LIFESTYLE
AUG.31.2020

ベランダDIYでおしゃれな空間へ。簡単にできる方法&アイディア

ベランダDIYでおしゃれな空間へ。簡単にできる方法&アイディア ベランダDIYでおしゃれな空間へ。簡単にできる方法&アイディア

ベランダは洗濯物を干すときだけに使っている方が多いかと思いますが、それだけの使い方ではもったいないかもしれません!今、ベランダをおしゃれにDIYするのが人気なんですよ。そこで今回は、ベランダのDIYアイディアをご紹介します。

【目次】

ベランダのDIYをしてみない?

 

自分の家にあるベランダはどのように使っていますか?
ただ「洗濯物を干すだけの場所」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、その使い方だけではもったいないかも!
なぜなら、ベランダは、ちょっとしたDIYを加えるだけで、とってもおしゃれな空間にすることができるからです。

実際に、InstagramといったSNSなどでもベランダのDIYがとても注目されており、人気を集めています。

おしゃれなアイディアを参考に、自分で一からベランダに手を加える方が増えているんですよ。

もっとベランダで過ごしたくなる空間を作ることができるので、休みの日を活用してDIYをしてみませんか?
今回は、ベランダのDIYで人気の方法やアイディア、お手入れ方法、注意点などをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ベランダのDIYが人気の理由

 

ゴールデンウィークや、お盆休みなどを活用し、ベランダをDIYする方が増えています。

今年は特に新型コロナウイルスによる影響で家にいる時間が増えたことから、「家にいる時間をもっと充実させたい」という理由で、ベランダをDIYする方が多くいるようです。

他にも楽しめる方法はたくさんありますが、なぜそこまでベランダのDIYが人気なのでしょうか!

まずはベランダをDIYする人気の理由を見てみましょう。

毎日の暮らしがもっと快適になる

今まであまり使ってこなかったベランダをDIYすることで、「ベランダにいる時間が増えた」という方が多くいます。

過ごしやすい空間、過ごしたくなる空間を作ることができるので、毎日の暮らしがもっと快適になったと感じることができるんですよ。

洗濯を干すだけだった場所かもしれないですが、読書をしたり、お酒を飲んだり……今までとは違う楽しみ方ができることに新鮮さを感じることができるようです。

自分だけの時間がもっと楽しくなるので、おうち時間も充実するでしょう。

おしゃれな空間を楽しめる

DIYをするということは、自分のアイディアをぎゅっと詰めることができるということ。

人に頼むと「ここがちょっと違うんだけどな……」ということが出てきてしまうかもしれませんが、自分でやれば違うと思えばすぐに直すことができますよね。
理想とするベランダを作ることができるので、満足度が高くなるという方が多くいます。

そして何もなかったベランダが、とってもおしゃれな空間になるので、その場所が好きになるでしょう。

中には、インスタ映えするアイディアもたくさんあるので、写真を撮ってアップするのもいいですね。

DIYが上達する

ベランダのDIYは難しそうに見えますが、実は簡単にできる方法もたくさんあるんですよ。

最近では簡単にDIYができるように、敷き詰めるだけでいいアイテムなども充実しています。
ですので、初めての方でもチャレンジしやすいのが魅力です。

そしてDIYの楽しさを感じながら、DIYを上達させることもできるでしょう。

何度もやっていくうちに、他にいいアイディアを思いつくこともありますし、新しいチャレンジもできるので、DIYにハマること間違いなし!
何かを作ることが好きなら、ぜひベランダのDIYにもチャレンジしてみてくださいね。

ベランダDIYで人気の方法

 

ベランダのDIYアイディアを見ていく前に、まずはベランダのDIYで人気の方法について見てみましょう。

インスタなどで見てみても、どれもおしゃれで素敵なベランダばかりですよね。

多くの方はどんな方法でベランダをおしゃれにしているのでしょうか。
天然の木から本格的に作る……という方もいますが、ここでは初めての方や不器用な方でも安心して始められる人気のアイテムをご紹介しますよ。

どれを使うかによって雰囲気ががらりと変わるので、理想のベランダをイメージしながら使うアイテムを選んでみるといいですよ。

ベランダDIY計画のスタートです!

人工芝を使う

人工芝とは、芝に似た形状を化合物で造った物です。
スポーツ用のスタジアムなどでよく使用されていますが、ベランダや庭など、おうちでも人気の高いアイテムですよ。

そのため、ベランダのDIYで人工芝をよく目にする方も多いのではないでしょうか。

緑たっぷりのベランダができるので、癒される空間を作ることができますよ。

土の上から人工芝を取り入れる場合は、石を取って防草シートを敷いてから使う必要がありますが、コンクリートなどのベランダであれば両面テープと人工芝で簡単にセットすることができます。

湿気に強く、耐久性が高いものを基準にして選ぶと長持ちするといわれていますよ。
人や動物の出入りが多いなら、抗菌作用のあるものを選ぶのもおすすめです。

デッキパネルを敷き詰める

デッキパネルやウッドパネルといったアイテムを使って、ベランダのDIYを楽しむ方も多くいます。

基本的に、正方形のタイルをベランダサイズに敷き詰めていくような形になります。
床にパネルをはめ込むだけで簡単にフロアデッキを作成することができるので、ベランダDIYの初心者さんも気軽に始めることができるでしょう。

コンクリートだと無機質で冷たいイメージがありますが、ウッドパネルを使うことで一気に温かみのあるベランダにすることができます。
人工芝とはまた違った良さがあり、落ち着く空間ができるはずです。

大人の時間を楽しみたいという方の間では、ウッドパネル×ランプ×お酒で夜の時間を楽しんでいるそうですよ。

すのこを使ってウッドデッキを作る

デッキパネルやウッドパネルを使ってフロアデッキを作る方法も人気ですが、すのこを使ってウッドデッキ風のベランダを楽しむ方も多くいます。

すのこの色味によってどこか懐かしさを感じる和の空間を作れたり、海外のようなおしゃれな空間を作れたりするので、どちらのテイストにするのか決めておくことがおすすめです。

また、白い石とすのこのを使ってベランダをDIYするのも人気!

ちなみにすのこは床に置くだけでなく、壁に立てかけて目隠しをするときにも役立ってくれます。
すのこの隙間を活かして、そこにバケツなどをセットしてお花や多肉植物を置く方も多くいるんですよ。

アウトドアリビングを作る

アウトドアリビングを作ることも、ベランダのDIYで人気の方法です。

ベランダのコンクリートをそのまま活かす方もいれば、これまでご紹介した人工芝やウッドパネルを使って床を完成させる方もいますし、おしゃれなラグを敷く方もいます。

さらにちょっとしたテーブルや椅子をセットすれば、あっという間に第二のリビングになりますよ。

朝と夜ではがらりと雰囲気が変わるので、ちょこちょこベランダに出たくなること間違いなしです。
アウトドアリビングを作るなら、雨対策や虫対策なども忘れずに!

ベランダDIYのアイディア集

 

自分が作りたいと思うベランダのDIYアイディアがあるなら、そのイメージに向けて作っていけばいいのですが、「やってみたいけどどんなものにしたらいいのか分からない」という方もいるでしょう。

ベランダのDIYアイディアにもたくさんあるので、悩んでしまいますよね。

また、「ベランダの広さや場所によって向いているものと向いていないものがあるのでは?」と心配になってしまう方もいるでしょう。

そこでここからは、インスタで見つけたベランダDIYのおしゃれアイディアをご紹介します。

・マンションのベランダ
・ルーフバルコニー、屋上のベランダ
・戸建てのベランダ

この3パターンに分けておすすめのアイディアをご紹介するので、参考にしてみてください。

マンションのベランダのDIY

 

まずは、マンションのベランダでできるDIYアイディアを見ていきましょう。

マンションのベランダとなると、少し狭いイメージがあるかもしれません。
「その中でおしゃれな空間を作ることができるの?」と思ってしまう方もいるでしょうが、狭くてもがらりとおしゃれな空間に変えることが可能です。

真似したくなるベランダのDIYアイディアをまとめてみたので、好みのテイストはあるかチェックしてみてくださいね。

ウッドパネルと人工芝を使う

 

人工芝だけやウッドパネルだけを使うのもいいですが、組み合わせることでマンションのベランダだってとってもおしゃれにすることができます。

海外のようなベランダができますし、人工芝によって少し緑が加わっているので、自然も感じられますね。

鉢などもウッド調にすれば統一感が出ます。

モノトーンでシンプルに

 

シンプルだけどおしゃれなベランダにDIYをするなら、モノトーンで仕上げてみてはいかがでしょうか。

ホワイト系のパネルに、グレーや黒のチェアを置くだけで、洗練されたおしゃれなベランダになること間違いなし!

