LIFESTYLE
APR.26.2020

洋服代を節約する方法が知りたい!服を買うときのコツや注意点

洋服代を節約する方法が知りたい!服を買うときのコツや注意点 洋服代を節約する方法が知りたい!服を買うときのコツや注意点

おしゃれさんにとって、光熱費の節約はできても、洋服代の節約は難しく感じてしまうもの。それでも洋服代を抑えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、節約しながらおしゃれをする方法などをご紹介します。

洋服にお金をかけてる?

 

さまざまなトレンドアイテムが生まれるファッション界では、おしゃれなアイテムがたくさんありますよね。

おしゃれを楽しみたい方にとっては、トレンドアイテムや自分が気に入ったアイテムをどんどん買っていきたいと思っているのではないでしょうか。

実際に、食費や日用品費はどうにか節約できても、洋服にかかる出費を思うように抑えられないという方もいます。
服が好きな方にとって、洋服代を節約するのはなかなかハードルが高いもの。

しかし、洋服代はうまくコントロールをしていかないと、出費がどんどん増えてしまうので、貯金をできなくなってしまうことも!

そこで今回は、洋服代の理想や買ってしまう原因、節約のポイント、節約をしながらおしゃれを楽しむコツなどをご紹介するので、洋服にお金をかけている方はぜひチェックしてみてください。

1ヶ月の洋服代の平均

 

実際に1ヶ月の洋服代の平均についても見てみましょう。

理想的な被服費の割合は、収入の2~3%と言われていることをご存知でしたか?
例えば、月収30万円の人なら、被服費3%だとすると9,000円ということになります。

一着3,000円のものであれば、ひと月に3着くらいのペースで新調できるという計算になりますが、そんなに収入がない方や家族がいれば、予算を立てていても上回ることが多いですよね。

実際に皆さんはいくらぐらい使っているのか……収入はもちろん、年代や自分の今の暮らしによって変わってくると思うので、年代別・OL・ママさんに分けてご紹介します。

年代別

まずは年代別で1ヶ月の洋服代の平均を見てみましょう。
年齢を重ねるにつれて収入も安定してくるという傾向があるので、大人の女性の方が洋服代をかけているイメージがありますが、どうなのでしょうか。

■年代別
10代後半……3,000~5,000円
20代……4,000円~6,000円
30代……5,000~7,000円

収入によって変わってきますが、大体トップスとボトムスを1着ずつ買うくらいのイメージになります。
ただ、好きなブランドなどがあれば一気に10,000円を超えることもありますので、お金をかけるときとかけないときを作っている方もいるようです。

独身女性のOL

独身女性の場合も、やはり収入によって1ヶ月にかかる洋服代が変わってくるようですね。

■独身女性の年収別で見る被服費
・〜238万円……2,945円
・238万円〜354万円……2,886円
・354万円〜496万円……3,326円
・496万円〜727万円……3,669円
・727万円〜……5,516円

年収はもちろん、年齢によって洋服代にあてている額が変わってきます。
34歳前後の独身女性の場合、月額7,712円を洋服代にあてているそうで、それ以降は物欲が減るからなのか減少していくようです。

既婚者女性のママさん

独身女性に比べると、既婚者女性は洋服代をかけているように見えますか?
収入が増える分、自分の好きなものも変える方もいれば、子供が生まれて全然自分にお金をかけることができなくなった方もいます。

■子供も有無別で見る1ヶ月の被服費
・子供なし……7,144円
・子供あり……4,802円

やはり子供がいると、そちらの洋服代がかかって自分は後回しになってしまう分、約1.5倍のギャップがあるようです。

■お仕事別で見る1ヶ月の被服費
・専業主婦……4,384円
・パート……4,718円
・会社員・公務員……6,008円

ワーママの方が洋服代がかかっているようですが、あまり差がないようですね。
旦那さんの収入や、生活環境によって変化してくるでしょう。

洋服代がかかる原因は?

 

1ヶ月に平均金額よりも洋服代がかかってしまう方は、なぜそんなに洋服を買ってしまうのでしょうか。

原因を知ることは改善に繋げることができるので、とても大切です。
ここでは主に考えられる3つの原因についてご紹介します。

自分に当てはまるものはないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

欲求に負ける

洋服代がかかってしまう一番の原因は、自分の欲求や物欲に負けてしまうことではないでしょうか。

欲しいと思ったら何かしら買う理由を見つけていませんか?

