシャツでもおしゃれに着こなすことができるので、悩んだときはレイヤードコーデにチャレンジしてみて!

シャツをアウトにしたコーデ術【8】ラフなパンツと合わせてリラクシーに

シャツ×パンツコーデ
フロントとの前後差があるシャツであれば、コーデ全体のバランスをあまり考えずにアウトスタイルを楽しむことができます。

特におすすめなのは、ラフなパンツを合わせること。
ゆったりしたシルエット同士ですが、前後差によってある程度すっきり見せることができ、リラクシーなコーデにすることができますよ。

シャツをアウトにしたコーデ術【9】アウターとして羽織る

シャツ×ワイドパンツコーデ
シャツをアウトにして着こなしたいときは、ボタンをすべて外してアウター代わりにすることもおすすめです。

シンプルなタンクトップやTシャツの上から、さっと羽織ればいいので誰でもチャレンジしやすい着こなし方!
きっちりしたシャツもラフに見せることができるので、決めすぎないコーデを楽しみたいときにもgood。
シャツをアウトでおしゃれに着るコーデや着こなし術をご紹介しました。インとアウトで着こなし方を変えていけば、おしゃれの幅を広げることができます。ぜひ気になったアウトスタイルにチャレンジしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック