LIFESTYLE
JUN.30.2020

パワーボールの魅力とは?嬉しい効果や仕組み、正しい選び方もご紹介

パワーボールの魅力とは?嬉しい効果や仕組み、正しい選び方もご紹介 パワーボールの魅力とは?嬉しい効果や仕組み、正しい選び方もご紹介

スポーツ選手にも利用されているパワーボールは、一般女性でもエクササイズに利用することで、作業効率をアップさせたりダイエットに役立ちます。そこで今回は、パワーボールの魅力や仕組み、選び方などをご紹介します。

【目次】

パワーボールとは

パワーボール

「パワーボール」とは、握力を始めとして、手首や前腕を鍛えることができるトレーニンググッズです。一見普通のボールように見えるパワーボールですが、ボールの中にさらにボールが入っています。回転している内側のボールに合わせて、負荷がかかる方向に手首を回すことで、指や手、腕のトレーニングをすることができるのがパワーボールの仕組みです。

野球やバレー、テニスやバレー、ボルダリングのような指や手、腕を使うスポーツに効果的で、プロのスポーツ選手も使用しているアイテムです。

しかし、握力は、日常生活でも必要な力です。握力は、物を握る力だけでなく、楽器の演奏やタイピングなどのように指を広げる力や、料理やメイクの際に物をつまむ力も含まれますので、一般女性でも握力や腕の力を鍛えるのはおすすめです。

毎日の作業効率もアップしますし、ダイエットにも効果的ですよ。

パワーボールのメリット

握力

パワーボールのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

【1】手や手首、腕を傷めずに握力を鍛えられる

パワーボールは、回転している内側のボールの負荷に逆らうようにして手首を回しながらパワーボールを握ってトレーニングを行うアイテムですが、比較的衝撃が少ないため、手や手首、腕などを傷めにくいのがメリットです。

また、ハンドグリッパーは、握力を鍛える効果的なエクササイズグッズですが、一方向のみの力しか鍛えることはできません。しかし、パワーボールでしたら、ボールの回転と手首の回転によってさまざまな角度のエクササイズができるのもメリットですね。

【2】手や腕の筋力アップにも繋がる

さらに、パワーボールは、手首を回すことで、握力だけでなく、手や腕の筋肉の柔軟性を鍛えることができます。筋肉の柔軟性が上がることで、血行のアップも期待できますので、ダイエットにもアプローチしてくれます。

【3】コンパクトでおしゃれ

その他にも、パワーボールは、コンパクトなので、持ち運びもしやすいのがメリットです。

また、パワーボールは、デザイン性も高く、トレーニング器具と分かりにくいのもメリットですね。

【4】男女問わずトレーニングできる

そして、パワーボールの中には、回転数が表示されるカウンターを搭載しているモデルもあります。

パワーボールは、筋力アップしたり、トレーニングが上達してくれば、回転数も上昇していきます。デジタルカウンターが搭載されていれば、筋力アップや上達の具合がわかるので便利ですね。

初心者の男性の場合は8000rpm程度、女性の場合は5000rpm程度です。しかし、パワーボールは最大15000rpm程度まで回転することができますので、1つのパワーボールで男女問わずトレーニングでき、初心者から上級者まで使えるのもメリットです。

パワーボールの選び方

パワーボール

パワーボールの選び方にはいくつかポイントがあります。

【1】コード付きかコードなしかで選ぶ

パワーボールは、内側にボールが入っている仕組みは共通していますが、コード付きとコードなしのタイプがあります。

コード付きのパワーボールは、使用前にコードを内側のボールの穴に入れ、巻きつけてから、コードを引き出してボールに回転をかけます。コードをなくす可能性がありますので注意が必要です。

一方、コードなしのパワーボールは、ボールを回転させたりプッシュすれば、自動でボールの回転が始まりますので、手間はかかりませんね。

【2】重さや握りやすさなど、自分に合ったものを選ぶ

そしてパワーボールは、回転数が上がれば負荷もかかりやすくなります。したがって、パワーボールを購入する場合は、最大回転数や最大負荷をチェックしておきましょう。

また、男性の場合は直径7cm程度のパワーボールがおすすめですが、女性の場合は直径5cm~6cmと、一回り小さいサイズの方が握りやすく、トレーニングしやすい傾向があります。