ベランダのDIYでは、お部屋の雰囲気に合わせることも大切なので、中がシンプルならベランダもシンプルにしてみてはいかがでしょうか。

観葉植物をたくさん置く

 

マンションのベランダは、自然を感じられないことがあります。
そんなときも、ベランダのDIYが解決してくれるでしょう。

好みのアイテムで、ベランダの床をチェンジしたら、観葉植物を置いてみてください。

小っちゃいものでもいいですし、大きいものでもOK。
観葉植物を取り入れるだけで、リゾート気分を楽しめるのではないでしょうか。

室外機カバーを棚にする

 

ベランダのDIYでは、室外機カバーを作る方もたくさんいるようです。

室外機が見えなくなるだけで、少しでも日常から離れたベランダを作ることができますよ。

室外機カバーをすれば、そこをテーブルにすることもできますし、棚のようにして観葉植物を飾ることもできますよね。

野外シアターを楽しむ

 

夜のベランダでは、ルームシアターを使って野外鑑賞を楽しむのもステキですね。

マンションの高さを活かせば、絶景とともに自分の好きな作品に浸ることができます。
とてもロマンチックな雰囲気を楽しめそうですね。

ルーフバルコニー・屋上のベランダのDIY

 

マンションのベランダのDIYはいかがでしたか?
狭さを感じさせないおしゃれな空間が広がっていましたね。

続いては、ルーフバルコニー・屋上のベランダのDIYアイディアをご紹介します。

屋上のベランダは、マンションや戸建てのベランダよりも広いイメージが強く、解放感のあることが魅力ですよね。
その解放感を活かしたアイディアがとっても人気です。

今屋上のベランダがある方はもちろん、将来屋上にベランダがあるおうちに住みたいと思っている方も必見ですよ。

大きなパラソルをセットする

 

屋上のベランダのDIYでは、ウッドパネルを敷き詰めたりするだけでなく、大きなパラソルをセットしている方が多くいるようですね。

そこにおしゃれなテーブルやチェアをセットすれば、解放感あるおしゃれなベランダを満喫できます。
本を読んだり、飲み物を飲んだり、日常から離れた時間を過ごせそう!

季節に合わせて置くものを変える

 

屋上のベランダの広さを活かすなら、季節によってインテリアを変えるのもステキではないでしょうか。

冬はブランケットや電気ストーブで暖かく、夏はビニールプールやバーベキューなど、季節に合わせて変えていけば、そのときのイベントをおうちにいながら満喫することができそうですね。

ランプをおしゃれに飾る

 

ベランダのDIYは、床だけではありません。
慣れてくると壁のDIYも楽しみたくなるという方が多くいるんですよ。

壁を作れば、そこにまた新しいアイディアを取り入れることができますね。
インスタ映えするような空間にするなら、小さな電球などを飾ることがおすすめです。

ガーデニングをする

 

屋上のベランダのDIYで定番なのが、ガーデニングを楽しむことです。

他のベランダよりもよく日が差すので、植物も生き生きするようですね。
ガーデニングを楽しむために花壇を作ったり、棚を作ったりして本格的なDIYを楽しんでみて!

テントを用意してキャンプ風に

 

屋上のベランダの広さや解放感を活かすなら、テントを用意してキャンプ気分を楽しむのもいいですね。

本格的なキャンプ気分を味わうなら人工芝がおすすめですが、ウッドパネルやすのこでも人気がありますよ。
小さなお子様も喜びそうですね。

戸建てのベランダのDIY

 

最後に戸建てのベランダのDIYアイディアをご紹介します。

戸建てのベランダであれば、多少DIYのアイディアを広げることができるでしょう。
最初は簡単なDIYからスタートし、慣れてきたら本格的な工具などを使いながらDIYを楽しむ方もたくさんいます。

マンションのベランダよりも広いというところも多いので、その広さも活かしていけたらいいですね。

人工芝で優しい空間に

 

癒しのあるベランダにするなら、人工芝で床を緑いっぱいにしてみましょう!