「もう少しでデートだから」「もう少し痩せれば着こなせる」などなど、節約しなきゃいけないと分かっていても、欲しいと思ったら買わないと気が済まない性格になってしまうと、思っていた以上に洋服代をかけてしまいます。

また、店員さんから進められると断れない……というお人好しタイプさんもいるかと思いますが、そこを我慢できずに買ってしまうと貯金ができなくなってしまいますので、自分をうまくコントロールしていきたいですね。

安いからつい買ってしまう

安いからついつい買ってしまうという方も多いですよね。
セール品を見れば、「元の値段よりも安いからいいか!」という気持ちになってしまい、予想外の出費に繋がってしまうこも……。

安ければ1ヶ月の洋服代の中でも何着か買うことができますが、「安いからいいか」という安心感は危険です。

その場での衝動買いは購入した後に、「やっぱりいらなかったかも……」と後悔するパターンもあります。
そうなってしまうと安くても勿体ないことに変わりはないですよね。

安い服も何着も買えば大きいお金になりますから気を付けたいところです。

使っていい金額を決めてない

1ヶ月に使っていい金額を決めていますか?

やはり金額を決めていないと、自分や洋服代をコントロールしにくくなってしまいます。
お財布にお金があるだけ洋服を買いやすくなるので、「いつの間にか何万も洋服にお金をかけていた!」なんてこともあるんですよ。

ですので、お給料をもらったら先ほどご紹介した1ヶ月の平均被服費を参考に、あらかじめ洋服代を分けておくことがおすすめです。
専用のお財布や封筒を用意し、1ヶ月買わなかったら繰り越す形で入れていけば洋服代を貯めていくことができますよね。

一度家計簿をつけて、自分がどれだけ洋服を買っているか把握するのも大切ですよ。

洋服代を節約する方法

 

さっそく洋服代を節約する方法を見ていきましょう。

おしゃれな洋服がたくさんある中で、我慢するのは少し大変ですよね。
しかし洋服を買いすぎてしまうと、クローゼットの中がパンパンになってしまいますし、将来のために貯金することもできなくなってしまいます。

洋服代を節約できれば、今までよりも確実に余裕を持つことができますので、何も考えずに買っていた方は必見です。

洋服代を節約して、その分を貯金してみませんか?

家にある服を把握する

まずは洋服代を節約するために、家にある服を把握することから始めましょう。

せっかく洋服を買うのであれば、似ているものではなく新鮮な気持ちを持たせてくれるものの方が新しい自分を見つけられるようで楽しいですよね。

このとき、把握するなら写真を撮ることがおすすめです。
洋服だけでもいいですが、ベストなのは実際に着用して自分の顔まで写っている写真を撮っていくこと。

InstagramやWEARなどのアプリを使って、洋服をアップし、把握することもおすすめです。
お買い物のときに見るだけで、「似たようなのがあるからいいや」「こういう系統は似合わないからいいや」と衝動買いを抑えることが期待できます。

着回しが利く服を購入する

洋服を購入するのであれば、着回しが利く服を選ぶことがおすすめです。
どんなアイテムにも合わせられるような服や色を選べば、あわせるアイテム次第で雰囲気を変えることができるので、とっても便利!

さらに合わせるインナーや小物などもベーシックなものを選べば、コーディネートの幅がどんどん広がっていきます。

流行りの服はいろいろなブランドから出していますし、モデルさんたちも着ていて可愛いですよね。
イマドキ感も演出できますが、流行りのアイテムは1シーズン終えたらほとんど着なくなってしまいます。

それだとやはり勿体ないですので、長く着回せるものを積極的に選んでいきたいですね。
今家にあるアイテムと合わせながら、3パターンくらいの着こなしを頭の中で考えるといいですよ。

ウィンドウショッピングを極力減らす

何も予定がない日、皆さんはどのように過ごしますか?
家にいるのは暇だから……とウィンドウショッピングを楽しんでいませんか?

洋服代を節約するなら、ウィンドウショッピングは極力減らしましょう!
「今日は洋服を買う予定はない」と思っていても、ウィンドウショッピングには誘惑がいっぱい。

可愛くておしゃれな洋服を見てしまえば、やはり欲しくなってしまうこともありますので、余計な出費に繋がることもあるんです。

お店に行くときは買いに行くと決めた日だけにして、無駄遣いを減らしましょう。

最近は便利なネットショッピングもありますが、ここも見てしまうと欲しくなってしまうので、アクセスしないようにすることがおすすめです。

迷ったら購入しない

 

洋服を選ぶときに、買おうか買わないか迷うこともありますよね。

可愛いけどちょっと金額が高い……ということや、気に入らない部分もあるけどセールになってるから買ってしまおうか……など、少しでも引っかかる部分があると悩んでしまうもの。

そんなときは、「悩んだら買わない」というルールを貫くことがおすすめです。

何か引っかかって悩んでいるのであれば、あなたにとって本当に必要な服ではないということ。
その服を買わなくても生きていけますし、そのあとに自分が本当に求めている服と出会える可能性もありますので、気持ちを切り替えてそのお店を出ちゃいましょう!

