FASHIONSEP.21.2019

秋こそノースリーブを楽しむ!羽織りものや重ね着テクニックを伝授

秋コーデの気温調節に役立つノースリーブ。素材によっては1枚でも着れますし、羽織りものをプラスしたり、重ね着を楽しむことも。今回はノースリーブトップスを使った秋コーデをご紹介します。
秋コーデの気温調節に役立つノースリーブ。素材によっては1枚でも着れますし、羽織りものをプラスしたり、重ね着を楽しむことも。今回はノースリーブトップスを使った秋コーデをご紹介します。

ノースリーブトップスは秋も大活躍!

 
ノースリーブトップスはいつからいつまで着ることができるの?という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

ファッションは自由に楽しむものなので、正解はありません。ただし日本の気候的なことを考えると、やはりノースリーブでお出かけできるのは、冬を除いた春・夏・秋。

特に秋は残暑が残るせいで10月くらいまでは暖かい日が続きます。

ニット素材のノースリーブであれば、1枚で着ても違和感はありません。ファー小物やニットキャップ、スウェードのハットなど、秋らしい小物をプラスするのがおしゃれ見せのコツ。

しかし綿素材となるとさすがに寒いので1枚では難しいです。

そこで気になるのが何を羽織るか?というアウター問題。厚手アウターではまだ暑い時は、カーディガン類やネルシャツ、薄手のコートが役立ちます。

また、ノースリーブを使った重ね着も、秋ならではのコーデに。シャツの上にニットノースリーブを着たり、レイヤードの一番下にノースリーブを着るのも気温調節テクニックとして効果的でしょう。

秋のノースリーブおすすめコーデ【1】シャツを羽織るコーデは配色で秋っぽく

 
黒いノースリーブに、テロンとしたカーキのシャツを羽織る初秋のコーデ。ボトムも黒で揃えて、カーキとの落ち着いた配色で季節感を表現します。

9月でもまだ暑い日がありますが、いくら暑くても大人女子的にはノースリーブ1枚で出かけるわけにはいきません。そんな時は、秋色のシャツをサラッと羽織ると便利です。

秋のノースリーブおすすめコーデ【2】オフィスシーンではスーツのインナーに

 
秋らしいグレーのダブルスーツのインナーに、ノースリーブのリブニットを着るお仕事スタイル。ノースリーブは定番の白ではなく黒をチョイスして秋の装いに。

アフターファイブはジャケットを肩掛けしてチラッと肌見せするのもおすすめ。シンプルなカラーリングなので、小物でアクセントカラーを投入すると効果的です。

秋のノースリーブおすすめコーデ【3】レースキャミにはざっくりカーディガンで暖かみをプラス

 
気温調節が難しい秋にぴったりのカジュアルコーデ。ブラウンのノースリーブにざっくりカーディガンを羽織る異素材の組み合わせで、おしゃれ度もアップします。

両方ともブラウンで統一するのが、秋らしく仕上げるポイント。ボトムはデニムでラフに仕上げても、ロングタイトスカートで大人可愛く仕上げても良いでしょう。

秋のノースリーブおすすめコーデ【4】ノースリーブワンピースは素材とカラーで秋を意識して

 
パーティーなどに便利なノースリーブワンピースは、季節を問わず着られるアイテム。それだけにカラーや素材で季節感を表現するのが上級者。

深いグリーンに黒い花柄というダークカラーの組み合わせなら、秋っぽさ満載。光沢のある厚手の素材やベルベットなどを取り入れれば、ノースリーブの肌見せも帳消しになります。

秋のノースリーブおすすめコーデ【5】デニムジャケットを羽織ってほど良い肌見せを

 
デニムジャケットは、気温調節が必要な秋と春に活躍するアウター。とはいえ、羽織る時は季節感があるアイテムとの組み合わせを意識するのが肝心。

秋カラーのノースリーブワンピースに、肩抜きで羽織ってこなれ感のあるコーデに。足元の名脇役であるスニーカーも、白ではなく黒が正解です。

秋のノースリーブおすすめコーデ【6】定番カジュアルにはカーディガンをプラス

 
秋のノースリーブコーデといえば、カーディガンを忘れるわけにはいきません。サラッと羽織るだけで、秋カジュアルが品のある見た目に。

白やベージュなどのペールカラーよりも、グリーンやピンクなどのハッキリしたカラーで存在感をアピールした方が秋らしく仕上がります。

秋のノースリーブおすすめコーデ【7】秋コーデに重宝するノースリーブの羽織りもので

 
ノースリーブの羽織りものであるジレを着られるのも、秋ファッションの楽しみ。いつものデニムコーデにプラスするだけで、グンと秋っぽさが増します。

カジュアルのみならず、オフィススタイルにも違和感なく取り入れることが可能。どんなカラーとも馴染みの良いライトグレーのジレが1枚あれば、コーデの幅も広がります。

秋のノースリーブおすすめコーデ【8】ノースリーブタートルネックはアウターなしでも秋っぽいコーデに

ノースリーブタートルネック×グレンチェックサロペット
黒いノースリーブタートルネックは、アウターなしでも着られる秋トップス。同じく秋っぽいグレンチェックのサロペットで、肌見せしても寒々しさを感じない秋コーデに。

着心地抜群の楽ちんコーデですが、配色できちんと感を表現しています。さらに季節感を出したい時は、ファー小物やカーキのアウターを手持ちにしてみましょう。

秋のノースリーブおすすめコーデ【9】ロングカーディガンをサラッと羽織れば寒い日も安心

ノースリーブ×ロングカーディガン
ロングカーディガンも、秋のノースリーブコーデに便利なアウター。特にきれいめコーデには重宝します。

ブラウンのノースリーブニット×ネイビーのテーラードパンツで好印象の着こなしに。同じくマストカラーであるグレーのロングカーディガンなら、品の良さをキープしたまま大人見えも叶えてくれます。
秋コーデにもノースリーブは大活躍。羽織りものや重ね着のポイントをマスターして、カラーリングに注意しながらノースリーブアイテムをうまく着こなしてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック