TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

パーカーの重ね着をマスター!おしゃれなレイヤードコーデを徹底解説

肌寒い季節の味方と言えば「パーカー」ですが、ただ羽織るだけの着こなしには飽き飽き。そんなあなたは、パーカーの「重ね着」テクニックで、カジュアルでもワンランク上の着こなしを実現しませんか?そこで今回は、パーカーの重ね着テクニックを9つのコーディネートから徹底解説します!

レディースのおしゃれなパーカーの着こなしはズバリ「重ね着」!

 

cococafe◡̈♥︎さん(@cococafe39)がシェアした投稿 -

カジュアルな羽織ものと言えば、「パーカー」。しかし、ただパーカーを一枚で羽織るだけではラフな印象が強く、部屋着感のある着こなしになりがちです。

しかし、そんなパーカーも「重ね着」をするだけで、ワンランク上の大人カジュアルコーデに仕上げることが可能!ここで、そのおしゃれテクニックを学びませんか?

そこで今回は、パーカーを使ったレイヤードコーデを9パターンご紹介しつつ、重ね着のおしゃれなテクニックを徹底解説します!周りとは一味違うパーカーの着こなしを、ここで一気にチェックしましょう。

パーカーの重ね着【1】ワンピースと合わせてこなれ感のあるコーデに

 

morita_sanさん(@moritasan7599)がシェアした投稿 -

人とは被らない、おしゃれなパーカーコーデを楽しみたい方にはこの組み合わせがおすすめ!パーカー×スキニーパンツのベーシックな着こなしに、薄手のワンピースをアウター代わりにさらっと羽織ると、カジュアルなテイストが控えめのおしゃれなコーディネートに仕上がります。

パーカー×ワンピースの重ね着のポイントは、「袖」にあります。まずはワンピースの袖を軽く捲り、その上からパーカーの袖を折り返しましょう。こうすることで、手首を綺麗に見せることができる上に、袖が下がってこないため、ストレスなく着こなすことができるのです。

パーカーの重ね着【2】ダウンジャケットがダサいのは嘘!一気に旬のコーディネートに仕上がる

寒い冬なら、パーカーにダウンジャケットを重ねてみてはいかがでしょうか。白のコンパクトなサイズ感のパーカーに黒のゆったりめのダウンジャケットを羽織り、ダボっと感のないバランスの取れたスタイリングに。

さらに、ボトムスはニットのタイトスカートをチョイスすれば、女性らしいシルエットを作り上げることが可能です。

パーカーとダウンジャケットでメンズライクになりがちなところを、タイトスカートで抑えているところがポイント。足元はあえてスポーティーなスニーカーを合わせることにより、抜け感のあるイマドキのコーデに仕上げています。

パーカーの重ね着【3】マウンテンパーカーならメンズライクでも女っぽコーデに

ここでは、マウンテンパーカーとスウェットパーカーの着こなしをご紹介。白シャツと黒スキニーパンツのベーシックな着こなしに、ブラックのパーカー、カーキのマウンテンパーカーを重ねたコーディネートです。インナーとアウターの間に黒のパーカーを挟むことにより、コーデの全体の印象を引き締める効果を期待できます。

足元にはスニーカー、鞄はリュックを選ぶと、アウトドアにぴったり!とは言えこちらの組み合わせだと、マウンテンパーカーの印象も相まってメンズライクな雰囲気が強いため、ヘアスタイルをお団子にし、女性らしいエッセンスをプラスすると良いでしょう。

パーカーの重ね着【4】寒い日にはデニムシャツ×ジャケットで防寒対策を

特段に寒い日には、3段階の重ね着でとことん防寒対策を!薄手のデニムシャツの上からパーカー、さらにその上にアウターを羽織ると、冬にぴったりのレイヤードコーデの完成です!