定番2:流行り1の割合にする

洋服を節約するポイントとして、着回しが利く服を選ぶことを挙げました。
それでも、トレンドの服が欲しいときもありますよね。

そのときは、クローゼットの洋服も思い浮かべながら定番2:流行り1の割合にすることを心掛けてみてください。

流行アイテムというのは、早いものだと1クール、長くても1年経つと忘れ去られてしまうことがほとんど。
その流行アイテムばかりを買っていては、出費も多くなってしまいますよね。

とは言っても、イマドキのおしゃれを楽しみたくなりますから、割合を大切にしてみてください。
このとき、流行りのアイテムはプチプラで探すと節約になります。

自分で洋服を作る

洋服代を節約したいのであれば、一層のこと自分で洋服を作るのも一つの方法です。
ミシンや生地を買ったりする初期費用はかかりますが、ミシンはこれから先も使うことができますよね。

自分で作るのは慣れないと難しいですし、買うよりも時間がかかりますが、自分だけのオリジナルアイテムを作ることもできます。
他の物とは被らない、自分だけのおしゃれを楽しみたい女性にぴったりです。

フリマアプリなどを活用する

フリマアプリなどを活用するのも洋服代を節約するひとつの方法になります。

フリマアプリであれば、ブランドの洋服も安くゲットすることができますよ。
着用されていても、状態がいいものも多いので、お得感があります。

また、着なくなった服もフリマアプリで他の人に譲ることができますよね。
いらなくなった服を売り、そこで貯めたお金は新しい洋服代に回すことができます。

洋服たちの売り上げによっては、自分が設定している1ヶ月分の被服費よりも上になることもあります。

そのときだけはちょっとした贅沢としていつもより多めに買うなど、メリハリをつければ上手に自分の欲求や物欲をコントロールできるのではないでしょうか。

洋服代の節約になってないかも!注意点

 

自分では節約になっているつもりでも、実はそんなに節約になっていなかった……なんてこともあります。

洋服代の節約方法をご紹介させていただきましたが、注意点についても見ておくと安心です。

安い服ばかり買う

先ほど洋服代がかかってしまう原因として安い服について挙げました。
元々安い服はもちろん、セールなどでいつもの金額より安くなっていると、買いたくなるのは当然。

安いからとお財布の口もいつも以上に緩くなってしまうので、必ずしも安い服を買うことが節約に繋がるわけではないんです。

「安いからいい」ではなく、本当に自分が欲しいものなのか、これからも着回していくことができるのかなどを考えていきたいですね。

流行りのものばかり注目している

流行りものには手を出さないことが1番の節約になります。
とは言っても、おしゃれを楽しみたい方にとってトレンドをチェックしないのはなかなか難しいことですよね。

そんなときは、しまむらやUNIQLOなどのファストファッションで、トレンドアイテムを安くゲットすることがおすすめです。

流行りの服は5~6着に1着くらいのペースにし、プチプラで統一すると節約になりますよ。

自分に似合うものを知らない

自分に似合うものを知らずに購入してしまうと、後で似合わなかった……と後悔してしまうことがあります。
それでは勿体ないですから、自分に似合うものを知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

一番は、洋服屋できちんと試着をすることです。
似合っているものであればしっくりくるはず!

ですので、ネットショッピングばかりになっている方も注意が必要です。
実際に見ないと、思っていた色やサイズと異なり、失敗することもあります。

お店に行き、店員さんに話しかけられたら「○○くらいの予算で、自分に似合うものを探しています」とはっきり伝えて相談するのもおすすめです。

安い服vs高い服、どっちが節約になる?

 

これまで、洋服代を節約するためには、安い服ばかりを集めるのはNGだとご紹介してきました。

では、高い服を買った方が節約になるの?というところですよね。

ここでは安い服と高い服のメリット・デメリットについてご紹介します。
洋服代を節約したい場合、どちらを選べばいいのでしょうか。

安い服のメリット・デメリット

安い服のメリットは、やはり手に取りやすい価格であることです。
この点を上手に活かすことができないと、デメリットに変わってしまいます。

先ほどお話ししたように、トレンドアイテムであれば安めのファッションブランドから選ぶのがおすすめです。

ただし、何着も買ったり、定番やトレンドに左右されない服を買うのは出費がかさむ原因になります。

また、作りが雑だったり、安い服は着るのが嫌になったら躊躇せずに捨てることができることから洋服を買うサイクルが短くなるのも、出費がかさむ原因になるんです。

高い服のメリット・デメリット

一着のお値段が6,000円以上するなど、自分の中で「高いな……」と思う高い洋服は、「これ一着で安い服だったら2~3着買える」など、いろいろ考えてしまうことから避けてしまいがち。