ベランダに置くインテリアも、アイボリーなどの柔らかい白色にすれば、優しく柔らかい空間にすることができます。

おしゃれなラグを敷く

 

戸建てのベランダでもガーデニングを楽しむことはできますよ。

ウッド調の床や棚と、たくさんの緑でほっとする空間になっていますね。
水を出すところにも棚が作られていて、とってもおしゃれではないでしょうか。
お気に入りのラグもプラスして、一息しましょう。

白いウッドパネルで爽やかに

 

白いウッドパネルを使ったベランダのDIYアイディアは、とっても爽やか!

サーファーやカリフォルニアを意識したい方に人気のアイディアで、ベランダを一気に明るく見せてくれます。
クッションなどのデザインにもこだわりたいですね。

すのこ×マットでリラックススペース

 

すのこを敷き詰めてから、マットを用意すれば、あっという間に自分だけのリラックススペースに!

そこでヨガやストレッチを楽しむ方もたくさんいるようです。
ベランダDIYをすれば、外の空気を吸いながら、周りの目を気にすることなく運動することができそうですね。

ハンモックなどを置いてみる

 

広さに余裕があるベランダなら、ウッドパネルを敷いてからハンモックなどを取り入れるのもステキですよ。

休日はそこでゆらゆらとゆっくり流れる時間を楽しめます。
実際にハンモックではなく、簡易ベッドをセットして楽しむ方もいるようですよ。

ベランダDIYでは目隠しアイディアも豊富

 

ベランダDIYをするときは、プライバシーを守るためにもすのこなどを使って目隠しを作る方も多くいます。

周りから丸見えのベランダが気になる方は、ぜひ目隠しアイディアも参考にしてみてくださいね。

ホワイトガーデンで爽やかに

 

ホワイト系の目隠しアイディアで爽やかなベランダを実現。

ウッドパネルも白系にして統一することがおすすめ!
膨張色の白なら、狭いベランダも広く見せてくれますよ。

木材を立ててみる

 

最近は、平な木材を使って立てるようにセットするアイディアも人気です。

あえて高さを揃えないことがおしゃれに見せるポイントになります。
シンプルですが、こなれ感があって真似したくなりますね。

遊び心をプラスする

 

目隠しでせっかく壁を作るなら、シンプルなものもいいですが遊び心もプラスしたくなるのではないでしょうか。
特にお子様がいるなら喜ぶような目隠しアイディアを取り入れたいですよね。

ランプを飾ったり、ステアリングホイールを取り付けたり、ワクワクするようなベランダDIYを楽しんでみてください。

小さなバケツにお花を入れる

 

すのこで壁を作ったのなら、小さなバスケットやバケツを吊るすようにセットするのもおすすめです。

そこに多肉植物やお花などを入れて飾れば、さらにプライベート空間を充実することができそうですね。

レースカーテンでフェミニンに

 

レースのカーテンなどを活用して目隠しを作るのも人気のアイディアです。

日差しも気にならなくなりますし、フェミニンで女性らしい空間を楽しむことができます。
壁×レースカーテンの組み合わせが人気です。

ベランダをDIYするときの注意点

 

さまざまなおしゃれアイディアがたくさんあり、早速ベランダのDIYにチャレンジしてみたくなった方も多いのではないでしょうか。

意外と簡単に始められるベランダのDIYですが、注意すべき点についても押さえておく必要があります。

たとえば、近隣住民とのトラブルを回避するためにも、DIYができる環境であるかどうかなど。

敷き詰めるだけのDIYでは音も気にならないので問題ないかと思いますが、賃貸の場合などはどこまでやっていいのか分からない部分もあるでしょう。

問題なくベランダのDIYを楽しむためにも、いくつかの注意点をしっかりと把握しておくと安心です。

賃貸・分譲の場合はDIYが可能か事前に確認をとる

マンションやアパートなど、賃貸や分譲物件でベランダのDIYを行う場合は、基本的なことですがまずは大家さんや管理組合に確認をとってください。

また、DIYが可能だからといって何をしても良いというわけではないんです。
近隣住民にも配慮が必要となりますので、騒音トラブルに発展しないためにも、日中に作業するなど、時間帯についても考えた上で、ベランダのDIYを行うようにしてください。

本格的な工具を使う場合は、うるさくなってしまうことを伝えておくのもいいでしょう。

また、ペンキなどの塗料を使用する場合には、油性ではなく、水性のものを使うことがおすすめですよ。
油性だと臭いが強いのですが、水性の塗料であれば弱いので、近所の方もあまり気にならないでしょう。

排水経路や隔て板前のスペースはしっかり確認して確保する

ベランダの床にデッキパネルを敷いたりする場合は、排水経路を確保しておくことも忘れずに!

排水経路を確保せずにデッキパネルを敷いたり、ガーデニングセットを設置したりしてしまうと、排水口に水が流れづらくなってしまうからです。
すると、デッキパネルなどが劣化する原因になりますし、隣接する住民のベランダも浸水してしまう可能性があるからです。

万が一に備えて、取り外し可能なデッキパネルを設置するのもいいでしょう。

また、隔て板はプライバシーを保護するために使用することが多いのですが、非常時に二方向の避難経路を確保するためのものでもあります。
そのため、ベランダのDIYを行うときには、隔て板前のスペースを塞いでしまわないように注意してくださいね。

デッキパネルなども、設置場所によっては避難経路を塞いでしまう可能性がありますので、設置する場所には十分に注意してください。

避難ハッチがある場合は塞がないようにする

原則として、ベランダに設置してある避難ハッチを塞ぐことは消防法で禁止されていることをご存知でしたか?
ですので、ベランダのDIYを行うのであれば、避難ハッチの位置をしっかりと確認し、塞がないようにしてください。

緊急事態のときに塞がれていたら、とても焦りますよね。

ベランダをDIYでおしゃれな空間を楽しむのもいいですが、まずは身の安全を考えておくことがとっても大切です。
隔て板前のスペースを確保するとともに、避難ハッチの上も十分なスペースを確保するようにしてくださいね。

ベランダのDIYをした後のメンテナンス方法

 

ベランダのDIYをしたら、それで終わりではありません。

DIYをした後のキレイさを保つためには、そのベランダのメンテナンスも定期的に行うことが大切です。

メンテナンスを怠ってしまうと、早い段階で色があせたり壊れてしまったり……それでは悲しいですよね。

しかし、DIYをした後のメンテナンスは具体的にどのように行えばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。
最後に、ベランダのDIYにおけるメンテナンス方法をご紹介します。

掃き掃除や拭き掃除をこまめにする

基本的なメンテナンス方法としては、ほうきで掃いたり、雑巾で拭いたりするだけで十分ですよ。

ほうきや雑巾で掃除をする場合は、ほうきで砂やホコリを掃いてから、汚れが目立つ部分を固く絞った雑巾で拭くようにしてみてください。

できれば毎日行うことが望ましいですが、他の掃除もありますし、仕事や育児もあって大変な方もいるでしょう。
その場合は、最低でも2~3日に1回は掃除をするようにしてみてください。

また、風が強い日や雨が降った翌日なども積極的に掃除をするといいでしょう。

排水口が詰まりそうなときはすぐに片付ける

ベランダの排水溝が詰まるほどのゴミがある場合は、すぐに捨てるようにしてください。

排水口が詰まってしまうと、雨が降ったときにベランダが浸水し、DIYをしたときに使ったデッキパネルなどの劣化が早まってしまう可能性があります。
特に使用しているものが木材の場合は、腐敗してすぐに傷んでしまうでしょう。

また、台風が多い時期は特に注意が必要です。
強風でベランダに置いている植物や掃除道具などが散乱し、散乱したもので排水口を詰まらせる可能性があるので、ゴミを撤去することはもちろんベランダに置いてるものの片付けもするようにしましょう。

天候の影響がある場合は再塗装を考える

雨などによる影響が大きい木材を使用しているのであれば、再塗装をすることがおすすめです。
木材のデッキパネルなどは、オイルステンという木材保護着色剤が塗られているからです。

通気性を保ちながら撥水効果を発揮してくれるのですが、いつまでも撥水効果が続くわけではないんですよ。

効果を持続させるためにも、定期的に再塗装するといいですよ。

■再塗装するときのポイント
・塗料缶をよく振り、塗料を均一にする
・塗りにくい部分から塗料を塗り、最後に目につきやすい部分を仕上げる
・木目に沿って塗装し、ムラにならないように一筆で仕上げる

これらのポイントを押さえると、キレイに仕上げやすくなります。

ベランダのDIYアイディアや人気の方法、注意点などをご紹介しました。何もなかったベランダががらりと変われば、そのベランダで過ごす時間が楽しくなりそうですね。意外と簡単にできる方法がたくさんあるので、おうち時間をもっと充実させるためにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか!