LIFESTYLEOCT.11.2018

面接前はマナー確認!入室や退室、受け答えなどスマートにこなすコツ

就職や転職の際に受ける面接は、書類だけでは伝えられない、あなたの魅力をアピールする場所です。そこで今回は、面接の入室や退室、質問の答え方や内容など、面接のマナーについてご紹介します。
就職や転職の際に受ける面接は、書類だけでは伝えられない、あなたの魅力をアピールする場所です。そこで今回は、面接の入室や退室、質問の答え方や内容など、面接のマナーについてご紹介します。

面接でのマナー【1】服装やメイク

面接の服装マナーに合っている女性
■服装

服装は、面接の印象を大きく左右しますよね。

就活や転職する際には、スーツ着用が基本マナーです。パンプスと、ビジネス用のバッグを合わせましょう。ストッキングはベージュをセレクトしてくださいね。シャツやブラウスのシワには気をつけましょう。

アルバイトの面接の場合は、スーツではなくてOKです。
ただし、派手な服や露出が高い服はやめて、清潔感のあるシャツやジャケット、スラックスやチノパン、フレアスカートなどがおすすめです。きちんと感のある上品でシンプルなコーディネートがマナーです。汚れたスニーカーや、ヒールの高い靴も避けた方が良いですね。アクセサリーは外していきましょう。


■ヘアスタイル、メイク

就職や転職の際の面接では、長い髪は後ろでしっかりと結びましょう。黒やネイビーのゴムで、後れ毛などは残さないように、しっかりまとめます。

ネイルはしない方が良いですね。メイクもナチュラルメイクが基本です。

ただし、アパレル関係の面接の場合は、私服で面接に臨む場合もあります。応募先のブランドのテイストに合った服装やメイク、ヘアスタイルを選びましょう。

面接でのマナー【2】履歴書や職務経歴書

面接でマナーの良い女性
履歴書や職務経歴書は、誤字脱字がないように、黒のペンで丁寧に書きましょう。修正液を使うのはNGマナーです。

面接の際に必ずと言っていいほど聞かれる志望動機や趣味は、面接を想定した、自己アピールしやすい内容を書くのがおすすめです。

転職の面接の際に必要な職務経歴書は、「職務経歴」の他、「日時」「業績」「役職」「具体的な数字」「自己PR」など、小見出しを作って、読みやすい形式で書くようにしましょう。長々と書かず、簡潔にまとめます。

詳しく書きすぎると、読むまでに時間がかかりますし、面接での会話のキッカケにもなりにくくなります。A4用紙2枚~4枚程度が理想ですね。

面接でのマナー【3】面接の際は

面接を受けている女性
■明るくしっかりと話す

面接中だけでなく、電話で面接の応募をする際も、明るくしっかりと話すと好印象ですね。
敬語がきちんと使えることや、礼儀や基本のマナーをおさえている所も、社会人として信用されるポイントです。

短時間でアピールしなくてはいけない面接では、質問の答えをあらかじめ用意しておくと、スムーズに答えることができますし、十分にあなたの魅力を伝えることができます。


■志望動機

面接で必ず聞かれるのが志望動機です。

・会社に対する熱意
・会社に貢献する気持ちがあるか
・どのような仕事をしたいか
・他社との違い

などを織り交ぜて、きちんと話せるよう準備しておきましょう。聞かれるとわかっている志望動機をしっかりと準備しておくこと自体も、強いアピールにつながります。

また、せっかく採用しても、すぐ辞められては困りますよね。新卒や中途採用の転職のどちらでも、採用担当者は、長く働く気があるかどうかも見極めたいと思っています。

特に、女性の場合は、結婚や妊娠、出産、子育てなどで、退職や休職することもあります。最初から「結婚の予定があります」「妊活中です」などと話してしまうと、残念ながら合格の可能性は下がってしまうこともあります。


