BEAUTY
APR.27.2020

家でホワイトニングするメリットは?準備するものや流れなど

家でホワイトニングするメリットは?準備するものや流れなど 家でホワイトニングするメリットは?準備するものや流れなど

歯を白くするためにホワイトニングに通いたいと思っている人はいませんか?その中でも家でできるホームホワイトニングとはどんなものなのか気になりますよね。家でのホワイトニングの流れや準備するものについてご紹介します。

【目次】

歯の黄ばみの原因

 

まずは歯が黄ばんでしまう原因についてご紹介します。

生まれつき

歯の黄ばみは生まれつき起こるケースもあります。歯の黄ばみの色は、歯の内側にある象牙質の色味で決まります。この象牙質の色味は乳白色だといわれていますが、個人差がありもとから黄ばんでいるように見える人もいます。

さらに象牙質の周りにあるエナメル質の厚さや透明度は人によって異なり、光の反射によって黄色く見えてしまうこともあります。物心ついたことから黄ばみが気になる人は、生まれつき黄ばんで見えやすい歯をしています。

ステイン汚れ

歯の黄ばみは、エナメル質の部分にステインがつくことによって起こります。さまざまな飲み物や食べ物の色素が、エナメル質の表面と結びつくことでステインとなり歯に付着します。

ステインの原因となるものは、たばこやコーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレー粉などです。普段何気なく口にしているものにより、ステインが歯に付着しやすくなります。

歯石が付着している

歯の黄ばみは、歯磨きの磨き残しによってできる歯垢が原因となることも。歯垢を放置することによって歯に定着し、その後歯石になります。歯磨きをしっかり行っているつもりでも、細かい部分に磨き残しがある場合も。

歯石が溜まると自力で取ることは難しく、歯医者で除去してもらうしかありません。歯石は口臭の原因にもなり、口内環境を悪化させる原因にもなります。

家でのホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い

 

ホワイトニングには、家でするホームホワイトニングと歯医者で行うオフィスホワイトニングの2つがあります。それぞれの違いについてご紹介します。

使用する薬剤

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングでは、まず使用する薬剤からして違います。まずホームホワイトニングで使用するのは、過酸化尿素という薬剤です。この薬は歯の汚れを落とす効果はありますが、即効性があるものではありません。

ホームホワイトニングは家で行うことになるため、安全性が第一になります。素人が行っても問題なくホワイトニングができるように考えられた薬剤を使用しています。

反対にオフィスホワイトニングで使用しているのは過酸化水素です。こちらの薬剤は歯の表面に塗った瞬間からすぐに汚れを落としてくれるようなものです。即効性が高いため、1度で効果を得られるようなものが多いです。

施術内容

家でのホワイトニングとオフィスでのホワイトニングは、そもそもやり方が違っています。家で行うホームホワイトニングは、マウスピースを用いて行います。歯医者に出向き、自分にぴったりなマウスピースを作成します。そのマウスピースに薬剤を流し込み、歯に密着させることでホワイトニングを行います。

反対にオフィスホワイトニングは、歯に薬剤を塗布し、その上から光を当てることでホワイトニング効果を高めていきます。そのため、短時間でも効果が得られます。

効果の出方

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングは、効果の出方に大きな違いがあります。ホームホワイトニングの場合、安全性を第一に考えているため、効果の出方は穏やかになります。

確かにホワイトニング完了までに時間はかかりますが、1度白くなってしまえばもとに戻りにくいというメリットがあります。

オフィスホワイトニングは、1回でも効果を得られます。何度か繰り返し行うことで、理想的な白さに近づきます。ただ1度だけ施術しても、ステインを含む嗜好品を服用し続けることにより、すぐに色が戻ってしまうこともあります。

オフィスホワイトニングは、この日までに必ず白くしたい!という目的がある人に好まれる方法です。

家でホワイトニングをするメリット

 

家でホワイトニングを行うメリットについてご紹介します。

クリニックに通わなくて済む

ホームホワイトニングの1番のメリットは、歯医者に通わなくて済むということです。最初に通院してマウスピースを作ってしまえば、薬剤がなくなるまでは通院する必要がなくなります。

ホワイトニングしたくても、なかなか歯医者に通えないという人にとっては、自分のペースでホワイトニングができるのでとても便利です。歯医者によってはいつも混んでいるようなところもあり、待ち時間が煩わしくなってしまったせいで、途中で通うのをやめてしまうことも多々ありますが、ホームホワイトニングであれば、そんな心配はありません。

オフィスホワイトニングよりも安く済む

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングよりも安く済みます。まず通院する回数自体が少ないので、再診料などの費用も削減できます。マウスピースを作るのは2万円以上かかることもありますが、1度作ってしまえば、壊れるまで使い続けることができます。

あとは薬剤を買い足していけばいいことなので、長期的なホワイトニングでも安く済ませることができます。オフィスホワイトニングの場合、5万円以上かかることもあるので、それに比べると非常に安上がりになります。

色持ちがいい

家でのホワイトニングは、長期的に使用することによってオフィスホワイトニングよりも白くすることができます。オフィスホワイトニングは効果も高く、色持ちが良いと思っている人もいるかと思いますが、それは間違いです。

ホームホワイトニングは効果がはっきり見えるまでには時間がかかりますが、それでも1度白くなれば色持ちが良くなります。オフィスホワイトニングをしている人でも、色持ちをキープするためにホームホワイトニングを併用している人もいます。

ホームホワイトニングは継続的に使用することが前提ですが、1年~2年ほどかけて白くすれば、色の戻りが遅くなるため白い状態を長くキープすることができます。

自然な白さで極限までホワイトニングしたい人には、ホームホワイトニングがおすすめです。

自然な仕上がりになる

家でのホワイトニングは、自然な仕上がりにしたい人におすすめです。ホームホワイトニングで使用する薬剤は穏やかに歯を白くしていきます。そのため、自分の好みの白さに加減を見ながら調整できることになります。

歯は真っ白になりすぎるのは不自然ですが、家でホワイトニングをする場合は徐々に白くなっていくため、ナチュラルに変化していきます。自分の歯のコンディションに合わせてホワイトニングを進められるので、自然に歯を白くしたい人にはおすすめのホワイトニング方法です。

家でのホワイトニングのデメリット

 

家でのホワイトニングには、デメリットも存在します。自宅でホワイトニングを行う時のデメリットについてご紹介します。

継続的に使用しないと意味がない

家でのホワイトニングは、継続的に使用し続けないと意味がありません。何となく気が向いた時に行えばいい、というわけではなくて毎日の日課にしなくてはホワイトニング効果が得られなくなってしまいます。

少しずつ穏やかに歯を白くしていくので、1度ですぐに色の差がわかるようなものではありません。毎日の日課として使い続けないと、ホワイトニングのお金が無駄になってしまいます。

1日の装着時間は1時間~2時間くらいとそこまで長くはありませんが、その時間を確保できないのであれば、ホームホワイトニング自体が向いていないことになります。

理想通りの白さは人によって違いますが、1年~2年近くかかることもあるので、その期間しっかり継続できる人ではないと、本来のホワイトニング効果が得られません。

毎日つける習慣をつけなくてはいけない

家でのホワイトニングは、マウスピースを毎日はめる習慣をつけなくてはいけません。特に違和感なくできる人や、時間を確保できる人は良いですが、これに耐えられず続けられなかったという人もいます。

口の中にマウスピースを入れて1時間~2時間ほど放置するのですが、慣れるまでは違和感がかなりあります。数分ではなくかなり長い時間そのままの状態で放置しなくてはいけません。

この時間に耐えられる人ではないと、家でホワイトニングするのは難しいです。家から帰宅して2時間以内に寝てしまうという人にとっては、その時間を確保することすら難しくなります。

自分が毎日2時間近くフリーな時間を作れるかどうかも重要になります。

ステインがつきやすいものを我慢する必要がある

これが1番辛いと感じる人も多いですが、家でホワイトニングをしている間は、ステインがつきにくいものをなるべく避ける必要があります。オフィスホワイトニングの場合も飲食制限はありますが、ホームホワイトニングよりも早く終わるので、我慢するまでの期間が短いです。

しかし、ホームホワイトニングの場合、ホワイトニングが終わるまでずっと飲食制限をする必要があります。もともと効果が穏やかな薬剤を使っているので、ステインがついてしまったら、今までのホワイトニング効果がすぐになかったことになってしまいます。

ホームホワイトニングのように強力な力がないせいで、ホワイトニングが完了するまでは、1度きれいにした部分がすぐに元通りになってしまいやすいというデメリットがあります。

家でホワイトニングをするために必要なもの

 

家のホワイトニングをするために必要なものについてご紹介します。

マウスピース

家でのホワイトニングに欠かせないものといえば、マウスピースです。マウスピースがなければ、薬剤を塗ることはできません。マウスピースは自分の歯型に合ったものでないと意味がありません。

ホームホワイトニングを行っている歯医者に出向くことで、自分の歯型に合ったマウスピースを手に入れることができます。市販のマウスピースの場合はしっかり歯にフィットしないので、効果が得られません。

