BEAUTYAUG.26.2018

つらい夏の肌不調ともおさらば!毎日のスキンケア方法&対策6

黒ずんだ毛穴、紫外線による肌荒れ、テカリ、くすみ…など、様々な夏の肌不調ともおさらばする、毎日のスキンケア法と対策&アイテムをお届け!
黒ずんだ毛穴、紫外線による肌荒れ、テカリ、くすみ…など、様々な夏の肌不調ともおさらばする、毎日のスキンケア法と対策&アイテムをお届け!

夏の肌不調の原因は…?

夏の肌不調の原因は…?
夏の肌不調の原因は様々あるけれど、一番大きな原因はなんといっても“紫外線”!
紫外線が肌に活性酸素を発生させたり、暑さと容赦ない湿気で皮脂を過剰分泌させたり、皮脂と汗が混ざって肌がガサついてしまったりと、肌の不調を引き起こしてしまう原因に。それによって肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れ古い角質が蓄積して、シミやたるみ、ニキビ、くすみなどの症状を引き起こしてしまいます。

この夏の肌不調を阻止するためには、「抗酸化・抗炎症」対策をする必要があります! 
ポイントは、角層奥底からしっかりと保湿し、潤った状態に整えることと、栄養を摂取してカラダの内側からも肌力を底上げるケアをすること。

肌は毎日新しく生まれ変わるので、外からのケアだけでなく、内からのケアもコツコツすることで、バリア機能が整った、紫外線にも負けない肌を作ることができるので、日々のちょっとしたケアを心がけるようにしましょう!

3大夏の肌不調原因!

●紫外線
 肌の炎症を引き落としてしまう、肌不調の大きな原因。
 日焼け止めはSPFが高ければいいと思いがちで、日焼け止めが合っていないのにむやみに使うと肌に負担をかけてしまってしまったり、肌がダメージを受けることで、肌を再生しようというバリア機能が低下して、くすみやたるみなどの不調を引き起こしてしまったりと、様々な症状が。

●高温・多湿
 とにかく暑くて、湿気も多い夏は、皮脂と汗が多量に出るので、それらが肌荒れの原因となってしまい、肌のバリア機能の低下を引き起こします。そのまま放っておくと、かゆみが出たり、かぶれが出るなどの炎症を起こすトラブルの元に。

●屋外と屋内の気温差
 外は暑いのに、屋内に入るとエアコンで冷たくて乾燥しているという環境の夏場は、この温度差に体が対応しきれず、自律神経が乱れたり、肌の状態が不安定になったりと、揺らいでしまう原因に。


これらの不調を対処すべく、毎日のスキンケア・食生活などのお手入れの見直すことが大事!ちょっとずつでもいいから、毎日の習慣に。

【夏の肌不調対処法①】保湿は油分より“水分”が命!

たっぷりと水分を与えて保湿
皮脂が分泌しすぎないようにするためには、たっぷりと水分を与えて保湿してあげることが大切に。油分のある保湿はなるべく控えて、水分と油分のバランスの取れた保湿を心がけましょう!おすすめは「セラミド入りの化粧水」。あとはフェイシャルパックもお手軽でおすすめ!とにかくこまめにたっぷりと水分補給を。

【夏の肌不調対処法②】汗はこまめにオフしてあげて!

汗はアルカリ性なので、肌のバリア機能を低下させる恐れがあります。弱った状態の肌は、より紫外線のダメージを受けてしまいやすい状況にあるので、外出の際はこまめに汗をオフするようにしましょう!

そしてポイントは拭き取るのではなく、押さえるようにしてオフすること。汗が止まらないなら、クールダウン効果のあるスプレーを使うのもおすすめです。

【夏の肌不調対処法⓷】毛穴の黒ずみには酵素洗顔!

夏の肌不調
酵素洗顔とは、酵素が持つたんぱく質や脂肪を分解するはたらきを利用する洗顔のこと。

落としきれなかった古い角質を取り除いたり、正常な肌のターンオーバーに戻し、くすみのない透明肌に導いたり、皮脂を一緒に取り除いたりと、いろいろ嬉しい効果が盛りだくさん!

ただやりすぎると、必要なものまで洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下して乾燥肌に導いてしまう恐れがあるので、週1〜2回がベスト!

【夏の肌不調対処法④】肌のハリつやをアップする“たんぱく質”を摂取しよう!

たんぱく質
ハリやつやのある丈夫な肌作りに欠かせないのが“たんぱく質”。肉、魚、貝類、卵、大豆製品に含まれており、バランスよくとることで、皮膚の代謝をアップさせたりする効果があります。食事で補いきれない分は、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

高タンパク質・低脂肪な「塩麹鶏肉のオクラポン酢がけ」レシピ紹介

塩麹鶏肉のオクラポン酢がけ
パサパサしがちな鶏むね肉は、塩麹に浸けることでやわらかくし、タンパク質が豊富なのにとってもヘルシーなので、夏のダイエットにもぴったり!

塩麹が焦げやすいので、鶏むね肉は火にかける前にフライパンに並べ、弱めの火でゆっくり焼くのがポイントです。

【材料(4人分)】
食材 分量
鶏むね肉
(皮なし) 2枚(500g)
塩麹 小さじ2
オクラ 2袋
サラダ油 小さじ2
A.ポン酢 大さじ6
A.白すりごま 大さじ1
かつお節 少々

【作り方】
1、鶏むね肉はそぎ切りにし、塩麹をもみ込み30分ほどおく。
2、オクラはがくをむいて塩(分量外)で表面を軽くこする。さっと茹でたら水にさらして熱をとり、みじん切りにする。
3、フライパンにサラダ油を引き、鶏肉を並べ入れる。弱火~中火でゆっくり火を通す。
4、器に鶏肉を盛り、オクラとかつお節をかけ、最後にAのタレを回しかけて出来上がり。

【おすすめスキンケアアイテム】リサージュの「ディープクリーンパウダー」

リサージュのディープクリーンパウダー
シルクのようなきめ細かいふんわり泡が、頑固な皮脂や角質をオフ! 潤いも守りながら透明感ある肌に洗い上げてくれます。

ディープクリーンパウダーa 0.4g×30個 ¥2,500/リサージ

【おすすめスキンケアアイテム】ポーラの「Red B.A ボリュームモイスチャーローション」

Red B.A ボリュームモイスチャーローション
はずむようなハリ感を与えるバウンスジュレ感触のローションが、肌にむっちり潤いを与えてくれます。

Red B.A ボリュームモイスチャーローション 120ml ¥9,000/ポーラ

【おすすめスキンケアアイテム】セルヴォークの「レステッドスキン クリーム」

セルヴォークのレステッドスキン クリーム
スフレのようなふんわり軽やかなクリームが肌上でとろけるように広がり、密な引き締まった肌に。

レステッドスキン クリーム 30g ¥6200/セルヴォーク

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。