DEC.23.2019

カジュアルウェディングにおすすめの服装!ドレスコードや服装マナー

カジュアルウェディングにおすすめの服装!ドレスコードや服装マナー カジュアルウェディングにおすすめの服装!ドレスコードや服装マナー

最近人気の結婚式といえば、ガーデンウェディングなどのカジュアルなウェディング。ただそんな結婚式では、どこまでカジュアルな服装でいいのか悩んでしまいます。そこで今回は、カジュアルウェディングにおすすめの服装やマナーなどをご紹介します。

人気のカジュアルウェディング。意外と服装選びが難しい?

 

最近の結婚式のトレンドといえば、ガーデンウェディングやレストランウェディングなどのカジュアルなウェディング。ただ、着て行く服装となると、「いつものドレスだとフォーマル過ぎる?」「どこまでカジュアルで大丈夫なの?」など意外と悩んでしまいます。

そこで今回は、カジュアルウェディングにおすすめの服装をコーデを使ってご紹介します。まずは、服装選びの前に知っておきたい、カジュアルウェディングのドレスコードや服装マナーをチェックしてください。

カジュアルウェディングのドレスコード

 

一般の結婚式と違い、ガーデンウェディングやレストランウェディングなどのカジュアルウェディングは、服装のフォーマル度は低い場合が多いです。一般の結婚式のドレスコードがセミフォーマルなのに対して、カジュアルウェディングのドレスコードは、セミフォーマルより少し格式が下がるインフォーマルやスマートエレガンスに当たります。

ただ、ゲストが友人中心のカジュアルウェディングの場合と、ゲストが家族や親族、勤務先の上司も参列するカジュアルウェディングの場合とでは、服装のフォーマル度は変わります。

ゲストが友人だけのカジュアル度の高いウェディングの場合は、招待状にも「平服でお越しください」等の記述があるかもしれません。招待状に服装についての記載がなく様子が分からない場合は、事前に新郎新婦に確認しておきましょう。

カジュアルウェディングの服装マナー:夏でも肌の過剰な露出は厳禁!

 

カジュアルウェディングといっても、式における服装マナーは一般のものと大きく違いはありません。新婦が着用するウェディングドレスと色がかぶる白のドレスはNGです。

ファーや革といった殺生をイメージさせる素材の服も×。秋冬はファー素材のストールや、アウターにファーがあしらわれているものを選びがちですが避けた方が無難です。

暑い夏の時期のカジュアルウェディングで気をつけたいのは肌の露出。キャミワンピやオフショルワンピ、ミニ丈ワンピは避けましょう。

カジュアルウェディングの服装選びのポイント

 

カジュアルウェディングで服装を選ぶ際のポイントは、セミフォーマルより少しカジュアルを意識して選ぶこと。アイテムはワンピースやスーツ、セットアップなどが最適です。フォーマル度の高い結婚式では微妙なパンツドレスやパンツスーツもOK。

ブラウスにスカートやパンツを組み合わせるのもOKですが、綿やウールなどのカジュアルテイストな素材は避けましょう。きれいめな素材感のものでワントーンにまとめるなど、フォーマルな印象になるようにスタイリングしましょう。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【1】ドレス①:ガーデンやレストランなど式場に合わせたドレス選びを

カジュアルウェディングにおすすめのドレスワンピース

カジュアルウェディングに着ていくドレスを選ぶ際は、ガーデンやレストランなど式場に合わせたものを選ぶのもポイント。ナチュラルな雰囲気にはレース素材のワンピース、おしゃれなレストランならモードなワンピースなど、式場の雰囲気に合わせたドレスを選ぶことが大切です。

ガーデンウェディングなら、木々や花々に囲まれたナチュラルな雰囲気に馴染む総レースのワンピースドレスがおすすめ。くすんだグリーンのレースワンピースは、色合いやレースの優しいムードがガーデンの雰囲気に映えて、くすんだ色味はトレンド感も抜群です。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【2】ドレス②:旬カラーのパンツセットアップはおしゃれレストランウェディングに

カジュアルウェディングにおすすめのパンツセットアップ

キャメルブラウンのパンツセットアップは、旬のくすんだ色味やきれいめな素材感の大人っぽい雰囲気がおしゃれなレストランウェディングにぴったり。トップスのウエストマークやパンツのテーパードシルエットも、きちんと感を印象付けます。

カジュアルウェディングでパンツをはく場合は、素材感やデザインがきれいめなものや色はワントーンにおさえるなど、結婚式に相応しい着こなしにまとめましょう。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【3】コート:秋冬の羽織りものはウール素材などラフ過ぎないものを

カジュアルウェディングにおすすめのコートコーデ

秋冬の寒い時期のカジュアルウェディングでは、コートなどの羽織りものも必要になります。カジュアルウェディングに着ていくコートは、カジュアルだからといってダウンコートやモッズコートなどラフな印象になるものはNGです。

ベージュのレースワンピースに羽織ったコートは、グリーンのロング丈ノーカラーコート。ベージュ×グリーンのくすんだ色合いの掛け合わせが、秋冬らしいモードなおしゃれ感を演出しています。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【4】靴・バッグ:バッグは小さめ、靴はヒールのあるパンプスがおすすめ

カジュアルウェディングにおすすめのバッグや靴

カジュアルウェディングで身につけるバッグや靴は、一般の結婚式のようなフォーマルなものでなくてもOKです。ただしトートバッグやスニーカーなどカジュアルなものはNG。着ているドレスに似合うきれいめなものを選びましょう。素材は革製のものが無難です。

バッグはショルダーバッグやクラッチバッグなどの小さめのものが◎。靴もヒールのあるパンプスなどがベター。普段使いするような特別感のないものは避けましょう。

足元で注意したいのがストッキングの色。秋冬でも黒は避けて、ベージュやラメが入ったストキングを選びましょう。生脚や靴下はNGです。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【5】小物:春や秋に羽織るストールはラメ入りなど華やぐものを

カジュアルウェディングにおすすめのストール

春や秋の季節の変わり目のカジュアルウェディングにおすすめの小物は、ドレスにさっと羽織れて華やぎをプラスしてくれるラメ入りなどのストール。春なら淡いベージュなどの明るいカラーを選びましょう。

ガーデンウェディングなど華やかな雰囲気の結婚式では、ダークカラーのドレスだと浮いてしまう場合も。そんな時は淡色のストールがあるとコーデをカバーしてくれます。

カジュアルウェディングにおすすめの服装【6】髪型・メイク:シニヨンなどのまとめ髪やツヤ感メイクで華やかに

カジュアルウェディングにおすすめの髪型

カジュアルウェディングでの髪型やメイクは、一般の結婚式向けのきちんと感重視なものよりおしゃれ感重視で華やぐものが最適。着ていくドレスに似合うように、髪型やメイクでも特別感を演出しましょう。

ロングヘアの方なら、普段はしないようなシニヨンなどのまとめ髪がおすすめ。セミロングやショートヘアの方も、編み込みやウェットなスタイリングなどのヘアアレンジ、ヘアアクセサリーなどで華やぎをプラスしましょう。

メイクはトーンアップさせたベースカラーや色よりツヤ感を重視して、明るい雰囲気を作りましょう。秋冬ならおしゃれで程よくモードなメイクも素敵です。ドレスと同じで季節に合わせたメイクが◎。

今どきの結婚式の主流ともいえるカジュアルウェディング。ただ意外と着ていく服装で悩んでしまいます。招待状のドレスコードや式場の雰囲気、招かれたゲストなどを参考にしながら服装を選ぶのが失敗しなくて済むコツ。式に相応しい服装でドレスアップして、大切な人の門出を祝ってあげてください。