AUG.08.2019

二日酔いにならない方法は?コンビニで買えるアイテムもご紹介

二日酔いにならない方法は?コンビニで買えるアイテムもご紹介 二日酔いにならない方法は?コンビニで買えるアイテムもご紹介

お酒を飲みすぎた翌日の二日酔いは辛いですよね。今回は、二日酔いになる原因や、二日酔いにならない方法、おすすめの食べ物やドリンクをご紹介します。二日酔いになった際の対処法をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

試してみて!二日酔いにならない方法【1】水を飲む

お酒と水

お酒を飲むとリラックスして、その場にいる人とも打ち解けて話すことができるメリットがあり、社会人のコミュニケーションの手段の一つにもなっていますよね。

しかし、お酒を飲みすぎてしまうと、次の日にひどい二日酔いになってしまうことがあります。


■二日酔いとは

体内に入ったアルコールを肝臓で分解するために水分が使用されます。分解されたアルコールは、毒性のあるアセトアルデヒドになり、最終的には無害の酢酸に分解され、体外に排出されます。

しかし、アセトアルデヒドが体内に残っていると、頭痛や吐き気、ダルさなどの二日酔いの症状が起こりますし、胃腸の障害、低血糖なども起こります。また、体内の水分が使用されて不足すると脱水症状が起きることもあります。


■お酒を飲みながら水分補給を

したがって、水分補給をしながらお酒を飲むことで、肝臓がアルコールを分解しやすくなり、肝臓に負担がかかりにくくなります。

ただし、カフェインの入ったドリンクは利尿作用があり、飲んでも水分を排出してしまいます。

二日酔いにならないためには、水やノンカフェインのお茶を飲むのがおすすめです。また、トマトジュースもアルコールの分解をサポートする成分が含まれているといわれていますよ。

試してみて!二日酔いにならない方法【2】二日酔いになりやすい飲み方はしない

二日酔いにならないようにしている女性

二日酔いになるかどうかは、個人によって差がありますが、アセトアルデヒドをスピーディーに分解できる体質の人が二日酔いになりにくい人の特徴です。

日本人の半数以上はアセトアルデヒドの分解能力が高いお酒に強いタイプで、お酒が飲めないタイプの方は数%といわれています。

しかし、普段は二日酔いにならない人でも、飲みすぎてしまえば、当然二日酔いになってしまいます。あらかじめ二日酔いにならない酒量を把握しておき、飲みすぎに注意することも、二日酔いを予防する方法ですね。

その他にも、

・空腹の状態でお酒を飲む
・運動した後にお酒を飲む
・お酒を飲みながらタバコを吸う
・胃腸に負担がかかりやすい脂っこい食べ物ばかり食べる
・毎日お酒を飲む

なども、二日酔いになりやすい条件ですので注意したいですね。

試してみて!二日酔いにならない方法【3】おつまみは

ビールと二日酔いにならないおつまみ

お酒を飲む際は、一緒に食べるおつまみも楽しみの一つですよね。

大量の揚げ物は胃腸に負担がかかりますが、チーズやナッツ類、オイルドレッシングがかかっているサラダやマリネなどは、消化に時間がかかる脂肪分が含まれていますので、お酒を飲む前に食べるのがおすすめです。ただし、食べ過ぎには注意しましょう。

また、タンパク質は、アセトアルデヒドの分解を助けてくれる栄養素ですので、タンパク質が豊富な枝豆や豆腐、焼き鳥やソテーのような肉や、焼き魚や煮魚なども二日酔いにならない食べ物として人気がありますよ。しじみに含まれる「オルニチン」もアルコールの分解に役立ってくれます。

また、お酒を飲むとビタミンCも消費されますので、野菜類や果物もおすすめです。

試してみて!二日酔いにならない方法【4】医薬品やコンビニでも買えるドリンクを活用

サプリを飲んでいる女性

食べ物や飲み物で二日酔いにならないように対策することは有効ですが、医薬品やコンビニでも買えるドリンクを活用するのもおすすめです。

例えば、美肌のために飲んでいる方も多いエスエス製薬株式会社の「ハイチオールCプラス」は、二日酔い防止の医薬品として定評があります。「ハイチオールCプラス」に含まれている「L-システイン」には、アセトアルデヒドの分解に貢献してくれるといわれており、パッケージにも記載されています。

その他にも、肝臓の働きをサポートするウコンが含まれている「ウコンの力」シリーズや「液キャベ コーワ」シリーズ、肝臓エキスも配合されている「ヘパリーゼ」シリーズもコンビニで手に入る二日酔いにならないドリンクとして人気があります。飲み会が多い方は錠剤タイプを常に携帯している方もいますね。

試してみて!二日酔いにならない方法【5】飲んだ後は

雑炊

そして、二日酔いは、お酒を飲んだ後の行動でも予防できることがあります。

例えば、アルコールを分解する肝臓のエネルギー源となるのは、炭水化物です。したがって、シメにラーメンや雑炊を食べたり、甘いラムネを食べることは、肝臓へのエネルギー補給になります。

その他にも、寝る前までにさらに水分補給をしたり、しっかり睡眠時間を確保して体の疲労を回復させることも二日酔いにならないためには有効です。

試してみて!二日酔いにならない方法【6】二日酔いがひどくならない方法

二日酔いの女性

二日酔いにならないよう対策をした場合でも、お酒の量や体調によっては二日酔いになってしまうこともあります。


■二日酔いの治し方

例えば、二日酔いになっている朝は、熱いお風呂に入るのは危険です。熱いシャワーを短時間浴びるか、ぬるいお湯につかるようにして、肝臓の働きを促進させましょう。肝臓があるお腹の右上辺りに、使い捨てカイロを貼って温めるのもいいですね。

また、引き続き水分補給をしたり、アルコールの分解に役立ってくれるビタミンCや、肝臓のエネルギーになる糖分が入ったフルーツジュースやトマトジュース、オルニチンが含まれるシジミ汁なども飲んでみましょう。

二日酔いにならないためには、飲みすぎないことが一番大切ですが、お酒を飲みながら水分補給をすることが効果的です。二日酔い予防におすすめのドリンクや食べ物も活用したいですね。