ホームホワイトニングをする時は、必ず歯医者でマウスピースを作るようにしましょう。

ジェル

ホームホワイトニングには、ジェルも必要です。このジェルの中にホワイトニングの成分が入っています。よくこういったジェルを使ったアイテムが市販されていますが、その中には漂白成分が含まれていません。

漂白成分のあるジェルを使ったホワイトニングができるのは、クリニックのみになります。クリニックに受診することで、ホワイトニングのジェルが購入できるようになります。

マウスピースと同様に、ホームホワイトニングを扱っているクリニックで処方してもらうようにしましょう。

海外製品の輸入はしない

ホワイトニングアイテムというと、海外製品を思い浮かべる人もいると思います。並行輸入品などを扱っているサイトもあります。漂白成分が含まれているホワイトニングキットかもしれませんが、絶対に使用しないようにしましょう。

日本では漂白成分を含むホワイトニングアイテムは、歯医者でしか処方されません。それは、安全に使うためのルールです。海外製品を使ったとして、万が一何かあった時に、治す保証はないということです。

ホワイトニングは簡単な行為だと思っている人もいますが、そうではありません。歯は一生必要になる大切なパーツの1つです。それを自分の好奇心によって無くすことがないようにするためにも、海外製品の購入はやめるようにしましょう。

家でホワイトニングする流れ

 

ここからは、家でホワイトニングをする流れについて、詳しく解説していきましょう。

クリニックで今の自分の歯の色をチェック

まずは、家でホワイトニングをする前に、クリニック探しから行いましょう。ホームホワイトニングを扱っているクリニックを見つけます。最近ではインターネットで検索するだけでヒットするので、自分が通いやすい場所で、通いやすい価格帯の場所を選びましょう。

ホームホワイトニングで予約を入れたら、今の自分の歯の状態や色味をチェックします。この場でもし虫歯や歯周病などの疑いが出た場合、ホワイトニング自体を延期させなくてはいけない場合もあります。

その場合はしっかり治療を行い、リスクを無くしてからホワイトニングに進みましょう。ホワイトニングを扱うクリニックはたくさんあるため、まずはカウンセリングのみで、いくつか比較してから契約するというパターンもありますよ。

自分が納得する形でホワイトニングができそうなクリニックを見つけたら、実際に契約してホワイトニングにうつっていきます。

マウスピースを作る

ホワイトニングに関する契約が完了したら、マウスピースを作ります。マウスピースは自分の歯の形を取って、それをもとにマウスピースを作っていきます。マウスピースは歯型を取ってその日のうちに作られるものではありません。

ホワイトニングの契約が終わっても、その後すぐにホームホワイトニングにうつれるというわけではないので、余裕を持って通うようにしましょう。

歯型を取り終わったら、次回の予約をします。このタイミングでマウスピースができているはずなので、このタイミングでジェルが渡されるはずです。

ジェルは基本的に数週間や数か月分まとめて渡されます。ジェルが無くなったタイミングで、通院するという形になります。

ホワイトニング前に歯を磨く

 

ホワイトニングをスタートする前に、必ず歯を磨きます。ホワイトニングは歯がきれいな状態じゃないと、効果が発揮されません。できれば夜の食事が終わった後、寝る前くらいに始めるのがおすすめです。

歯全体に磨き残しがないように、しっかり歯磨きするようにしましょう。

マウスピースにジェルをつける

歯磨きが終わったら、実際にホワイトニングにうつっていきます。マウスピースとジェルを用意します。ジェルはだいたい1回分ごとにつかいきりになっているので、1回分だけを用意してください。

マウスピースにジェルを乗せていきます。ジェルを乗せる量は、だいたい1つの歯に対して米粒1つ分程度です。すべての歯にしっかりジェルが行き渡るようにするために、すべての歯に対してジェルを乗せておきましょう。

ジェルが余ってしまうという場合もあるかもしれませんが、使い捨てなので余った分はそのまま捨てるようにしましょう。

マウスピースをつける

マウスピースにジェルを塗ったら、実際に歯に装着していきます。1度でしっかりハマるように、位置を調整しながら乗せていきます。しっかり歯にハマったら、そのまま規定の時間を放置していきます。

だいたい1時間~2時間程度が一般的です。何か違和感を感じた場合はその場ですぐに使用をやめて、洗い流すようにしましょう。

当たり前ですが、このタイミングでの飲食は禁止です。少し長い時間になりますが、しっかり時間を置くことによって、効果が表れます。最初装着したばかりの頃は、違和感があって慣れないかもしれません。気を紛らわしながら時間を置いていくようにしましょう。

