BEAUTYJAN.06.2019

ピンクの下地の特徴は?肌色別の選び方やおすすめ商品をご紹介

ピンクの下地の効果について知っていますか?ピンクの下地をベースに仕込むことによって、肌にどんな変化が起こるのでしょうか。肌色別の色選びのコツや、デパコスやプチプラのおすすめ商品についてご紹介します。
ピンクの下地の効果について知っていますか?ピンクの下地をベースに仕込むことによって、肌にどんな変化が起こるのでしょうか。肌色別の色選びのコツや、デパコスやプチプラのおすすめ商品についてご紹介します。

ピンクの下地の特徴

手に持っている化粧下地
ピンクの下地の特徴は、血色感のある肌に仕上げることです。コントロールカラー系の化粧下地はたくさんありますが、比較的使う人を選ばない下地が、ピンクです。血色感は誰もが持っている色なので、下地として仕込むことによって自然な肌のトーンアップが叶います。

ピンクの化粧下地は、肌を明るく見せてくれますが、白浮きすることがないので、どんな肌色の人でも使うことができるカラーです。化粧下地として使われるものの場合は、ほとんど色味がつかないので、ナチュラルに肌色を補正することができます。

ピンクの化粧下地は肌なじみが良いので、化粧下地としては非常に人気のあるカラーになります。

イエベとブルベのピンク下地の選び方

ピンク色のクリーム
ピンクの下地は比較的肌なじみが良いカラーだといわれています。では、パーソナルカラー的にはどうなのでしょうか。ブルベとイエベに似合うピンクの化粧下地の選び方についてご紹介します。

■ブルベ
ブルベの場合は、もともとピンク系の要素を多く持っている肌になります。そのためピンクの化粧下地はとてもなじみやすいです。自分が本来持っている血色感と混ざり合うことで、ナチュラルに顔を明るく見せることができます。

しかし、ここで注意が必要なのは、赤みが元々強い肌の場合です。ブルベの肌の中でも赤みが強いカラーの人は、その上にピンクの下地を重ねてしまうと、より赤みが目立ってしまう場合があります。

赤みが目立つ人がピンク系の化粧下地を使う場合は、テクスチャーがゆるめのものを選ぶと、色味があまり目立たないのでおすすめです。

■イエベ
イエベの場合は、青みとは正反対の黄みがあるからこそピンクは似合わないのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、イエベにはピンクの化粧下地がぴったりです。

肌にあるくすみを飛ばしたり、トーンアップさせたりすることで、自然な血色感のある肌を作り出すことができます。顔色が悪く見えてしまっている肌でも、ピンクの化粧下地を取り入れることで黄ぐすみを取り払う効果が期待できます。

イエベの人にこそ、ピンクの化粧下地はおすすめのアイテムです。

ピンクの化粧下地の使い方

ベースメイクを塗っている人
ピンクの化粧下地の使い方についてご紹介します。

■あらかじめ日焼け止めを塗っておく
ピンクの化粧下地を使ってメイクする場合は、あらかじめ日焼け止めを仕込んでおくことをおすすめします。ピンクをコントロールカラーとして使う場合は、ピンポイントで使います。

そういった場合、日焼け止めを塗らない部分が出てきてしまうので、あらかじめ日焼け止めを塗っておいた方が日焼けの心配がないのでおすすめです。

■ポイントで塗っていく
ピンクの下地を実際に塗っていきます。ピンクの下地は、肌の色ムラを目立ちにくくする効果が期待できます。そのためカバーする部分とカバーしない部分を作った方がより色ムラが目立ちにくくなります。

ピンクの下地を塗る部分は、くすみが気になる部分や血色感が欲しい部分です。目の周りや頬の高い位置など、明るく見せたい部分にだけピンポイントに乗せていくと良いでしょう。顔全体に塗ってしまうと、せっかくのピンクのカラー効果がなくなってしまうので、ポイントで塗ることをおすすめします。

■ファンデーションを塗る
化粧下地が終わったら、ファンデーションを塗っていきます。コントロールカラーをファンデーションの前に仕込んでおいたので、ファンデーションは薄く乗せるだけでも十分です。必要最低限の量のファンデーションを乗せて仕上げれば、素肌感のある美しい肌を作ることができますよ。

おすすめのピンク下地【1】Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止 化粧下地

プリマヴィスタの下地
Primavistaの皮脂くずれ防止化粧下地は、皮脂や汗に強い化粧下地です。時間が経っても崩れないので、ファンデーションの仕上がりを持続します。乳液のようなテクスチャーで、ピンクベージュの色味をしています。

おすすめのピンク下地【2】インテグレートグレイシィ コントロールベース ピンク

インテグレートグレイシィの下地
インテグレートグレイシィのコントロールベースは、肌の色ムラや凹凸を補正するコントロール下地です。肌の表面を均一に整えて透明感を与えます。化粧崩れを防いで美しい仕上がりを保ちます。
インテグレートグレイシィ コントロールベース ピンク / ¥864

おすすめのピンク下地【3】dプログラム 薬用 スキンケアベース CC ベビーピンク

dプログラムの化粧下地
dプログラムの薬用スキンケアベースCCは、敏感な肌でもしっかり肌色を補正します。つけているだけでニキビや肌荒れを防ぎます。荒れた肌でもフィットして化粧持ちを高めます。
dプログラム 薬用 スキンケアベース CC ベビーピンク / ¥2,700
ピンクの下地についてご紹介しました。ピンク色の下地は肌色問わず使える万能カラーです。カラーコントロールをすることで、血色感を与えながら顔を明るく見せることができます。化粧下地に迷ったら、ぜひピンク色の化粧下地を選んでみてはいかがでしょうか?
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック