BEAUTY
2021.10.20

グリーンベースに似合うメイクは?リップ・下地・ファンデーションなどおすすめコスメを紹介♡

グリーンベースに似合うメイクは?リップ・下地・ファンデーションなどおすすめコスメを紹介♡ グリーンベースに似合うメイクは?リップ・下地・ファンデーションなどおすすめコスメを紹介♡

近年目にする機会が増えてきたパーソナルカラー診断は、ブルベとイエベの2種類に分類するのが定番ですが、中間の特徴を持つグリーンベースの方もいます。今回はグリベの特徴や似合うリップの色やメイク方法をご紹介します。

ブルベでもイエベでもない、グリーンベースとは?

まずは「グリーンベース」について詳しくご説明します。

■近年認知度が上昇中!グリーンベース

近年メディアやブログなどで目にする機会が増えてきたのが「パーソナルカラー診断」です。そもそも、パーソナルカラー診断とは「パーソナルカラー肌色診断」とも呼ばれており、肌の色や瞳の色、髪の毛の色などを元に、自分に似合う色を選ぶ診断です。

パーソナルカラー診断は、自分に似合うパーソナルカラーを知って利用することで、より自分の魅力を引き出すのが目的です。

例えば、パーソナルカラーを知ることで、自分に似合うファッションや髪色を知ることができます。また、パーソナルカラーは、リップやチーク、ファンデーションなどのコスメの色を選ぶ際にも活用できます。

自分に似合う色の洋服やファッション小物を身につけたり、メイクや髪色に取り入れたりすると、お肌の透明感がアップし、健康的な印象になったり、おしゃれで華やかに見えたりするのがメリットです。

一方、パーソナルカラーに合わない色を身につけると、野暮ったく見えたり、不健康で元気がない印象になったりする傾向があります。また、肌がくすんで見えたり、老けて見えたりすることもあります。したがって、自分に似合うパーソナルカラーを知り、ファッションやメイク、髪色に取り入れることは大切です。

パーソナルカラーは、大きく分けると、ブルーベースの通称「ブルベ」と、イエローベースの通称「イエベ」の2種類に分けられます。しかし、近年は、ブルベとイエベのどちらの特徴にも当てはまるブルベとイエベの中間の「グリーンベース」も認知されるようになってきました。

■グリーンベースとは

ブルベとイエベの中間の特徴を持っているグリーンベースは、通称「グリベ」とも呼ばれています。ブルベとイエベの特徴を兼ね備えているので、「ニュートラルスキン」や「オリーブスキン」と呼ばれることもあります。

ブルベやイエベに分類されたとしても、色の彩度や明度によって似合う色と似合わない色がある人も多いですよね。また、日焼けや赤み、肌の凹凸やシミ、くすみや老化などによって、お肌の状態も個人で異なり、パーソナルカラーに影響します。素人はもちろん、パーソナルカラー肌色診断の専門家のパーソナルカラーアナリストであるプロがパーソナルカラーを診断する場合でも、ブルベとイエベのどちらかに分類するのが難しいことがあります。

そのようなブルベやイエベのどちらかだと診断できない方の中には、ブルベとイエベの特徴を持つグリベさんがいます。

今回は、グリーンべースに似合う色と似合わない色をご紹介します。グリーンベースの方におすすめのメイク方法やおすすめのリップもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リップ選びの参考に!グリーンベースの特徴や似合う色&似合わない色

グリーンベースの女性

グリーンベースの方の特徴をご紹介する前に、まずはイエローベースとブルーベースの特徴をご紹介します。

■イエローベースの特徴や似合う色

パーソナルカラー診断がイエローベースの特徴は、

・肌の色は黄みがかった肌色で日焼けすると小麦色になりやすい
・手首の血管の色が緑色がかっている
・黒目や地毛の色が茶色に近い
・コーラルピンク系やオレンジ系のリップやチークが似合う
・ゴールド系のアイシャドウが似合う
・ゴールドのアクセサリーが似合う
・暖色系のファッションが似合う

などです。イエベは春(スプリング)と秋(オータム)のタイプに分かれており、若々しくキュートな色が似合うのがイエベ春、シックで大人っぽくシックなカラーが似合うのがイエベ秋という傾向があります。

