LIFESTYLEJAN.09.2019

冷蔵庫の簡単なお掃除方法は?定期的なお手入れでにおいやカビ予防を

食品を保冷しておく冷蔵庫は、汚れやすい場所ですので、定期的にお掃除をして、清潔な状態にしておきたいですよね。そこで今回は、重曹やクエン酸などを利用した冷蔵庫のお掃除方法や、きれいな状態をキープするテクニックをご紹介します。
食品を保冷しておく冷蔵庫は、汚れやすい場所ですので、定期的にお掃除をして、清潔な状態にしておきたいですよね。そこで今回は、重曹やクエン酸などを利用した冷蔵庫のお掃除方法や、きれいな状態をキープするテクニックをご紹介します。

冷蔵庫の掃除は準備や掃除する時期が重要

冷蔵庫掃除の準備をしている女性
冷蔵庫は食材を入れている場所なので、定期的なお掃除で、清潔な状態をキープすることが大切です。

普段のお掃除では取り切れない細かい部分のお掃除や、冷蔵庫の外側のお掃除も、年に数回は行いたいものです。


■冷蔵庫の大掃除をする際は庫内を空に

冷蔵庫の大掃除をする場合は、冷蔵庫内の食材を全て外に出すことで、スピーディーに掃除を行うことができます。したがって、真夏の暑い時期に冷蔵庫の掃除を行うのは、食材が傷みやすいので注意が必要です。取り出した食材はクーラーボックスに入れて保冷するのがおすすめです。

冷蔵庫の食材を全て取り出して整理することで、使うのを忘れていたような、賞味期限が切れている食材を処分することもできるのもメリットですね。


■掃除する場合は電源をオフ

冷蔵庫の大掃除をする場合は、電源を入れたまま掃除してしまうと、電力がかかります。また、拭き掃除をしますので、感電の危険もあります。冷蔵庫の大掃除をする場合は、冷蔵庫のコンセントを抜いてから行うようにしましょう。

冷蔵庫の庫内のお掃除方法

冷蔵庫の掃除
冷蔵庫のお掃除前に、冷蔵庫内を空にしたら、トレイやケース、ドア棚などの取り外せるものは取り外して、食器洗い用の中性洗剤を使用して水洗いを行います。

製氷フィルターや給水タンクなどは、水洗いを行いましょう。水垢やヌメリが気になる場合は、水200mLに小さじ1杯のクエン酸を溶かした「クエン酸水」に浸したスポンジで優しくこすってから、水洗いを行います。


冷蔵庫の中は、中性洗剤を溶かした溶液で拭き掃除をするか、水100mLに小さじ1杯の重曹を溶かした「重曹水」で濡らした布巾で庫内全体を拭き掃除しましょう。汚れがひどい場合は、重曹水の替わりに、水500mLに小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かした「セスキ炭酸ソーダ水」を利用します。

クエン酸や重曹、セスキ炭酸ソーダは、100均でも購入できます。また、クエン酸や重曹は料理にも使用されるほどエコな成分のアイテムですので、洗剤を使いたくない方にもおすすめですよ。


その後、綺麗な布巾で水拭きをして、重曹水を拭き取り、最後に乾拭きをします。

ゴムパッキンのすき間に入った汚れは、拭き掃除では取り切れませんので、綿棒やブラシで掃除をしましょう。汚れが取れにくい場合は、綿棒にクエン酸を浸して拭き取りましょう。ゴムパッキンにカビが繁殖している場合は、塩素系漂白剤のハイターを5倍程度に薄めて、綿棒に浸し、ゴムパッキンに塗ります。30分程度放置したら、水拭きをしましょう。

最後に、アルコール除菌スプレーや消毒用エタノールで拭き掃除を行い、庫内全体を消毒しましょう。

冷蔵庫の外側のお掃除方法

冷蔵庫の掃除
冷蔵庫は、庫内だけでなく外側も汚れているものですよね。

冷蔵庫の外側の掃除は、冷蔵庫の裏側や下、両サイドのホコリを取り除いてから拭き掃除を行いましょう。

拭き掃除は、中性洗剤を溶かした溶液を利用してもOKですが、先ほどご紹介した重曹水やセスキ炭酸ソーダ水がおすすめです。最後に水拭きをしてから、乾拭きをして仕上げるようにしましょう。

冷蔵庫のキレイを保つプチお掃除方法

きれいに掃除された冷蔵庫
冷蔵庫の大掃除は、年に数回程度でOKですが、冷蔵庫内は食材や調味料、湿度などで汚れやすい場所です。

冷蔵庫をキレイな状態に保つためには、いくつかのポイントがあります。


■低温を保つ

食材を入れすぎていたり、霜がついているような状態の冷蔵庫は、温度が上がってしまうことがありますので、冷蔵庫内の細菌やカビなどが増殖しやすい状態です。したがって、低温を保つことができるよう、

・食材は詰め込み過ぎない
・霜取りをする
・冷蔵庫の手前にカーテンをつけ、開閉による温度の上昇を予防する

などがおすすめです。


■汚れはこまめに掃除する

また、冷蔵庫内の食材のカスや、調味料やドレッシングなどの汚れは、こまめに拭き掃除をするようにしましょう。庫内の食材が減ってきて、買い出しに行く前に、冷蔵庫の食材の余りをチェックして整理をしながら、サッと拭き掃除をするだけでOKですよ。

こまめに掃除することで、汚れが固まりにくくなりますし、においの予防にもなります。

拭き掃除をする場合は、キッチン掃除の定番アイテムであるアルコール除菌スプレーがおすすめです。汚れが取れにくい場合は重曹水やセスキ炭酸ソーダ水、においが気になる場合はクエン酸水が良いですね。

冷蔵庫掃除用のシートを常備しておくと、汚れを拭いたら捨てるだけなので手軽に掃除ができますね。


■食材は分別する

また、冷蔵庫に入れる食材は、なるべくトレイやビニール袋に入れて収納しておくことも効果的です。特に、肉や魚の汁や、漬物の液、野菜のカスなどは、汚れやにおいの元になりやすいので、庫内に落とさないようにすると、お掃除も楽になりますね。
食品を扱う冷蔵庫の掃除には、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸などのエコなお掃除グッズを利用するのがおすすめです。一度汚れが固まってしまうと、掃除が大変になってしまいますので、お買い物の前の食材の在庫をチェックするタイミングで、サッと庫内を掃除して、きれいな冷蔵庫をキープしていきたいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。