しかし、傷みにくいことや高価だからこそ大切に着ようと思えるため、トータルで見れば高い服の方が節約に繋がることも。

着回しが利く服をお値段がいいものから選べば、長く愛用することができます。
1ヶ月に買える枚数は少なくなりますが、それでも長い目で見て高い服を手に取ってみてはいかがでしょうか。

バーゲンセールは高い服を安く買えるチャンスですので、その日のために洋服代を貯めておくのもいいでしょう。
ただし、貯めた金額内で買うようにしてくださいね。

洋服代を節約しながらおしゃれするコツ

 

洋服代を節約したら、おしゃれを楽しめなくなってしまいそう……という方もいるかもしれませんが、節約をしていてもおしゃれを楽しむことができるんです。

ここでは洋服代を節約しながらおしゃれをするコツについてご紹介していきます。

このコツやテクニックをマスターすれば、お金をかけていないのにおしゃれ上級者感ただようコーデを楽しむことができますよ!

ベーシックなアイテムを組み合わせる

洋服代を節約しても、ベーシックなアイテム同士なら組み合わせ方は無限大!
いろいろな組み合わせにチャレンジすれば、何通りもの着こなし方を見つけることができます。

そしてコーデによってトップスをインしたり、抜き襟のように着こなしたり、アウターは肩にかけるだけにしてみたり……取り入れ方を少し変えるだけでも雰囲気ががらりと変わりますよ。

最近は、ワントーンコーデなども人気ですから、同じ色合いのものを選んでコーディネートをしたりするのもおすすめです。

ピアスやバングルなどでおしゃれ度を上げる

同じようなコーデになってしまっても、アクセサリーを取り入れれば違った雰囲気を作ることができます。

ピアスやネックレスはもちろん、最近では太めや細めのバングルが大人気!
アクセサリーをアピールするように腕まくりをしたり、アップヘアにしてみたりしてください。

アクセサリーは安く買うこともできるので、洋服代を節約しながら何パターンものおしゃれを楽しめるでしょう。

スカーフやマフラーの取り入れ方を変える

アクセサリーではなく、スカーフやストール、マフラーといった小物アイテムでおしゃれを楽しむのもgood。

これらの小物アイテムも、同じものでも結び方などを変えれば簡単に変化を出すことができますよ。

特にスカーフは季節問わず取り入れることができる万能アイテム!
首に巻くときの結び方を変えるだけでなく、バッグや手首に巻いても可愛いので、洋服代を節約しながらイメチェンできますよ。

メイクやヘアスタイルを変える

洋服代を節約するなら、ヘアスタイルやメイクを変えていくのもおすすめの方法です。

アップヘアや編み込みヘアなど、アレンジを取り入れるだけで雰囲気は変わりますよね。
メイクも可愛らしいものやクールなものなど、いろいろあるのでそちらも研究しておくことがおすすめです。

ショートヘアなどでアレンジが少ないなら、帽子やヘアバンドなどを取り入れるのもおすすめですよ!

節約をするなら洋服のレンタルサービスを活用するのも一つの手

 

洋服代を節約しながら、トレンドファッションも楽しみたいという女性でれば、ファッションレンタルサービスというものを活用することもおすすめですよ。

最近では、定額制で洋服が借り放題のサービスが注目を集めているんです。

例えば、25万人以上の会員数を誇り、テレビなど多数のメディアでも取り上げられている国内最大級のファッションレンタルサービス「エアークローゼット」では、プロのスタイリストがあなたの好みにあった洋服を選んで送ってくれるサービスもあります。

ライトプラン月額6,800円から、毎月3着の新しい服を試すことができるので、「あまりお金をかけられない」「何度も同じ服は着たくない」という方にぴったりです。

ブランドバッグのレンタルサービスもありますから、高級感を出したい方はそちらを利用するのも良さそうですね。

洋服の断捨離にもチャレンジしよう!

 

新しい洋服を買うばかりでは、服が増えてしまってクローゼットの中がいっぱいになってしまいますよね。
洋服を買うなら、適度に断捨離をすることも大切です。

定期的にチェックし、何年も着ていないような服があれば迷わず捨てることがおすすめです。

「一着買ったら一着捨てる」というようにすれば、すっきりしたクローゼットの中身を保つことができるでしょう。

それでも捨てるのが勿体ないのでれば、フリマアプリに出品してみて!
売れればちょっとした収入になりますし、節約にも繋がりそうですね。

洋服代を節約する方法についてご紹介させていただきました。洋服が節約できれば、気持ち的に余裕を持つことができますし、節約上手になることもできます。着回し力も身についておしゃれさんになることもできますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。