FASHIONAUG.02.2019

パラセーリングに適した服装は?選び方のポイントとおすすめコーデ

パラセーリングは空中散歩を楽しめるアクティビティー。ライセンスが必要なく、ツアーに参加すると初心者でも楽しめます。ここでは、パラセーリングに適した服装や持ち物についてご紹介します。
パラセーリングは空中散歩を楽しめるアクティビティー。ライセンスが必要なく、ツアーに参加すると初心者でも楽しめます。ここでは、パラセーリングに適した服装や持ち物についてご紹介します。

パラセーリングとは?

 
パラセーリングはロープが付いた円形のパラシュートを背負い、モーターボートで引っ張ってもらって海上を飛ぶマリンスポーツ。一般的には2~3人乗りで、40~50m程度の高さを空中散歩できます。

パラセーリングの魅力は初心者でも楽しめること。特別な資格が必要なく、離着陸やパラシュートのコントロールはプロにやってもらえるので、子供から年配の方まで誰でも気軽に挑戦できます。

日本でパラセーリングを楽しめるのは沖縄や淡路島などで、リゾート地では一年を通して体験ツアーが実施されています。

パラセーリングの服装のポイント

 
初めてパラセーリングを体験することになったら服装に悩む人が多いはず。パラセーリングの服装選びのポイントをチェックしてみましょう。

■水に濡れても良い服
パラセーリングはマリンスポーツですが、海に着陸することはほとんどないので、服装は水着でも普段着でもOKです。ただし、パラセーリングの体験中は波しぶきにかかることも多いので、水に濡れても良い服を選びましょう。

なお、パラセーリング中に着用するライフジャケットはツアー会社が用意してくれます。

■パンツスタイル
パラセーリングを体験する時は両脚の間にハーネスを付けます。スカートを履いていると、ハーネスを付けにくいので、パンツスタイルを選びましょう。

■フラットソールの靴
靴は歩きやすい運動靴やペタンコサンダル、ビーチサンダルなどがおすすめです。ヒールが高い靴は船の乗り降りや船上の移動でケガをしやすいので、パラセーリングには向きません。また、水に濡らしたくない靴も避けてください。

パラセーリングの持ち物

 
パラセーリングに行く時は次のものを用意しましょう。

■着替え
パラセーリングをすると、服が濡れることが多いです。水着以外でパラセーリングをするなら、着替えの服を準備しておきましょう。

■UV対策グッズ
海は紫外線がきついです。日焼け止めや水着の上から着られる羽織もの、帽子などを持っていきましょう。

■寒い季節や雨の日は防寒用アウター
寒い季節や雨の日にパラセーリングをする人は寒さを予防できるアウターを用意しましょう。海の上は風が強いので、ウィンドブレーカーやアウトドア用ジャケットがおすすめです。なお、風速や天気によってはパラセーリング体験が中止されることもあります。

■タオル
パラセーリングで濡れた時や汗をかいた時に必要です。大きめのタオルを持っていると、日除けにも使えるでしょう。

■飲み物
スポーツドリンクやお茶などを持っていってください。冷える季節は保温できる水筒に温かいお茶などを入れておくのもおすすめです。

■メガネバンド(必要な場合)
パラセーリング中はメガネやサングラスが外れることがあるので、メガネバンドがあると役立ちます。

■酔い止め(必要な場合)
船で移動中に乗り物酔いすると、パラセーリングを満喫できません。不安な人はあらかじめ、酔い止めを服用しておきましょう。

■生理用品(必要な場合)
生理が重なりそうな人はタンポンやナプキンなどを必要に応じて準備しておきましょう。

パラセーリングにおすすめの服装【1】水着でリゾートを満喫

 
リゾートを満喫したいなら、水着でパラセーリングを体験するのがおすすめ。暑い季節であれば、ビキニだけでも寒くありません。ボタニカル柄の水着は南国風の気分を味わえます。

パラセーリングにおすすめの服装【2】水着ならスカートもOK

 
一般的なスカートでパラセーリングをするのは難しいですが、水着の上からであればスカートを穿いても大丈夫です。ただし、ロングスカートはハーネスを着用できないので、短めのスカートを合わせましょう。

パラセーリングにおすすめの服装【3】水着×白シャツで色っぽく

 
パラセーリング中や船での移動中は強い日差しを浴びるので、紫外線が気になるなら服装で対策しましょう。オーバーサイズの白シャツを水着の上から羽織ると、日焼けを防げて色っぽさを演出できます。

パラセーリングにおすすめの服装【4】ガウン×ルーズパンツで大人っぽく

 
ガウンとルーズパンツの組み合わせはこなれた雰囲気。ガウンからさりげなく水着を見せると、ヘルシーで大人っぽい魅力をアピールできます。シンプルなガウンや水着を着るなら、柄入りのパンツを使うと、ビーチに合う明るい服装になるでしょう。

パラセーリングにおすすめの服装【5】ラッシュガードでUV対策

 
しっかりと日焼け対策をしたい人は水着の上に紫外線カット効果のあるラッシュガードを着ましょう。ラッシュガードは体温を守る役割もあるので、肌寒い季節のパラセーリングにも適しています。

パラセーリングにおすすめの服装【6】Tシャツ×デニムパンツでカジュアルに

 
パラセーリングは海に入るスポーツではないので、水着以外の服装でも問題ありません。Tシャツ×デニムパンツは海に馴染むカジュアルなファッションで、体も動かしやすいです。

パラセーリングにおすすめの服装【7】ノースリーブ×ジーンズでシンプルに

 
シンプルな服装が好きな人には白のTシャツとジーンズのスタイリングがおすすめ。コンパクトなTシャツを選べば、パラセーリングの時にライフジャケットを着用しやすいです。

パラセーリングにおすすめの服装【8】ブラウス×ショートパンツで可愛く

 
彼氏とパラセーリングを体験するなら、女性らしさを感じる可愛い服装に。白のブラウスとベージュのショートパンツはフェミニンで、海でのデートにぴったりです。シアーなブラウスや通気性の良いショートパンツを使うと、波しぶきがかかってもすぐに乾きます。

パラセーリングにおすすめの服装【9】肌寒い日はマウンテンパーカー×ロングパンツ

パラセーリングにおすすめのマウンテンパーカー×ロングパンツコーデ
肌寒い日にパラセーリングをするなら、マウンテンパーカーとロングパンツをコーディネートしましょう。マウンテンパーカーは風や水をカットしてくれるので、海でも体が冷えにくいです。
パラセーリングは初心者でも楽しめるマリンアクティビティー。リゾートなどを訪れたら、適切な服装でツアーに参加し、パラセーリングを満喫しましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!