規定の時間放置したら外して歯を磨く

規定の時間放置したら、マウスピースを外します。外したら、再度歯を磨いて口の中に残っている薬剤を洗い流していきます。これで家でのホワイトニングが完了します。

マウスピースはしっかり洗って清潔な状態を保つようにしましょう。

家でホワイトニングする注意点

 

ここからは家でホワイトニングをする注意点についてご紹介します。

規定の時間以上放置しない

家でホワイトニングをする際は、すべてを自己責任で行わなくてはいけません。指定されている時間以上放置するのはやめにしましょう。長時間置けば白くなるというわけではなく、長期的に続けることで白くなるものです。

寝ている間中つけたとしても、白さに違いはありません。また、長時間付けることで、歯や歯茎を傷つける可能性が高いです。もともと健康的な歯や歯茎だったのにも関わらず、間違った使い方をすることで、歯の健康が失われてしまう可能性もあります。

後から後悔しても遅いので、しっかり規定の時間を守るようにしましょう。

クリニックでのメンテナンスは怠らない

家でホワイトニングしていれば、クリニックに通う回数は少なくなりますが、医師に診察を指定された時には必ず受けるようにしましょう。家でホワイトニングをしているなら、絶対にクリニックに通わなくていいというわけではありません。

お医者さんによっては、都度チェックすることもあります。人それぞれ口内のコンディションには違いがあるため、メンテナンス等がある時には必ず受診するようにしましょう。

極まれに白くならないこともある

家でホワイトニングをしたとしても、極まれに白くならないこともあります。それはもともと自分が持っている歯の色自体が黄色くなっている場合です。ステイン汚れなどはしっかり落とせても、自分が持っている色がもともと黄ばんでいれば、効果が見える確率は低くなってしまいます。

最初に医師からある程度の説明があるかもしれませんが、継続してもまったく色が変わっていない場合は、医師に相談するようにしましょう。

もしかしたらホワイトニングの中断を提案されるかもしれませんが、他のホワイトニング方法をすすめられることも。何か歯の状態で気になったことがあれば、直ちに医師に相談するようにしましょう。

白い状態の歯をキープするための歯磨きの仕方

 

ホワイトニング中に白い状態をキープするための歯磨きのやり方についてご紹介します。

おすすめは電動歯ブラシ

ホワイトニング中におすすめの歯ブラシは、電動歯ブラシです。一般的な歯ブラシは、ある程度磨けはしますが十分に磨ききれていないことが多いです。細かい部分までしっかり洗うことができていないケースもあるので、電動歯ブラシを使うのがおすすめです。

振動しながら細かい部分までしっかり磨くことができるので、ホワイトニング中もきれいな状態を保つことができます。ホワイトニング効果を軽減させないためにも、電動歯ブラシをゲットするのがおすすめです。

歯1本1本を磨くイメージで

正しい歯磨きの仕方は、左右に擦るのではなく1本1本しっかり磨くのがポイントです。左右に擦るだけだと、磨ききれてない部分が出てきてしまいます。それを無くすためには、電動歯ブラシで1本1本磨いていきましょう。

1本の歯に当てたら、そのまま動かさずに5秒ほど放置します。そして少しだけずらしてまた5秒、少しずらして5秒と繰り返し、磨き残しのないように1本1本丁寧に磨いていきましょう。

1本が十分に洗えたら、次の歯にうつっていきます。奥歯に差し掛かるにつれて、磨きにくい部分が出てくるので、あらゆる方向からブラシをあてて、磨き残しがないようにするのが大切です。

しっかり磨けない時は歯間ブラシを使う

電動歯ブラシを使った歯磨きがなかなかできないタイミングもありますよね。そんな時は、歯間ブラシや糸ようじを使うようにしましょう。歯の汚れが溜まりやすいのは、歯の間です。しかし、この部分は普通の歯ブラシではなかなか磨けません。

そんな時こそ、サイズがコンパクトで持ち運びやすい歯間ブラシや糸ようじが活躍します。歯と歯の間を磨くためにも、歯間ブラシや糸ようじを使って磨いていきましょう。歯の間1本ずつ丁寧にブラシや糸を通していきます。

歯磨きができなくても、歯と歯の間だけを綺麗にしておくのもおすすめです。時間がない時でも、マウスウォッシュなどと組み合わせて、できるだけきれいな状態を保つようにしましょう。

家で行うホワイトニングについてご紹介しました。口元のきれいさは第一印象に響くと言われているので、できるだけきれいな状態を保っておきたいものです。白く美しい歯を手に入れたいという人は、ぜひ家でのホワイトニングを試してみてくださいね。