FASHIONFEB.27.2019

ワッフルワンピースのコーデ9選!楽でもおしゃれな着こなしを解説

女性らしさがありつつも、カジュアルかつ優しげな風合いで、抜け感のある「ワッフルワンピース」。そこで今回は、今旬のワッフルワンピースの特徴をご紹介した上で、季節別の着こなしやアウターとレギンスの合わせ方まで徹底解説します!
女性らしさがありつつも、カジュアルかつ優しげな風合いで、抜け感のある「ワッフルワンピース」。そこで今回は、今旬のワッフルワンピースの特徴をご紹介した上で、季節別の着こなしやアウターとレギンスの合わせ方まで徹底解説します!

ワッフルワンピースの特徴って?季節別におすすめの着こなしをご紹介

 
ナチュラルな風合いで人気を誇る、「ワッフル」素材。お菓子のワッフルのように立体感のある織り目が特徴的で、シンプルながらもおしゃれに見えるところが人気の秘訣。さらに他の素材と比べると、やや生地が分厚く毛羽立ちが見られにくい上に、洋服特有のヨレやシワが少ないところも嬉しいポイントです。そこで今おしゃれさんの間で人気を博しているのが、ワッフル素材のワンピース!女性らしくもナチュラルな雰囲気の、抜け感のあるワッフルワンピースで、おしゃれな着こなしを楽しみませんか?

そこで今回は、ワッフルワンピースの季節別の着こなしから、アウターとレギンスの合わせ方まで一挙ご紹介します!今流行りのワッフルワンピースのおしゃれな着こなし方を、ここで一気にチェックしましょう。

ワッフルワンピースコーデ【1】春は長袖をチョイス!プリーツスカートを重ねて

プリーツスカートを使ったワッフルワンピースコーデ
冬の厳しい寒さが落ち着き、コートなしでもお出かけが出来るこの季節。春には、長袖のワッフルワンピースをさらっと着こなし、軽やかなコーディネートにまとめましょう!サイドに大きくスリットが入ったワッフルパンピースには、下にボトムスを重ねるのが定番スタイルです。

ベージュのスリット入りワッフルワンピースには、同じくベージュ系のプリーツスカートを合わせて統一感を。ロング丈を重ねることにより、縦のラインが強調されてスタイルアップが実現するところがポイントです。さらにプリーツスカートで女性らしくまとまっている分、足元はスニーカーで抜け感を加えるところがおしゃれに見せる秘訣。

ワッフルワンピースコーデ【2】夏は半袖をさらっと1枚で着こなして

サンダルを使ったワッフルワンピースコーデ
夏には、半袖のワッフルワンピースをさらっと着こなしましょう。定番のTシャツワンピと比べても、シンプルですが質感がアクセントとなって、おしゃれに見えるワッフルワンピース。さらっと着こなすだけでも垢抜けた雰囲気を演出できるため、夏にはぜひワッフルワンピースでおしゃれコーデを楽しんでください!

上品な風合いのブラウンのワッフルワンピースは、1枚でも決まる優秀アイテム。サイドには浅めのスリットが入っていると、抜け感が加わるためおすすめです。足元はあえてサンダルで、リラックス感をプラスするのも良いでしょう。

ワッフルワンピースコーデ【3】秋は黒で落ち着いた雰囲気に仕上げよう

を使ったワッフルワンピースコーデ
秋には、落ち着いた色合いのワッフルワンピースで、秋らしい装いに仕上げましょう。例えば、黒色のワッフルワンピースを主役としたコーディネート。真っ黒だと暗い印象を与えそうなワンピースでも、優しげな風合いのワッフル素材なら、抜け感が加わって地味に見えません。

黒のロング丈のワッフルワンピースは、さらっとシンプルに着こなすのがおしゃれ。肌寒い日には、レギンスを履いておしゃれに防寒対策をしましょう。ただしレギンスまで黒でまとめると暗い印象になってしまうため、グレーやベージュを選ぶのがポイントです。

ワッフルワンピースコーデ【4】冬はコートを羽織って防寒対策を

コートを使ったワッフルワンピースコーデ
寒い冬のワッフルワンピースの着こなしに、お悩みの方も多いはず。そこで冬には、厚手のワッフルワンピースを着用した上で、コートを羽織って防寒対策をしましょう。ワッフル素材は肉厚なので薄手には見えませんし、程よく保温性があるため、冬に着こなしても全くおかしくはありません。

肉厚なベージュのワッフルワンピースには、ブラウンのパンツを仕込んで足元までしっかりと防寒対策を。さらにボアコートを羽織ることで、寒さなんて感じない冬の装いが叶います。スタイアップを狙いたいのなら、ウエストの高い位置にベルトをプラスするとOK。

ワッフルワンピースコーデ【5】寒い日にはレイヤードするのもアリ

ハイネックニットを使ったワッフルワンピースコーデ
ワッフルワンピース1枚で寒い日には、「レイヤード」のテクニックを駆使すると良いでしょう。工夫して重ね着をすることにより、暖かいだけではなくおしゃれまで叶うところが嬉しいポイント。シンプルなワッフルワンピースには、中に仕込んでこなれ見えを狙ってください!

例えば、Vネックのワッフルワンピースを主役としたコーディネート。Vネックで胸元が程よく開いているため、タートルネックを重ねて首元の防寒をしつつ、きちんと感を演出しましょう。さらにワンピースの下にパンツを履くことで、女性らしくも抜け感のある、今っぽい大人カジュアルなコーデにまとまります。

ワッフルワンピースコーデ【6】デニムパンツとの相性抜群!抜け感が加わる

デニムパンツを使ったワッフルワンピースコーデ
カジュアルな風合いのワッフルワンピースは、デニムパンツとの相性抜群です。デニムパンツでさらにカジュアルダウンすることにより、今っぽいこなれ感のあるコーディネートにまとまるため、ぜひチャレンジしてみてください!

デニムパンツに合わせたい場合、ワッフルワンピースはサイドに深くスリットが入ったものを選ぶのがベター。スリットが入っているとデニムをあわせてももたつかず、着こなしがスマートに見えるからです。デニムパンツは、きれいめに見せたいならスキニー、抜け感を加えたいならワイドを選ぶと良いでしょう。

ワッフルワンピースコーデ【7】レギンスは黒が無難!どんなスタイルにも合う

黒レギンスを使ったワッフルワンピースコーデ
ワッフルワンピースには、「レギンス」を合わせる着こなしが近年トレンド。そこでどんなカラーのワッフルワンピースにも合わせやすいのが、「黒色」のレギンスです。とは言え先ほどご紹介したように、黒のワンピースには違うカラーのレギンスを合わせるのがマスト。

グレーのワッフルワンピースには、黒のレギンスを合わせてコーデにきちんと感をプラスして。さらに足元には黒のパンプス、そして羽織りものも黒でまとめて、統一感を出すとコーデにまとまりが出るのでおすすめです。さらに、あえてカバンなどの小物で差し色を加えるのもおしゃれ!

ワッフルワンピースコーデ【8】肌寒い日はニットカーディガンを羽織って

ニットカーディガンを使ったワッフルワンピースコーデ
春や秋の季節の変わり目には、肌寒い日々が続きます。日中はぽかぽか陽気でも、朝晩にはグッと冷え込む日も多いため、羽織りものを用意しておくと安心。そこでこの季節におすすめなのが、「ニットカーディガン」です!

ベーシックなデザインで、とことんシンプルなワッフルワンピース。ざっくり編みが今っぽいニットカーディガンをプラスすると、一気にトレンド感のある着こなしに仕上がるのでおすすめです。ワンピースがタイトめなら、カーディガンはゆったりとしたサイズ感をチョイスすると、より今っぽい着こなしが叶います。

ワッフルワンピースコーデ【9】アウターは何を合わせる?きれいめに見せるならこちら

チェスターコートを使ったワッフルワンピースコーデ
冬にワッフルワンピースを着用する場合、どんなアウターに合わせたらおしゃれに見えるのか悩むところ。基本的に合わせるアウターはどんなものでも構いませんが、きれいめに見せたいのなら「チェスターコート」がおすすめです。ワッフルワンピースのカジュアルな雰囲気を抑え、大人っぽく見せます。

特に寒い日にはダウンジャケットを着用しても良いですし、季節の変わり目にはデニムジャケットを合わせるのもおしゃれ。合わせるアウターによって様々な顔を見せるので、ぜひお手持ちのアウターで試してみてください。
いかがでしたか?今回は、ワッフルワンピースを使ったおしゃれなコーディネートを9パターンピックアップしてご紹介しました。着こなしによっては、オールシーズン着用できるワッフルワンピース。リラックス感がある上にナチュラルな風合いで、着心地の良さとおしゃれを兼ね備えた優秀なワンピースです。ぜひ参考にして、ワッフルワンピースでおしゃれな着こなしを楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6