NOV.05.2019

眉毛の脱色のメリットは?正しいやり方やセルフで行う注意点

眉毛の脱色のメリットは?正しいやり方やセルフで行う注意点 眉毛の脱色のメリットは?正しいやり方やセルフで行う注意点

眉毛が濃くてなぜか地味に見えてしまう……と悩んではいませんか?眉毛の印象を変えるためには、脱色するのがおすすめです。眉毛を脱色するメリットや正しいやり方、セルフで行う上での注意点についてご紹介します。

眉毛を脱色するメリット

 

眉毛を脱色するメリットについてご紹介します。

■眉マスカラがいらなくなる
眉毛を脱色することによって眉マスカラを使う必要がなくなります。眉マスカラを使って眉を明るくしても、まばらになってしまったりしっかり色が乗らなかったりすることがあります。

眉毛を脱色してしまえばそういうこともなくなり、いつでも明るい眉毛を保つことができます。

■眉毛が落ちても安心
眉毛を脱色していれば、眉毛が万が一消えてしまってもある程度色を残すことができます。眉毛が生えている部分であれば、ペンシルやパウダーが落ちてしまっても安心です。

■あか抜けて見える
人の見た目は眉毛で決まるということを聞いたことはありませんか?眉毛を脱色することによって、あか抜けた印象に見せることができます。黒を使ってメイクをすると、どうしても地味で重たい印象になってしまうことが多いです。

しかし眉毛を染めて髪の色に合わせることによって、眉毛が浮くことなく自然になじむので、あか抜けた印象に見せることができます。

眉毛を脱色する時に使うもの

 

眉毛を脱色する時に使用するためのアイテム、というのは今のところ販売されていないようです。そのため、眉毛を脱毛するということ自体が自己責任になります。眉毛の脱色によく使われるのは、身体用の脱色剤です。体毛を薄くするのと同じ要領で、眉毛を脱色していくようにしましょう。

眉毛を脱色する時は、この他にも肌を保護するためのクリームを用意するようにしましょう。自分がいつも使っているものでも良いので、脱色剤を乗せる部分以外に塗り、肌を保護する必要があります。

他に準備した方がいいものは、コットンです。眉毛に脱色剤を塗った後に液だれを防止するのに使用します。コットンでなくてもいいので、何か液だれを防止できるようなアイテムがあれば、用意しておくようにしましょう。

眉毛の脱色方法

 

眉毛の脱色のやり方についてご紹介します。

■眉毛の周りにクリームを塗っておく
脱色をスタートする前に、まず眉毛の周りにクリームを塗っておくようにしましょう。脱色する部分以外にクリームを塗ることで、赤みや痛みなどを防止します。この時に眉毛の部分にはなるべくつかないようにしましょう。

■脱色剤を作る
脱色剤は基本的に2液から成り立っています。2つを混ぜ合わせることで、脱色剤が完成します。脱色剤はなるべく1回で使い切れるくらいの量を取り出すようにしましょう。眉毛の脱色に使用する量は、ほんの少しでも十分です。混ぜ合わせた脱色剤はあとに残しておくことができないので、出しすぎないように注意しましょう。

■綿棒などを使って眉毛に伸ばす
ここからは実際に眉毛に脱色剤を乗せていきます。脱色剤を塗りやすい綿棒などに取り、眉毛に乗せていきます。この時1度に乗せるのではなく、少量ずつ乗せていくようにしましょう。

なるべく均等な厚みになるように乗せていくことで、ムラができにくくなります。眉毛全体にしっかり液を浸透させていきましょう。

■コットンで液だれを防止しながら放置する
眉毛全体に脱色剤が塗れたら、既定の時間を置いていきます。この時に眉毛全体を覆うようにコットンを乗せていきましょう。コットンを乗せないと万が一目に入ってしまった時に大変です。時間を置いている間に何か作業をするという人であればなおさら、コットンでカバーしましょう。

■優しく洗い流す
既定の時間放置したら、優しく洗い流していきます。片手にぬるま湯をすくい、眉毛を覆うように優しく洗い流していきましょう。両方いっぺんにやろうと思わずに、片方ずつ行うのがおすすめです。

眉毛の脱色の注意点

 

眉毛の脱色を行う上で注意した方が良いことについてご紹介します。

■目に絶対入らないようにする
眉毛の脱色を行う上で、絶対に気をつけて欲しいことは、目に入らないようにすることです。脱色には強い薬品を使用しているため、目に入ると影響が出る可能性が高いです。もともと眉毛の脱色用に開発されたものではないので、十分に注意して使用する必要があります。

特に洗い流す時が危険です。いつも通り顔を洗うように流してしまうと、目の中に入ってしまうことがあります。洗い流す時はなるべく片方の手で優しく行うことが大切です。急いでやろうとせずに丁寧にゆっくり行いましょう。

■痛みを感じたら中止する
眉毛の脱色は使用中に肌に痛みを感じてしまうということは少なくありません。もともと肌が弱い人にとっては、脱色剤が刺激になってしまい、真っ赤になってしまうこともあります。痛みやひりつきを感じたら、ただちに使用を中止するようにしましょう。

眉毛の脱色についてご紹介しました。眉毛を脱色することで、いつもと違った雰囲気の表情を作り出すことができます。眉毛の印象が気に食わないという人は、ぜひ眉毛の脱色に挑戦してみてください。