■性格

面接でアピールしたい性格は、

・仕事に対するやる気
・社風に合うか
・誠実な人柄
・真面目
・新しい事や辛い事態にも対応できるか
・長所や短所


などを伝えることができるのが理想です。学生の頃や前職までのエピソードでアピールできると良いですね。

短所については、「慎重な性格」「凝り性」などのような、長所にもなり、仕事でも役立つような性格を答えるのがおすすめです。


■成果

また、大学や専門学校などの学生時代にしていたアルバイトや、前職までの仕事で、自分が出した成果についても、しっかりと話したいですね。

上手くいったことを伝える事は大切ですが、

・どのように工夫したか
・どのような事に注意したか
・上手くいかない時にどう対処したか
・周りの人間とどう連携したか
・どのように結果が変化したか

などを伝えるのがおすすめです。


■転職理由

志望動機と同じくらい転職や退職の理由は、採用担当者も気になるポイントです。
前職についてネガティブな事は言わず「スキルアップのため」「御社の発展に、自分を成長させながら貢献したいと強く思ったため」などの理由がおすすめです。
志望動機や、応募先の魅力についても触れるのが良いですね。


■集団面接では

集団面接の場合は、他の人が答えている間の態度も意外に見られています。
自分の答える内容を考えることに夢中にならず、頷いたり、微笑んだりと、聞いている態度を示しましょう。

面接でのマナー【4】面接の流れ

面接を受けている女性
■面接前

応募先の事務所や受付などでお店に着いたら、「〇〇時に、〇〇部の〇〇様と面接のお約束をしております、〇〇〇〇と申します。」と一声掛けましょう。5分前には面接会場に着いているのがマナーです。

この時、コートは脱いで、肩掛けしているバッグも手で持つようにしましょう。スマホの電源をオフにするのも忘れないようにしましょう。メモ帳やスケジュール帳、ペンも持って行きましょう。


■入室

面接の会場に案内されたら、面接官がすでに室内にいる場合は、ドアを3回ゆっくりノックして、反応を待ちます。「どうぞ」と言われたら「失礼いたします」と言って入室します。

面接では、第一印象は大切です。入室する際は、軽く面接官に微笑みながら、もう一度「失礼いたします」と言って一礼し、入室しましょう。集団面接の場合は、前の人についていきます。

その後、椅子の横まで歩いていきます。椅子の左側に立ったら「〇〇〇〇です。本日は、お忙しいところお時間をいただき誠にありがとうございます。よろしくお願いいたします」と一礼します。面接官に「座ってください」と言われたら座ります。バッグは床に置きましょう。


先にあなたが入室し、面接官を待っている場合は、下座に座って待ちましょう。
面接官が入室してきたら立ち、微笑みながら「〇〇〇〇です。本日は、よろしくお願いいたします」と一礼しましょう。面接官に名刺を出されたら、名前を名乗ってから受け取りましょう。
「どうぞ座ってください」と言われたら座ります。背筋を伸ばして椅子に浅く腰掛けましょう。手は膝の上に乗せるのが良いですね。


■履歴書を手渡しする場合

履歴書を持参する際は、白のA4サイズの封筒に入れて持参します。履歴書は、クリアファイルに入れてから封筒に入れます。

表書きは封筒の左下に赤のペンで「履歴書在中」と書きます。裏には、封筒の左上に日付、左下に住所と氏名を書きます。全て縦書きで書きましょう。

採用担当者に履歴書を渡す場合は、クリアファイルに入れたままの履歴書を、入れてきた封筒の上に重ね、面接官が読みやすい向きで渡しましょう。
「こちらが私の履歴書です。よろしくお願いいたします」と言いながら渡しましょう。


■面接終了後

面接後は「本日はありがとうございました」と明るくお礼を言いましょう。椅子から立ち、「失礼します」と言って一礼し、ドアの前まで歩いていきます。

退室前に、ドアの前で立ち止まり、面接官の方を向いたら、深く一礼して、退室しましょう。
面接では、社会人としての基本的なマナーができているかもチェックされています。希望した就職先の合格を勝ち取るために、面接を受ける際は、ぜひもう一度マナーを再確認してから臨みましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。