さらに、パワーボールを選ぶ際には、重さにも注目しましょう。女性の場合、200g~250g程度のパワーボールがおすすめです。

さらに、発光するタイプのパワーボールや、デジタルカウンター付き、静音設計のものなど、さまざまな種類のパワーボールがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

【3】メーカーや品質、口コミなどもチェックする

一言で「パワーボール」と言っても、さまざまな種類のパワーボールが販売されていますよね。したがって、メーカーや品質を基準に選ぶのも一つの方法です。EUの規格を満たしたRPM Sportsのパワーボールは、トレーニング効果や品質に定評があり、愛用している方も多いですよ。

Amazon(アマゾン)のような通販サイトでの口コミや売れ筋のランキングを参考にしてみるのもおすすめです。

パワーボールおすすめ10選

作業効率をアップさせたり、ダイエットに効果的だったりするパワーボールを活用したトレーニング。パワーボールを用いたトレーニングは、日々の生活で必要不可欠である「握力」を養うのに効果があります。しかしパワーボールと言われても、あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか。「日々少しずつ握力をつけるためにトレーニングをしたい!」という方のために、おすすめのパワーボールを10個紹介していきます。

【1】RPM Sports NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic(オートスタート機能付き)

RPM Sports NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic(オートスタート機能付き)

RPM SportsのNSD パワーボール 280Hz Autostart Classicは、デジタルカウンター搭載のパワーボールです。自動でカウントしてくれるので、日々どれだけのトレーニングを積めているのかを把握しやすいのがポイント。オートスタート機能が搭載されていることにより、わざわざ電源のON/OFFを気にせずに済みます。
すぐにスタートできて、気が済むまでトレーニングをして終了しても「結局何回やったかわからない!」とモチベーションが下がってしまうこともありません。

最大回転数18000rpm、最大16kg相当の負荷をかけることができます。搭載されている280Hz高性能ローターは、振動音がほとんどないため、周りに気を遣う必要がないのも魅力的。ダンベルを用いたトレーニングを行うよりも安全に行えるので、小さいお子様がいる方からも指示を得ています。

【2】NSD Spinner(エヌエスディスピナー) パワースピナー オートスタート機能&LEDマルチライト3色変化搭載 パープル PB-688AML

NSD Spinner(エヌエスディスピナー) パワースピナー オートスタート機能&LEDマルチライト3色変化搭載 パープル PB-688AML

NSD Spinnerは、トレーニング器具の展開ヶ国数が業界ナンバーワンかつ、20年以上の実績を持つロングセラーのジャイロメーカーです。

手首、指、腕を専門的に鍛えられるNSD Spinnerのパワースピナーは、多くのアスリートから一般家庭でも愛用されています。ダンベルに比べて軽いので持ち運びが楽なうえに、簡単に負荷調整できることが人気の秘訣。

オートスタート機能が搭載されているので、回し始めれば自動でトレーニングが開始できます。LEDの光り方で回転速度を示してくれます。
色鮮やかに光り輝くので、トレーニングが楽しくなること間違いなし!

【3】BUTEFO 「2020最新版」スナップボール(オートスタート LED発光カウンター機能付き)

BUTEFO 「2020最新版」スナップボール(オートスタート LED発光カウンター機能付き)

BUTEFOのスナップボールには、LEDライト、オートスタート機能、デジタルカウンター機能が搭載されており、ジャイロ回転に伴い、筋肉トレ、握力、腕力を鍛えられます。
カウンターでは、「累計回転数」「瞬間回転数」「時間」などの計測ができるので、日々のトレーニングの成果を目で見て実感することができ、モチベーションに繋がりますよ。

重さは270gほどで、大きさは野球ボールほど。老若男女問わず扱いやすいデザインなので、家庭にひとつあれば大活躍すること間違いなしです!