着膨れしないように、パーカーやデニムシャツは薄手のものを選ぶ、もしくはアウターはゆったりとしたサイズ感のものを選ぶのがポイントです。

ボトムスにデニムパンツを持ってきているため、あえてデニムシャツを仕込むことにより、統一感のあるコーデに。デニムonデニムで、ワンランク上の大人カジュアルコーデに仕上がっています。

パーカーの重ね着【5】モッズコートを合わせるなら縦ラインを強調してみて

丈の長いモッズコートを羽織るのであれば、縦のラインを強調したコーデに仕上げてみてはいかがでしょうか。

白のスウェットパーカー×くすみオレンジのマキシ丈スカートのカジュアルな着こなしに、ロング丈のモッズコートをオン。縦のラインが引き立てられ、スタイルアップを狙えるところがポイントです。

足元は大人カジュアルの定番であるコンバースのスニーカーで、カジュアルコーデをとことん抜かりないものに。さらに、コーデ全体を黒×白×オレンジの3色でまとめ、統一感のあるスタイリングに仕上げているところも、おしゃれさんならではのテクニックだと言えます。

パーカーの重ね着【6】ダッフルコートとのレイヤードなら知的な印象に

パーカーの着こなしに「ダッフルコート」をプラスするだけで、カジュアル感が抑えられて知的な印象に。

グレーのスウェットパーカー×黒スキニーパンツでリラックス感のあるスタイリングでも、ロング丈のダッフルコートを合わせるだけで、きちんと感のある大人っぽいコーデに仕上がっています。

逆に言うと、ダッフルコートを程よくカジュアルダウンして、イマドキの「抜け感」を演出するのに、スウェットパーカーが大きな役割を果たしてくれます。気取った感のないこなれた雰囲気の着こなしに仕上げたいのなら、ぜひアウターにダッフルコートをチョイスしてみてください!

パーカーの重ね着【7】パーカーとレイヤードするなら素材感や色の違うものを

パーカーとパーカーの重ね着は、ファッショニスタから注目されている着こなし。上級者向けですが、他の人とは一味違うおしゃれなカジュアルコーデに仕上げることが可能です。そこで重ね着のポイントは、「素材感」や「色」が異なるパーカーをレイヤードするところにあります。

インするパーカーは、前を閉めてインナー風に。その上から重ねるアウターは、さらっと羽織ましょう。このようにレイヤードすることにより、ガチャガチャとした、まとまりのない子供っぽい重ね着に仕上がることなく、大人の着こなしを手に入れることができるのです。

パーカーの重ね着【8】辛口のスパイスを加えるなら「Gジャン」がおすすめ

 

YURI TAKAHASHIさん(@lily112988)がシェアした投稿 -

パーカーコーデに辛口のスパイスを加えるなら、「Gジャン」を合わせてみて!白パーカーにベージュのマキシ丈スカートでラフな着こなしも、Gジャンを組み合わせることによって一気に引き締まり、カジュアル過ぎない大人の女性にぴったりのコーディネートに仕上がります。

黒のGジャンに合わせる際には、「白」のパーカーを選ぶのがポイント。グレーは落ち着きはあるもののカジュアル感が強くなりますし、ブラックだとキツイ印象になってしまうのです。白だと品の良い印象に仕上がるので、Gジャンに合わせる場合にはぜひ参考にしてください。

パーカーの重ね着【9】合うのはアウターだけではない!ジャンパースカートもアリ

 

パーカーとの相性が良いのは、アウターだけではありません。「ジャンパースカート」や「ワンピース」とのレイヤードも、おしゃれな着こなしに仕上がるのでおすすめです。

ここでご紹介するのは、黒のジャンパースカートに白パーカーをインしたスタイリング。カジュアルなパーカーを合わせることにより、ジャンパースカートの甘い印象、子供っぽい印象を払拭することができます。

足元はあえて赤のバレエシューズ×白ソックスで、品の良い印象を後押し。カジュアルテイストと品の良さを融合した、バランスの良いコーデだと言っても過言ではありません!


いかがでしたか?今回は、パーカーの重ね着を主役としたおしゃれなコーデを一挙ご紹介しました。パーカーは、アウターを筆頭にワンピースやジャンパースカートなど、様々なアイテムとの重ね着との相性抜群。カジュアルになりがちなパーカースタイルも、ワンランク上のこなれ感のあるコーデに仕上がるのです。ぜひ参考にして、肌寒い季節にはパーカーを使ったレイヤードコーデを楽しんでください!

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