FASHIONAUG.14.2019

トライアスロンの服装集!スイム・バイク・ランのウェアをご紹介

トライアスロンの大会に参加する際はどんな服装を選べばいいのでしょうか。ここでは、トライアスロン初心者さんに向けておすすめのレディースコーデをご紹介します。
トライアスロンの大会に参加する際はどんな服装を選べばいいのでしょうか。ここでは、トライアスロン初心者さんに向けておすすめのレディースコーデをご紹介します。

トライアスロンに必要なものは?

 
スイム、バイク、ランの3つの種目を続けて行うトライアスロンはハードですが、完走できると大きな達成感を得られると人気です。まずは、トライアスロン初心者が揃えておきたいものを確認しましょう。

■トライアスロンに必要なもの
・トライアスロンバイク
・ヘルメット
・トライアスロンウェア
・ウェットスーツ
・バイクシューズ
・ランニングシューズ
・ゴーグル
・サングラス
など

トライアスロンに必要なものは大会によって違います。大会に参加することが決まったら、早めに必要なものを用意しましょう。操作や着用に慣れるため、トライアスロンバイクは3~6か月前、ウェットスーツは1~3か月前に買っておくのがおすすめです。

初心者なら要チェック!トライアスロンのマナー

 
トライアスロンに参加する時は次のマナーを抑えておきましょう。

■他の参加者のレースを妨げない
トライアスロンの大会にはたくさんの人が出場します。他の人のレースを妨害するとトラブルになるだけでなく、ケガをする危険性もあるため、周りの状況を確認しながらレースを進めましょう。

■道路にごみを捨てない
レース中に補給食を食べる際は、道路にごみを捨てないようにしましょう。ごみが出たらコース途中のごみ箱に入れるかトライアスロンウェアのポケットに入れて持ち帰ってください。

■ローカルルールを守る
トライアスロンは大会によって細かい規定が違います。トライアスロン大会に参加する時はローカルルールに従って競技を行いましょう。

トライアスロンに適した服装【1】初心者はトライスーツが基本

 
トライアスロン大会に参加する時は服装に悩む人が多いはず。服装は大会に合わせて選びましょう。

初心者が参加する短距離の大会はトライアスロンウェアを着用するのが基本。トライアスロンウェアは3種目共通で着られるウェアで吸収性や速乾性に優れています。

トライアスロンウェアの中でもトップスとボトムスが一体になったトライスーツは腰周りの締め付けが少ないので、レースに集中しやすいです。

トライアスロンに適した服装【2】ボディラインが出にくいセパレートタイプのトライアスロンウェア

 
トライアスロン初心者の女子はボディラインがくっきりと出るトライスーツに抵抗を感じることが多いです。ボディラインをカバーしたいなら、トライトップスとトライショーツに分かれたセパレートタイプのトライアスロンウェアを選びましょう。

セパレートタイプのトライアスロンウェアは着脱しやすいので、競技中にトイレに行きたくなっても安心です。

トライアスロンに適した服装【3】スイムにはウェットスーツ

トライアスロンで着用するウェットスーツ
基本的にトライアスロンのスイムは海や湖などで行われます。海や湖は波があったり、水温が低かったりすることがあるので、スイムの服装はウェットスーツが一般的です。

ウェットスーツは保温性に優れるだけでなく、ぷかぷかと体を浮かせてくれる力もあるため、スイムが苦手なトライアスロン初心者さんにも良いでしょう。大会によっては、ウェットスーツ以外の服装ではレースに出場できないこともあるので、注意してください。

トライアスロンに適した服装【4】スイム時はゴーグルやスイムキャップも必要

 
トライアスロンのスイムではゴーグルやスイムキャップも必要です。ゴーグルは一般的なものではなく、オーシャンスイムやトライアスロン用を選びましょう。スイムキャップは大会でもらえることが多いため、参加前に確認しておくと良いでしょう。

トライアスロンに適した服装【5】中長距離のレースならバイクパンツ

 
トライアスロンに慣れてきて中長距離のレースに参加する場合は、バイクパンツを穿くのもおすすめです。バイクパンツはトライアスロンウェアと比べてお尻のクッションがしっかりとしているので、長時間バイクを漕いでもお尻が痛くなりにくいです。

トライアスロンに適した服装【6】ヘルメットやサングラスで体を守る

 
バイクに乗る時は服装だけでなく小物も大切です。トライアスロンのバイクはスピードが時速30km以上になるので、ケガから体を守るためにヘルメットを着用しましょう。

また、日差しを遮ったり、風から目を守ったりするサングラスも必要です。視力が悪い人は必ず度入りのサングラスを使ってください。

トライアスロンに適した服装【7】ビンディングシューズ×ビンディングペダルでスピードアップ

 
トライアスロンの大会に参加する際はビンディングペダルを使う人が多いです。ビンディングペダルはシューズと一体化できるペダルで、押す動作と引く動作でバイクを動かします。

一般的なペダルと比べて効率的にスピードを出せるだけでなく、筋肉の疲労を和らげる効果も期待できます。

トライアスロンに適した服装【8】ランは風を通しやすいウェア

 
ランは風を通しやすく、熱がこもらない服装で行いましょう。スイムやバイクでも使えるトライアスロンウェアが人気ですが、バイクジャージを着用してもOKです。ただし、バイクパンツはクッションが邪魔になって走りにくいことがあるので、避けた方が良いでしょう。

トライアスロンに適した服装【9】ランニングシューズは足が疲れにくいもの

 
ランはトライアスロンの最後に行います。疲労が溜まっているので、足が疲れにくいシューズを選びましょう。ランニングシューズでも良いですが、タイムを上げたい人は着脱しやすいトライアスロン用のシューズを用意するのもおすすめです。
トライアスロンはハードなスポーツ。スイム・バイク・ランそれぞれに合う服装で体への負担を和らげ、タイムを縮めましょう。ハードなスポーツですが、完走できると達成感を味わえます。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!