BEAUTYOCT.11.2018

前髪の流し方で印象チェンジ!長さ別で見る簡単なアレンジ

前髪は第一印象を左右する重要なパーツ。しかし、上手にセットすることができないときもありますよね。 そこで今回は、ショートやロング、伸ばしかけなど、前髪の長さに合わせておしゃれな流し方をご紹介します。
前髪は第一印象を左右する重要なパーツ。しかし、上手にセットすることができないときもありますよね。 そこで今回は、ショートやロング、伸ばしかけなど、前髪の長さに合わせておしゃれな流し方をご紹介します。

前髪の流し方、どうしてる?

ショートバング×ロングヘア
第一印象を左右する重要なパーツだからこそ、朝のセットでも気合いが入る前髪。
しかし上手に決まらなかったり、いつもと同じ前髪にマンネリ化してしまったりと、悩みがつきもの。

そんなときは、前髪の流し方を思い切って変えてみませんか?流し方を変えることで新しい自分に出会うことができ、いつもとは違う雰囲気を楽しめます。

上手にセットできなくて下がっていた気分も、前髪が決まれば気分も上がりますよね!
ヘアアイロンやカーラーを用意して、前髪の上手な流し方にトライしてみてください。

長さ別で見る前髪の流し方【1】短めバングは斜めに流してキュートに決める

ショートヘア×ショートバング
ショートバングはいつも同じスタイルにしてしまいがちですが、フワッとサイドに流せばとびきりキュートな雰囲気を作ることができます。

ただし、全体を巻いてしまうと外側がハネてしまう可能性もあるので、前髪の中央のみを細目のヘアアイロンで軽く巻くことがポイント。
しっかりしたワックスで、つまむようにして馴染ませるとナチュラルにキープできます。

カジュアルからキレイめまで、どんなスタイリングにも合わせやすくなりますよ。

長さ別で見る前髪の流し方【2】しっかりめのカールでガーリーに決める

ショートバング×ロングヘア
軽く巻いたショートバングは、ナチュラルな流し前髪になりますが、もっと特別感のある前髪にしたいときは、くるんとなるようにコテでしっかり巻いて、少量のワックスをつけながら毛束を作ってみてください。

眉上の長さと、カール、隙間によって甘めな雰囲気に仕上げることができますよ。

フェミニンな服装と合わせてとびきり可愛く、カジュアルな服装と合わせてあえてアンニュイに決めるのもおすすめです。

長さ別で見る前髪の流し方【3】斜めバングはボリュームを抑えながらサイドへ

斜めバング×ロングヘア
最近は前髪を斜めにカットしたようなアシンメトリーなスタイルも人気ですよね。
アレンジが難しそうですが、長い方の前髪に向かって短い方を流せばスタイリッシュな髪型が楽しめます。

根元を濡らして、ブラシで斜めに毛流れを作りながらドライヤーを当てて乾かしてみてください。

前髪はぺったりさせることがポイントなので、斜め下へ軽く引っ張りながらワックスをなじませましょう。

長さ別で見る前髪の流し方【4】重めバングで目力アップ

重めバング×ゆるウェーブ
自分の流したい方向とは逆の方向に前髪を引っ張り、コテで内側にくるんっとさせ、手で素早く流したい方に向けて整えただけの重めバングは、いつもよりちょっぴり大人な雰囲気を楽しませてくれます。

長めの前髪も、毛先のカールによって丁度いい長さになりますよ。目にかかるギリギリの長さであれば、目力も強調されます。

あえて隙間を作らず、そのまま流しておくことがポイント。

長さ別で見る前髪の流し方【5】あざと可愛いシースルーバング

シースルーバング×セミロング
透け感が出るようにセットしたシースルーバングなら、あざと可愛い前髪を楽しむことができますよ。
重めバングと比べると、やはり可愛らしい印象が強いですよね。

シースルーバングの作り方のポイントは、前髪が「し」の字になるようにコテやアイロンで巻いていきます。そして隙間ができるように、少量のワックスやオイルで束感を作ってみてください。

男ウケも抜群の流し方なので、デートやオフィスでもフル活用したくなりそうですね。

長さ別で見る前髪の流し方【6】大人美人に決まるセンターパート

ミディアム×センターパート
長めの髪や伸ばしかけの髪は、思い切って真ん中で分けてサイドへ流してみて!
おでこが出るので、爽やかな印象になるのですが、フェイスラインは隠れるので小顔効果が期待できます。

コテで巻きながらふんわり流して、大人可愛く決めてみてはいかがでしょうか。キレイめな流し方ですが、フェミニンコーデにもマッチしてくれますよ。

長さ別で見る前髪の流し方【7】ハンサムに決まるかき上げ

ミディアム×かき上げバング
ハンサムに決めたいときは、根元を立ち上げたかき上げバングにしてからサイドに流してみましょう。

前髪を2つの毛束に分けたら、片方の毛束にコテを前髪に対して真っすぐ入れ、外に向かってひと巻きし、もう片方も同じように行います。仕上げに、巻いた前髪を手で後頭部に向かって持ち上げ、ほぐすだけ!

濡らした状態から後ろへ流すように、ドライヤーの熱を当てることもおすすめです。
センターよりも、8:2や9:1のほうがクールに決められます。

長さ別で見る前髪の流し方【8】うざバングでモード感を漂わせる

うざバング×ボブヘア
長めの前髪や伸ばしかけの前髪は、あえてそのまま目にかかるような流し方もおすすめですよ。ただし、ただ流してしまうと暗く見えてしまうので、隙間を意識しながら作ることがポイントです。

前髪を5つに分けたら、ストレートアイロンで毛先だけを内巻きにします。
毛先をずらすようにサイドへ流し、少量のワックスで前髪をつまむようにして束感を出してみてください。

隙間から見える目線が色っぽくなるので、カジュアルなコーデも大人っぽく決まります。

長さ別で見る前髪の流し方【9】伸ばしかけの前髪にはこなれたピン使いにトライ

ロングヘア×前髪
伸ばしかけの中途半端な前髪に悩んだときは、ピンを使ってサイドに流しましょう。仕事で邪魔なとき、オフでリラックスしたいときに1分でできる簡単なアレンジですし、顔周りをすっきり決めることもできます。

ただピンで留めるより、2本のピンを使ってクロスにしたり、4本のピンでシャープを作ったりすると遊び心をプラスできるので、ピン使いで差をつけるのも◎。
おしゃれな前髪の流し方をご紹介しました。前髪一つで髪型全体の雰囲気も変わってくるので、あとは上手にセットできるまで練習あるのみ!毎日気分が上がる前髪を楽しめるよう、ぜひいろいろな流し方にトライしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。