FASHIONFEB.03.2019

鹿児島旅行におすすめの服装!月別・天気別に最適コーデをご紹介

鹿児島は桜島に象徴されるような自然豊かな観光地。その自然を生かした観光スポットや温泉などで訪れる人を楽しませてくれます。そこで今回は、そんな鹿児島に旅行に行かれる方に、月別・天気別のおすすめの服装をご紹介します。
鹿児島は桜島に象徴されるような自然豊かな観光地。その自然を生かした観光スポットや温泉などで訪れる人を楽しませてくれます。そこで今回は、そんな鹿児島に旅行に行かれる方に、月別・天気別のおすすめの服装をご紹介します。

鹿児島の季節ごとの気候と服装選びのポイント:火山灰にも注意!

 
世界的に有名な火山である桜島は、世界中から観光客が訪れる観光スポット。鹿児島には桜島以外にも、その豊かな自然を満喫できる観光スポットが数多くあります。そんな鹿児島旅行を計画中の方は、その時期の気候や最適な服装が気になりますよね。

そこで今回は、鹿児島旅行におすすめの服装を月別・天気別にご紹介していきます。まずは、鹿児島の季節ごとの気候や服装選びのポイントから。旅行時期を選ぶ際にもぜひ参考にしてください。

【鹿児島の季節ごとの気候と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)

鹿児島の3月は春と言ってもまだ肌寒く平均気温は14度前後。トップスに羽織りものをプラスする服装が最適です。4月からは徐々に暖かくなり、5月になると平均気温が20度を超えます。4月も5月も昼間は半袖or長袖のトップス1枚で過ごせますが、一日の中で寒暖の差があるので軽めの羽織りものは必ず準備しておきましょう。

■夏(6・7・8月)

鹿児島の6月や7月は梅雨入りで降水量が多く、一年で最も多く雨が降る時期です。ただ、平均気温が6月の25度前後から7月に向けて30度近くにまで上がります。半袖のトップスや通気性のいい服装で、濡れてもOKなものを選びましょう。8月はかなり暑く最高気温が30度を下回る日はありません。紫外線対策や熱中症対策をしっかり行ってください。

■秋(9・10・11月)

鹿児島は9月も台風の影響で降水量が増えます。この時期に旅行をお考えの方は事前に天気予報をチェックして、台風が通過する時期を避けた方が無難です。気温も暑く夏と言ってもいい鹿児島の9月です。10月以降はやっと気温が下がり、11月に向けて羽織りものは厚手のものが最適になります。

■冬(12・1・2月)

鹿児島の冬は東京に比べると暖かく、12月は最低気温が氷点下を下回る日はありません。1月や2月も最高気温が10度以上の日が多いです。とはいえ、長袖のトップスに加えてニットやコートは必要です。

さらに、鹿児島旅行で注意が必要なのが火山灰。旅行に行かれた際には必ず天気予報を確認して、火山灰が降る日は降る範囲をチェックしたり、ニットを外側に着るのは避けるなど、火山灰が服に付いても処理がしやすいものを選ぶのがおすすめです。

鹿児島旅行におすすめの服装【1】春(3月):ニットやライトアウターなどで防寒はマスト

 
鹿児島の3月はまだ肌寒い日も多い時期。長袖のトップスにはニットやライトアウターなどを羽織って防寒する必要があります。

長袖のアイテムにニットや軽いジャケットを羽織ったコーデは、まさにこの時期の鹿児島旅行にぴったり。バッグはリュックで身軽にするのが観光コーデの基本です。

鹿児島旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):ボーダーの長袖Tで春らしさを

 
鹿児島の4月は徐々に気温も上がって、5月になると本格的な春のお天気。晴れた日は長袖のTシャツ一枚で過ごせます。ボーダー柄のTシャツは春ムードを演出できて、着ているだけで軽やかな気分になります。

ただ、この時期は朝晩の気温が昼間の気温から10度近く下がるので、軽い羽織りものをバッグに入れておいたり、半袖トップス×羽織りもののコーデにしたりして、寒暖の差に対応できる服装がおすすめです。

鹿児島旅行におすすめの服装【3】夏(6・7月):梅雨突入。雨具や濡れてもOKな服装を

 
鹿児島の6月から7月にかけては、梅雨に突入して雨がよく降るので、雨具や濡れても大丈夫な服装を準備しておきましょう。シューズも濡れてもいいものがおすすめ。普通のブーツのように見える、おしゃれで歩きやすいレインブーツがあると最適です。

鹿児島旅行におすすめの服装【4】夏(8月):鹿児島の8月は暑い!暑さをしのげる服装や紫外線&熱中症対策がマスト

 
View this post on Instagram

@aaykknがシェアした投稿 -

鹿児島の8月は連日のように昼間の気温が30度を超えます。服装は暑さをしのげるものを選んで、紫外線や熱中症に対する対策はしっかりと準備しましょう。

白のノースリーブ×イエローのスカートの組み合わせは、鹿児島の夏の日差しに負けないカラーコーデ。帽子などの小物を使った日差しよけはマストです。

鹿児島旅行におすすめの服装【5】秋(9月):ロンTには羽織りとしても使えるシャツをプラスして寒暖の差に対応

9月の鹿児島コーデ
ロンT×デニムの9月の鹿児島旅行に最適なコーデには、メンズライクなオーバーサイズのチェックシャツをプラスしておけば、夜に気温が下がっても寒さを感じずに済みます。シャツは程良く厚手で防寒になるものがおすすめです。

9月は台風のシーズンなので、この時期に旅行を計画されている方は、必ず天気予報をチェックしておきましょう。

鹿児島旅行におすすめの服装【6】秋(10月):七分袖の厚手カットソーなど一枚で暖かいアイテムが活躍

10月の鹿児島コーデ
鹿児島の10月は昼間の気温が25度前後の日が多く降水量も少なくなるので、観光にも最適な時期。服装には厚手でしっかりした生地のカットソーなど一枚で程良く暖かいアイテムが活躍します。

メンズライクなオーバーサイズのカットソーは七分袖で厚手なので、この時期の鹿児島観光にぴったり。ダークトーンのグリーンのスカートは秋の季節感を演出してくれて◎。

鹿児島旅行におすすめの服装【7】秋(11月):頼れるウインドブレーカーがあればスカートコーデもOK

 
鹿児島の11月の昼間の気温は20度前後で推移しますが、トップス一枚だと肌寒く感じる日もあります。そんな時期に頼りになるのが、風や冷気をシャットダウンしてくれるウインドブレーカーやマウンテンパーカーなどのスポーツアイテム。

女性らしいスカートにもウインドブレーカーのようなアイテムを羽織って、アスレジャーテイストなコーデに。スカートの下にスパッツをプラスして、防寒とトレンドを兼ねたおしゃれもこの時期に◎。

鹿児島旅行におすすめの服装【8】冬(12月):冬晴れの日の昼間は厚手の冬ワンピでも過ごせる!

 
鹿児島の12月は東京に比べて暖かい日が多く、最低気温で氷点下を下回る日はありません。最高気温は15度を越える日も多いので、晴れた日の昼間の観光なら厚手の冬ワンピで過ごせます。

白のAラインのワンピには黒のベレー帽などでアクセントをプラス。バッグにあしらったレオパード柄のスカーフも効いています。

暖かいと言っても朝晩は気温が下がるので、コートなどのアウターは必ず持参しておきましょう。

鹿児島旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):温暖な冬でもニットや厚手のコートなど防寒小物はマスト

 
鹿児島の1月や2月は最低気温が氷点下まで下がる日は数えるほどしかありませんが、それでもやはり冬なのでニットや厚手のコートといった防寒できる冬アイテムは必要です。

厚手のカーキのダッフルコートのインには、レオパード柄のニットをチラ見せしてアクセントに。足元もブーツでしっかり防寒すれば、寒さ知らずで観光を楽しめます。
豊かな自然が楽しめる鹿児島は、夏は暑いですが冬は比較的温暖な気候なのも魅力です。梅雨や台風の影響で雨が多い時期もあるので、旅行計画を立てている方は事前に天気予報をチェックしましょう。旅行する時期に最適な服装を準備して、鹿児島旅行を楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!