MAR.16.2019

きれいな眉毛に仕上がるコンシーラーの使い方!縁取りや消し方を解説

きれいな眉毛に仕上がるコンシーラーの使い方!縁取りや消し方を解説 きれいな眉毛に仕上がるコンシーラーの使い方!縁取りや消し方を解説

美しい眉毛に仕上げたいのであれば、コンシーラーの使用がおすすめです。コンシーラーを使うことで、いつもの眉毛メイクがワンランクアップします。コンシーラーを使った縁取りのやり方や眉毛の消し方についてご紹介します。

眉毛にコンシーラーを使うメリット

眉毛の形がきれいな女性

眉毛メイクがしっくりこない、うまく形を描くことができないと悩んでいる人はいませんか?そんな人におすすめなのが、コンシーラーを使った眉毛メイクです。コンシーラーを使った眉毛メイクのメリットについてご紹介します。

■眉の形がはっきりする
コンシーラーを使って眉毛の周りを縁取ることで、眉毛の形がはっきりします。形がわかるような、はっきりした眉毛は洗練された大人っぽいイメージの眉毛に仕上がります。

眉毛の形がはっきりすることによって、顔全体に締まりが出ます。顔全体がぼやけたイメージになっている人や大人っぽいメイクに挑戦したいという人におすすめです。

■不要な部分を消せる
コンシーラーは眉毛の不要な部分を消すことができます。自分の今の眉毛が気に入っていないけれど、失敗したくないと考えている人は多いです。そんな人は、コンシーラーで不要な部分を消すことによって、剃らずに好きな形の眉毛に仕上げることができます。

眉毛の形を変えたくなった時にも、元の形を損なうことなく形を変えることができますよ。

眉毛に使うコンシーラーの選び方

色々なコンシーラー

眉毛にコンシーラーを使っていく場合は、どんなアイテムを使った方がいいのでしょうか?眉毛に使うコンシーラーの選び方についてご紹介します。

■眉毛の形を縁取る場合
眉毛にコンシーラーを使う用途として、まず形を美しく見せるための縁取りの場合について説明します。眉毛の形を縁取る場合は、筆タイプのコンシーラーがおすすめです。

眉毛の形を縁取る場合は、伸びがいいコンシーラーを選ぶ必要があります。伸びがよくないと、うまく縁取ることができなくなります。リキッドタイプのコンシーラーがもっとも伸びがいいので、リキッドタイプで縁取りがしやすい筆タイプがおすすめです。

■眉毛を消す場合
眉毛を消したい時に使うコンシーラーは、硬めのものがおすすめです。人によって眉毛の濃さや硬さは様々ですが、しっかりカバーできるタイプのものでないと、眉毛を消すことができなくなります。

コンシーラーは硬めで厚みのあるものがおすすめです。パレットタイプやスティックタイプのコンシーラーが使いやすいですよ。

コンシーラーを使った眉毛の縁取り方法

ベースメイクアイテム

コンシーラーを使った眉毛の縁取りのやり方についてご紹介します。

■眉毛を適当に描く
コンシーラーを使って眉毛を縁取りするやり方は、眉毛を描くのがうまくいかない人におすすめです。最初に描く眉毛は、いつも通りでOKです。形がうまくいかないという場合でも、この時の形は美しく仕上げる必要がないので、適当に色だけを乗せていくようにしましょう。

■なりたい眉毛の形に縁取る
適当に描いた眉毛に形をつけていくために、なりたい眉毛の形に周りを縁取っていきます。そうすることで、自分のなりたい眉毛の形を簡単に再現することができます。

大きめの鏡を使って、少し遠めから見ながら太さを調整していくようにしましょう。なるべく太めに縁取ってから細くしていくようにすると、失敗が少なくなります。

■全体のバランスを整える
最後に眉毛全体のバランスを見ながら、色味を調整していきましょう。左右差などもしっかり考慮しながら仕上げていくことで、ワンランク上の眉毛を手に入れることができます。

これはもともとの眉毛が整っているという人でも使える技なので、ぜひ試してみてください。

コンシーラーを使った眉毛の消し方

練り状のコンシーラー

コンシーラーを使った眉毛の消し方についてご紹介します。

■コンシーラーをべた塗りする
コンシーラーを眉毛に乗せていくところから始めていきます。コンシーラーを乗せる時は、あまり考えずに眉毛全体にべた塗りしていくようにしましょう。硬さと厚みがあるタイプのコンシーラーであれば、これだけでも十分カバーすることができますよ。

■パウダーを重ねる
コンシーラーを眉毛に乗せたら、その部分にフェイスパウダーを乗せていきます。コンシーラーは油分が多いので、この後に乗せるアイブロウが乗らないことも考えられます。

眉毛にコンシーラーを使ったら、パウダーを必ず重ねてサラサラな状態を保つようにしましょう。

■眉毛を描く
自分の好きな形に眉毛を描いていきましょう。この時力を入れすぎたり、こすりすぎたりすると、コンシーラーが崩れて汚くなってしまうので、優しいタッチで眉毛を描いていくようにしましょう。コンシーラーの上だと、アイブロウパウダーが乗らないことも考えられるので、アイブロウペンシルを使ってから、アイブロウパウダーを使ってぼかしていく方法がおすすめです。

眉毛に使うコンシーラーについてご紹介しました。眉毛にコンシーラーを使うことで、ワンランク上のアイブロウを手に入れることができます。ぜひコンシーラーを使って眉毛を整えてみてくださいね。