JAN.07.2020

お酢はダイエットに効果的?酢の種類やダイエット法、レシピをご紹介

お酢はダイエットに効果的?酢の種類やダイエット法、レシピをご紹介 お酢はダイエットに効果的?酢の種類やダイエット法、レシピをご紹介

美容や健康目的で取り入れている方も多いお酢は、ダイエットに活用するのもおすすめです。そこで今回は、お酢のダイエット効果やお酢ダイエットの方法、おすすめレシピをご紹介します。

お酢に期待できるダイエット効果

お酢ダイエットをしている女性

健康目的で取り入れている人が多い「お酢」は、実は美容やダイエットにも効果的といわれています。

そもそも、「お酢」とは、糖質を含む原料と水が発酵してできた液体です。お酢の酸味は、料理のアクセントになり、洋食から和食、中華料理にまで幅広く使われていますよね。


■お酢はダイエット中におすすめ

お酢に含まれるクエン酸は疲労回復や代謝に関わる栄養素で、胃や腸の調子をととのえるサポートをしてくれます。代謝がアップし、便通が改善されやすくなりますので、ダイエットに役立つといわれているのがお酢です。代謝が上がれば、冷え性や肩こりの改善にも役立ってくれます。

お酢には、脂肪燃焼を促す効果が期待できるアミノ酸も含まれています。アミノ酸は、基礎代謝を左右する筋肉量を維持する栄養素でもありますので、太りにくい体を作りたい方はぜひ摂取したいですね。


■血糖値の上昇を緩やかに

そして、お酢には、食後の血糖値を緩やかにする効果もあるといわれています。血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンには、脂肪を蓄積させる作用がありますので、血糖値を急上昇させないことはダイエット中に必要です。


■脂肪の合成をブロック

そして、お酢に含まれる酢酸には、脂肪の合成をおさえる効果があるともいわれています。したがって、内臓脂肪や皮下脂肪を溜めこまないようはたらきかけてくれます。お酢の代謝アップも作用すれば、内臓脂肪や皮下脂肪の減少も期待できますね。


■その他にもお酢には嬉しい効果がたくさん

その他にも、お酢には

・免疫力のアップ
・高血圧の予防
・アンチエイジングに役立つ抗酸化作用
・カルシウムの吸収のサポート
・アルコールの分解スピードをアップさせ、二日酔いを予防
・抗菌作用

などの効果も期待できます。

ダイエットにおすすめのお酢の種類

ダイエットに効果的なお酢

お酢には、スーパーで手軽に購入できるものの中でも、たくさんの種類がありますよね。お酢の酢酸やアミノ酸、クエン酸などをダイエットに活用したい場合は、摂取するお酢に厳密な決まりはありません。


■ドリンクとして飲む場合

例えば、お酢ダイエットにおすすめしたいのは、黒酢です。
黒酢は、アミノ酸をたくさん含んでおり、お酢ドリンクとしても飲みやすい、控えめな酸味と芳醇な香りが魅力です。

沖縄の特産品の泡盛の製造家庭でできるもろみのアルコール分を抜いて作られたもろみ酢も、天然のアミノ酸やクエン酸などがたっぷり含まれており、飲みやすいお酢です。


■料理に合わせて選ぶのもおすすめ

その他にも、シンプルな原材料の穀物酢も、料理に使用する場合はおすすめの酢です。穀物酢は、スーパーやドラッグストアでも購入できますね。

また、お酢の中でも低カロリーで低糖質のワインビネガーは、フルーツ由来の香りが魅力のお酢ですので、料理に使いやすいさっぱりとしたお酢です。

その他にも、すし飯に使われることが多い米酢や、やさしい酸味のリンゴ酢もいいですね。

お酢の中でもややカロリーが高いバルサミコ酢は、抗酸化作用が期待できるポリフェノールを含むお酢です。リッチな味わいで料理を格上げしてくれるお酢です。

お酢ダイエットのやり方と注意点

お酢ダイエットのドリンク

お酢ダイエットは、1日に15mL~30mLのお酢と摂るダイエット方法です。大さじ1杯~2杯程度です。食事中にお酢を摂取すると、血糖値の急上昇を抑えるはたらきが期待できますよ。お酢ドリンクとして飲んでもいいですし、料理に加えてもいいですね。

