FASHIONMAR.03.2019

香港旅行におすすめの服装!季節別・気温別におすすめコーデをご紹介

夜景やグルメ、ショッピングと大人女子の好きなものが詰まった観光地、香港。日本から近く気軽に行けるのも魅力です。そこで今回は、これから初めて香港を旅行する方のために、香港旅行におすすめの服装を季節別・気温別にご紹介します。
夜景やグルメ、ショッピングと大人女子の好きなものが詰まった観光地、香港。日本から近く気軽に行けるのも魅力です。そこで今回は、これから初めて香港を旅行する方のために、香港旅行におすすめの服装を季節別・気温別にご紹介します。

香港の季節ごとの気候

 
観光はもちろんグルメやショッピングと魅力的な楽しみ方が尽きない観光地の香港。日本から4~5時間で行ける気軽さも魅力ですよね。そんな香港にこれから旅行に行かれる方のために、今回は香港の季節ごとの気候やおすすめの服装をご紹介します。

まずは、旅行される方が気になる香港の気候から。一年を通して暖かい香港は、比較的服装選びが簡単な観光地です。日本の様にはっきりと四季が分かれていなくて、夏の暑い期間が長いのが特徴です。

■春(3・4・5月)

香港の春の平均気温は20~30度。日本の初夏のような気温で過ごしやすいですが、雨が多いので湿気がある時期です。日本の春の様に寒暖差がある日が多いので、服装選びは重ね着などで体温調節できるようにしましょう。

■夏(6・7・8月)

香港の夏は高温多湿。この時期は台風が多いので事前に天気予報をチェックしておいた方がいいでしょう。気温は30度前後で推移するので薄着で大丈夫と考えがちですが、香港は室内の冷房が強いので羽織りものはマストです。日差しも強いので日よけや日焼け対策を準備して行きましょう。

■秋(9・10・11月)

香港の秋は夏に比べて降水量がぐっと減ります。気温は9月や10月はまだ夏の気温。ただ、日ごとに最低気温が下がっていきます。11月になってようやく少し涼しくなります。

■冬(12・1・2月)

香港の冬は最高気温が20度前後、最低気温が10度前後と日本に比べて暖かいのが特徴。日本の真冬ほどの装備は必要ありません。ただ、ニットやコートはやはり必要になります。

香港旅行におすすめの服装【1】春(3・4・5月)①:朝晩の気温は20度を下回ることも。ディズニーコーデには羽織りものを

春の香港コーデ
香港の春は日本の初夏のような気温で暖かいですが、寒暖の差はあるので羽織りものは必ず持参することをおすすめします。

朝晩の気温が20度を下回る日は軽めのアウターが活躍します。ダウンなら長袖のジャケットは必要ありませんが、ベストタイプならこの時期にちょうど良い体感に。ディズニーなどの屋外で遊ぶ場合は、ベストは特に動きやすくて◎。

香港旅行におすすめの服装【2】春(3・4・5月)②:昼間の気温が30度近い日も。ノースリーブでもOK!

春の香港コーデ
香港の春は日ごとに暑くなって、昼間の気温が30度近くまで上がる日もあります。そんな日のコーデはノースリーブのトップスでも過ごせます。

ただ、香港は暑くなってくると室内の冷房がかなり効いて寒いので、バッグに羽織りものやストールなどを入れておくと安心です。

香港旅行におすすめの服装【3】夏(6・7・8月)①:気温が30度以下の日なら薄手の長袖シャツでもOK

夏の香港コーデ
香港の夏は高温多湿でかなり暑く、半袖やノースリーブなどの暑さをしのげる服装を準備してください。ただ、台風が多い時期で雨が降る日は体感が寒く感じる日もあります。さらに、室内の冷房がかなり効いているので、薄着で出掛ける場合は羽織りものをバッグに入れておく方が無難です。

気温が30度以下の日や一日室内で過ごすといった日なら、薄手の長袖シャツでもOKです。

香港旅行におすすめの服装【4】夏(6・7・8月)②:30度を超える昼間は半袖Tシャツで。冷房対策の羽織りものは持参して

夏の香港コーデ
夏の香港の昼間は気温が30度を超えることも多いので、半袖Tシャツやノースリーブで過ごせます。日差しがかなり強いので、帽子やサングラスなどの日よけになるアイテムを持参しましょう。日焼け対策も忘れずに。

この時期の服装はワンツーコーデになるので、ロゴTシャツやワイドデニムといったシンプルでもおしゃれ見えするアイテムがおすすめです。

香港旅行におすすめの服装【5】秋(9・10・11月)①:初秋はまだ夏。ノースリーブでも過ごせる!

秋の香港コーデ
9月から10月にかけての初秋はまだ夏と言ってもいい気温。30度近くまで昼間の気温が上がるので、ノースリーブや半袖Tシャツでも過ごせます。日差しもまだ強いので、帽子などの日よけグッズや日焼け対策もマストです。

ただ、朝晩の気温が日ごとに下がっていく時期なので、冷房対策も兼ねて羽織りものは必ず準備して行きましょう。

香港旅行におすすめの服装【6】秋(9・10・11月)②:昼間の気温が20度前後まで下がって秋らしい気温になると長袖アイテムの出番

秋の香港コーデ
香港の秋も日ごとに気温が下がっていって、昼間の気温が20度前後まで下がるとやっと秋の雰囲気に。観光に最適な時期で長袖のトップス一枚で過ごせる日が多くなります。

ボーダーTシャツ×ワイドパンツのコーデはこの時期の香港観光に最適。ただ、まだ室内は冷房が効いているので、もう一枚重ね着できるものがあると安心です。

香港旅行におすすめの服装【7】冬(12・1・2月)①:朝晩の気温が15度前後まで下がる日はMA-1などのブルゾンタイプが◎

冬の香港コーデ
香港の初冬は朝晩の気温が15度前後まで下がるので、MA-1などのブルゾンタイプのアウターが最適。昼間に暖かくなる日もあるので、ブルゾンのインナーは重ねて体温調節しやすいコーデにするのがおすすめです。

MA-1を使ったボーイッシュなカジュアルコーデは、ミドルレイヤーに入れたチェックシャツを腰巻きしてアクセントに。モノトーンなカラーコーデのおしゃれ感が高まります。

香港旅行におすすめの服装【8】冬(12・1・2月)②:真冬でもアウターはジャケットでOK!心配な方はダウンなどのアウターを

 
香港の冬は最低気温が10度を下回ることはないので、日本ほどの冬の装備は必要ありません。真冬でもジャケットの下に長袖Tシャツで過ごせるほど。

寒くならないか心配な方はダウンジャケットを持参してもOKです。ただ、インにニットは必要ないかもしれません。長袖トップスにニット、そこにアウターをプラスして、気温に応じて服装で体温調節できるように準備しましょう。

香港旅行におすすめの服装【9】冬(12・1・2月)③:真冬でも昼間だけの外出なら長袖ワンピでもOK!

 
香港は真冬でも昼間だけの外出なら長袖ワンピで過ごせることもあります。ただ、旅行中は一日中観光で屋外にいる場合が多いので、アウターは必ず持参しておくことをおすすめします。
香港は一年を通して暖かく過ごしやすい気温の観光地。ただ、四季ごとに最適な服装は異なるので、旅行に行かれる際は事前に天気をチェックしておきましょう。夏の時期は高温多湿で暑いですが、室内の冷房がかなり強いので羽織りものはマストです。今回ご紹介したコーデも参考にしていただいて、香港を思い切り楽しめるような服装選びをして旅行に出掛けましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック