OCT.15.2019

サテンギャザースカートのおしゃれコーデ9選!旬の着こなしを解説

サテンギャザースカートのおしゃれコーデ9選!旬の着こなしを解説 サテンギャザースカートのおしゃれコーデ9選!旬の着こなしを解説

上品な素材感に綺麗な揺れ感で、女度をアップしてくれる「サテンギャザースカート」。あなたもサテンギャザースカートで、洗練された女っぽコーデを叶えませんか?そこで今回は、サテンギャザースカートを使ったおすすめコーデをご紹介します!

サテンギャザースカートを使ったコーデ9選!おしゃれファッションをチェック

 

光沢があり、エレガントな風合いが魅力のサテン生地。そんなサテン生地で品がありつつも、ウエスト部分にシワを寄せ集めたようなスカートが「サテンギャザースカート」です。ひだが等間隔に並ぶプリーツスカートとは違い、ナチュラルな揺れ感がありながらも程よいふんわり感で、女性らしいワードローブ。あなたもこの機会に、サテンギャザースカートでワンランク上のレディなスタイルを叶えませんか?

そこで今回は、サテンギャザースカートを主役としたおすすめコーディネートを9つピックアップしてご紹介します!季節や年代別にオトナ女子にぴったりのスタイルを厳選しつつ、それぞれの着こなしのポイントまで徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

サテンギャザースカートコーデ【1】春は淡い色合いでトレンドライクに

白ニットを使ったサテンギャザースカートコーデ

落ち着いたトーンの秋冬のファッションとはガラリと変わり、軽やかな装いがトレンドとなるこの季節。そんな春には、コーデを淡い色合いでまとめ、季節感を引き立てると良いでしょう。ただ淡いカラーで着こなしが甘くなりすぎないよう、「締め色」をプラスするのが重要なポイントとなります。

白ニットにくすんだピンクのサテンギャザースカートで、淡くエアリーな春のコーディネート。ニットの上から、黒ベルトでウエストマークしてスタイルアップを意識しつつ、印象をグッと引き締めてあげると、ワンランク上の着こなしに仕上がります。さらに足元もハードな黒ブーツで、クールなエッセンスを加えてこなれ感を!

サテンギャザースカートコーデ【2】夏は清涼感を意識して

タンクトップを使ったサテンギャザースカートコーデ

ラフでリラックスムード溢れるスタイルが定番の夏でも、サテン生地で上品な大人の着こなしに!サテン生地は温かみがありますが、スタイリングに清涼感を意識すれば夏でも問題なく着こなせます。例えば、ブルー系の爽やかなサテンギャザースカートを主役に、トレンドライクなコーデを完成させましょう。

白のタンクトップに、ネイビーのサテンギャザースカートを合わせ、清涼感と清楚感を兼ね備えたコーディネートに。腕を露出している分、スカートはロング丈で脚をカバーすると、品良くまとめるのでおすすめです。さらに足元にはメタリックなシルバーのサンダルで、洗練された雰囲気に!

サテンギャザースカートコーデ【3】秋はシックにまとめるのがトレンド

黒ニットを使ったサテンギャザースカートコーデ

落ち着いた雰囲気のファッションがトレンドとなるこの季節、ぜひシックな着こなしにトライしてみて。ダークカラーをベースに、深みのある色合いのアイテムを差し色として取り入れ、秋らしくこっくりとしたカラーリングの着こなしを叶えましょう。

例えば、黒のハイネックニットにマスタード色のサテンギャザースカート、足元は黒ブーツで、シックな秋のコーディネートに。マスタード色はサテン独特の光沢感をアップさせるため、黒ベースの着こなしも一気に華やかに見せてくれます。さらにバッグやベレー帽も黒で統一し、とことんスカートの印象を引き立てるとgood!

サテンギャザースカートコーデ【4】冬は深みのある色合いにまとめて

ボルドーニットを使ったサテンギャザースカートコーデ

冬も、深みのある色合いにまとめるのがトレンド。とは言え、黒などのダークトーンを基調としがちな秋のファッションとは違い、優しげなトーンにまとめるのが冬らしいスタイルだと言えます。深みがありつつもノーブルで品のある、大人の女性らしい着こなしにまとめてみましょう。

ボルドーのニットに、くすみブルーのサテンギャザースカートを合わせた冬のコーディネート。パンプスやショルダーバッグは黒ではなく、優しげなブラウンをチョイスして、コーデを柔らかな印象へ導いてください。また、重く見えがちなニットスタイルには、髪型をアップヘアにするとグッと軽やかに見えるのでおすすめです。

サテンギャザースカートコーデ【5】20代はカジュアルダウンして抜け感を

デニムジャケットを使ったサテンギャザースカートコーデ

まだまだトレンドを意識する年代の女性なら、ところん今っぽいスタイルに!20代はサテンスカートをただ上品に着こなすのではなく、あえてカジュアルなアイテムを取り入れて、「こなれ感」のある旬の着こなしにトライしてみましょう。

ロックテイスト黒のプリントTに、デニムジャケットを合わせたクールなスタイル。そこに淡いブルーのサテンスカートを持ってきて、程よく抜け感のある、旬のこなれスタイルを完成させましょう。足元はスニーカーでカジュアルダウン、カバンはハイブランドアイテムと、上品とカジュアルのバランスを意識することで、肩の力が抜けたようなおしゃれな着こなしが叶うのです。

サテンギャザースカートコーデ【6】30代はきれいめな雰囲気に

カーディガンを使ったサテンギャザースカートコーデ

30代の女性は、きれいめな大人の女性らしいスタイルにまとめてみて!ただデイリーシーンであれば、やりすぎ感のないよう一点カジュアルなアイテムを取り入れるのがおすすめ。コーデ全体を品良くまとめると、決めすぎた印象を与えてしまうため、さりげなくカジュアルダウンしてあげましょう。

例えば、ピンクベージュのリブニットカーディガンに、淡いサックスブルーのサテンギャザースカートを合わせたコーディネート。タイトなカーディガンが女性らしさを引き上げ、とことん品の良いスタイルにまとまります。そこに、足元はカジュアルなスニーカーをチョイスして、抜け感を意識するとおしゃれです。

サテンギャザースカートコーデ【7】40代は落ち着いた色合いにまとめて

グレートップスを使ったサテンギャザースカートコーデ

40代の女性は、サテンスカートを主役に落ち着いた色合いにまとめてみましょう。華やか過ぎるカラーだと若々しく見えてしまうので、暗めなトーンで大人っぽく、そしてクラシカルにまとめるのが正解。ただ地味に見えないよう、着こなしに工夫をする必要があります。

ダークグレーのトップスに、黒のサテンギャザースカートを合わせたコーディネート。上下ダークトーンでまとめているものの、上下でやや濃淡が異なるため、野暮ったく見える心配はありません。さらに足元にはライトグレーのパンプスを持ってきて、さりげなく差し色を加えると、足元から一気に華やかに。

サテンギャザースカートコーデ【8】きれいめスタイルの救世主!品良くまとめたい時に

黒トップスを使ったサテンギャザースカートコーデ

サテンギャザースカートは、上品な光沢感に綺麗な落ち感、そして揺れ感で、大人の女性にぴったりのワードローブ。何より、コーデをきれいめにまとめたい時に活躍するスカートです。ちょっとしたお呼ばれシーンにも問題なく着用できますし、一着持っておくと重宝できること間違いありません。

ライトブラウンの存在感のあるサテンギャザースカートには、黒トップスを合わせて印象を引き締めて。普段コーデが何だか垢抜けないとお悩みの方は、ぜひこのような色物のスカートをチョイスしてみてください。さらっと着こなすだけでも一気に垢抜けますし、その他のアイテムをシンプルにまとめるだけで、派手見えせずに品良くまとまります。

サテンギャザースカートコーデ【9】ゆるスタイルで旬の着こなしに

白カットソーを使ったサテンギャザースカートコーデ

旬の着こなしにまとめたいなら、ぜひ「ゆるコーデ」にチャレンジしてみて!上下でゆるっとしたシルエットに仕上げると、こなれた印象のトレンドライクなスタイルが叶います。さらに、気になる体型をしっかりとカバーしてくれるところも、嬉しいポイントだと言えるでしょう。

オーバーサイズの白ニットに、ライトグレーのサテンギャザースカートをさらっと着こなしたコーディネート。ニットはサイドにスリットが入っていると、ダボっと感が軽減されて、ゆるコーデで失敗を導きやすい「重見え」を防ぐことができるのでおすすめです。

いかがでしたか?今回は、サテンギャザースカートを使ったおすすめコーディネートを9パターン厳選してご紹介しました。上品な風合いでも、きれいめからカジュアルまで、幅広いスタイルに合わせられるところがサテンギャザースカートの魅力的なポイント。さらに季節を問わず着こなせるため、一着持っておくと重宝できること間違いありません。ぜひ参考にして、あなたもサテンギャザースカートで洗練されたワンランク上の着こなしを叶えてください!