【4】kaqulec(カケレック)スナップボール パワーボール(オートスタート機能)

kaqulec(カケレック)スナップボール パワーボール(オートスタート機能)

kaqulecのスナップボールパワーボールは、オートスタート機能や高静粛性、LED発光もついています。そのため、夜間にトレーニングをしたい方でも使いやすいでしょう。

お子さまから大人まで年齢を問わず誰でも簡単に指、握力、腕力などの手首周りから、前腕を鍛えることはできます。
筋力強化以外にも、持久力や柔軟性アップにも使えるので、日常的にトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

最新モデルは、従来のスナップボールと比べてヒモなしでトレーニングを開始できます。ヒモでボールを回転させる手間がないので、より気軽にトレーニングができるようになるでしょう。

【5】Hickity(ヒッキティー)スナップボール(オートスタート LED発光機能付き)

Hickity(ヒッキティー)スナップボール(オートスタート LED発光機能付き)

Hickityのスナップボールは、芯となるボールがメタルで最大回転数18000rpm、最大14kgの負荷をかけられるパワーボールです。従来のデザインに比べて安定性も高まり、より安心してトレーニングができるようになりました。専用のリストバンドが付属でついているので、落としてしまう心配もありません。

電池や電源が必要なく、親指でボールを回転させるだけでトレーニングが開始できます。操作方法が簡単なこともあり、誰でも簡単に手首から腕にかけてトレーニングすることができますよ。

【6】Resbo(レスボ)スナップボール(オートスタット LED発光機能付き)

Resbo(レスボ)スナップボール(オートスタット LED発光機能付き)

Resboのスナップボールは、アスリートはもちろん、女性のダイエットや高齢者の方のリハビリにも使われているパワーボールです。握力を鍛えることはもちろん、手首から腕にかけての柔軟性、持久力、筋力を高めるトレーニングを気軽に楽しめるのが魅力です。

270gと軽く、大きさも野球ボールよりも一回りほど小さいデザインなので、持ち運びも簡単。
散歩中、テレビを見ながら、仕事の休憩中など様々なシーンでトレーニングを取り入れることができますよ。

専用のケースも付属しているので、保管にも困らないのも良いですね。

【7】DUKKORE(デュッコレ)スナップボール(オートスタート機能&ストラップ付き)

DUKKORE(デュッコレ)スナップボール(オートスタート機能&ストラップ付き)

DUKKOREのスナップボールは、回転数8000rpmで、14kg相当の負荷をかけることのできるパワーボールです。
回転数を高めるだけで、負荷をかけることができるので、気軽にトレーニングができる器具として注目を浴びています。

重さは260gと、他のパワーボールに比べて少し軽いです。カバンの中に忍ばせて持ち運びも楽チン。ながらトレーニングに励みたい方に特におすすめの一品です。

【8】AUTOUTLET(オートレット)パワーボール

AUTOUTLET(オートレット)パワーボール

AUTOUTLETのパワーボールには、4つのモードのカウンターディスプレイが搭載されています。累積回転数表示モード、リアルタイム表示モード、最高回転数(停止状態)、カウンターモード(30/60/90秒)を視覚的に確認できるので、日々のトレーニングの成果を確認したい方にぴったりです。

【9】JOROTO(ジョルト)スナップボール

JOROTO(ジョルト)スナップボール

JOROTOのスナップボールは、ゼンマイ式の自動でスタートしてくれるパワーボールなので、紐がいらず操作方法が簡単です。親指で回転をかけるだけでトレーニングが始められるので、初心者の方でも使いやすいパワーボールです。

【10】rhuverve(ルヴェーブ)スナップボール

rhuverve(ルヴェーブ)スナップボール

rhuverveのスナップボールは、パワーボールの中でも300gと少し重ため。パワーボールを用いたトレーニングで、さらに負荷をかけたい方におすすめです。
掴み方で負荷が変わるため、指で掴んだり、手のひら全体で掴んだり、握り方を変えて鍛えたい箇所に徹底的にアプローチしてみてください。

パワーボールは、さまざまな種類のアイテムが販売されています。購入する際は、メーカーや性能、品質や口コミなどを基準にして、自分に合ったパワーボールを選びたいですね。