また、代謝をサポートしてくれるお酢は、朝に摂ると、日中の活動中の代謝も上がりやすくなります。運動の30分~1時間前に飲むのも、ダイエット効果をアップしたい方におすすめです。


■お酢ダイエットの注意点

お酢は、痩せたいからといって飲みすぎたり、そのまま原液で飲むと、胃や腸に負担がかかります。したがって、空腹時にお酢を飲むのはNGです。大さじ1杯のお酢に対して150mL程度の水でお酢を薄めて飲んだり、食事に加えて摂取することも大切です。1日の間で分けて摂取するのもいいですね。

ドリンクタイプのお酢は飲みやすく加工されていますが、カロリーや糖質を摂りすぎないようにしたいですね。自分でお酢ドリンクを作る場合も、カロリーや糖質量には注意しましょう。

そして、お酢の成分は、110度を超えると揮発してしまったり成分が変わります。したがって、お酢をドリンクで飲むか、料理に使用する場合は加熱しすぎないよう、仕上げに使用するのがおすすめです。

そして、お酢の酢酸は、歯のエナメル質を溶かす可能性がありますので、お酢を摂取した後はうがいをするようにしましょう。

お酢には、消化を助ける働きがあるといわれていますが、お酢の香りや酸味が食欲を増進させてしまいます。食事の食べすぎには注意したいですね。


■お酢ダイエットの効果はいつから?

そして、お酢ダイエットは、痩せやすい体作りをするものですので、短期間で劇的に減量できるわけではありません。お酢ダイエットの効果を実感するのは、個人差がありますが、2ヶ月程度で効果を実感し始めるという口コミが多いですね。

お酢ダイエットのおすすめレシピ【1】トマトと大葉のマリネ

5分で簡単!トマトと大葉のマリネのレシピ

美容やダイエットに効果的といわれているトマトのマリネは、5分でサッと作れるのが魅力です。

一般的なマリネは、砂糖を使用することが多いですが、こちらは砂糖を使用していないので、ダイエット中にぴったりのお酢を使ったメニューですよ。

お酢ダイエットのおすすめレシピ【2】酢タマネギ

時短レシピに重宝 酢タマネギ カレーバージョンのレシピ

サラダやお肉などにサッと使える常備菜の酢タマネギもお酢ダイエットにおすすめのメニューです。

玉ねぎには、血液をさらさらにして、血行改善が期待できる成分が含まれていますので、ダイエットだけでなく生活習慣病予防にもおすすめです。

定番の酢タマネギに代謝アップをサポートしてくれるカレー粉が入った酢タマネギは、お酢が苦手な方でも食べやすいですよ。

ダイエット効果をより高めたい方は、使用するハチミツの量を減らすのがおすすめです。

お酢ダイエットのおすすめレシピ【3】揚げない酢豚

簡単!豚こま団子でヘルシー!揚げない酢豚のレシピ

豚こま肉を使った揚げないヘルシーな酢豚も、お酢ダイエットにおすすめのレシピです。

豚こま肉は火も通りやすく、栄養価の高い緑黄色野菜をたっぷり摂れるのが酢豚の魅力です。

ただし、ダイエット中の場合は、お酢は仕上げにかけ、ケチャップや砂糖は控えめにするのがいいですね。

お酢ダイエットのおすすめレシピ【4】リンゴ酢ドリンク

3種のベリービネガースパークリングウォーターのレシピ

お酢が苦手な方でも飲みやすいのが、リンゴ酢にフルーツをミックスしたドリンクです。

お酢とベリーの爽やかなハーモニーの炭酸水は、見た目も美しいですね。

ダイエットの妨げにならないよう、ハチミツや砂糖は控えめにするか、エリスリトールやパルスイートのような糖質オフの甘味料を使用しましょう。

美容や健康、ダイエットに効果的といわれている成分を含むお酢ですが、空腹時に摂ったり、過剰に摂取すると、胃腸を傷めてしまうので注意したいですね。お酢ダイエットは簡単にできるダイエット方法ですので、ぜひお酢の力を活用してみてくださいね。