一方、ブルーベースに似合う色は、イエローベースの方には似合わない傾向があります。

■ブルーベースの特徴や似合う色

・肌の色は青みがかった肌色で、日焼けしても小麦色になりにくい
・手首の血管の色が青色がかっている
・黒目や地毛の色が黒色やこげ茶色に近い
・青みピンク系やローズ系のリップやチークが似合う
・シルバー系のアイシャドウが似合う
・シルバーのアクセサリーが似合う
・寒色系のコスメやファッションが似合う

などです。ブルベは夏(サマー)と冬(ウィンター)のタイプに分かれており、柔らかくエレガントな色が似合うのがブルベ夏、スタイリッシュで大人っぽい色が似合うのがブルベ冬という傾向があります。

一方、イエローベースに似合う色は、ブルーベースの方には似合わない傾向があります。

■グリーンベースの特徴や似合う色

グリーンベースに似合う色

イエベとブルベの中間の特徴を持っているグリーンベースは、珍しくないので、有名人にもグリーンベースの方がいます。女性芸能人では、グリーンベースの特徴を持っているのは、指原莉乃(さしはらりの)さんや有村架純(ありむらかすみ)さん、森絵梨佳(もりえりか)さんなどが挙げられることが多いですね。

グリーンベースの方がオリーブスキンといわれているのは、肌が黄色と青色を混ぜた「緑色」が薄く入っているような色をしている点です。

また、グリベさんは、手首の血管の色もイエベの緑色ともグリベの青色のどちらとも判断できないような中間色です。場合によっては、紫色っぽく見えることもあります。

その他にも、グリーンベースの方の特徴は、

・肌の色や血管の色はイエベの特徴なのにブルベに合うコスメが似合う
・肌の色や血管の色はブルベの特徴なのにイエベに合うコスメが似合う
・どんな色のファンデーションを塗っても肌がやや赤っぽく見えたり、ファンデーションが浮いてしまう
・黒目や地毛の色が黒に近い濃い茶色
・シルバー系とゴールド系のコスメやアイシャドウが似合う
・寒色系と暖色系のコスメやファッションが似合う

などです。グリーンベースの方は、どのような色もある程度似合うのが特徴です。

特に、

・オフホワイト
・アイボリー
・キナリ
・オレンジがかった明るい赤色
・茶色がかった深みのある赤色
・翡翠色(やや青みがかった緑色)
・エメラルドグリーン(やや青みがかった緑色)
・ターコイズブルー(やや緑がかった青色)
・地中海ブルー(鮮やかな青)

などが似合う傾向があります。

ただし、グリーンベースの方でも、全ての色が似合うというわけではありません。ビタミンカラーやパステルカラー、アースカラーやビビットカラーの中には、明度や彩度によって似合わない色もあります。特に、グリーンベースであっても、ブルベにイエベのどちらかに特徴が寄っている場合は、場合によっては似合わない色があるケースがあります。

リップやチーク・ファンデーションのカラーは?グリーンベースのメイク方法

続いて、グリーンベースのメイク方法についてお伝えします。

■チーク

グリーンベースの方のメイク方法の特徴は、血色をアップするチークは、比較的どのカラーでも似合いやすい傾向があります。

■リップ

グリーンベースは、比較的どのカラーのリップでも似合いやすいですが、ブルベ寄りのグリベさんか、イエベ寄りのグリベさんかによって、似合う色が変わるケースがありますので注意したいですね。一般的なグリーンベースは、

・オレンジがかったレッド
・茶色がかった深みのあるレッド
・ピンクがかったレッド
・青みのあるコーラルピンク
・パープルがミックスされたローズピンク

などが似合いやすいですね。

■アイシャドウ

グリーンベースさんは、ゴールド系のアイシャドウもシルバー系のアイシャドウも似合いやすい傾向があります。ただし、ラメ入りやツヤ感のあるアイシャドウよりは、マットな質感のアイシャドウが似合いやすいですね。

グリベさんに似合うアイシャドウの色は、

・パープル
・ブルー
・グレー
・イエロー
・カーキ
・ブラウン

などのカラーが似合いやすいですよ。

■グリーンベースはファンデーション選びが難しい

コスメ

似合う色が多いグリーンベースですが、ファンデーションの色選びは難しいという特徴があります。

一般的には、ブルーベースの方は、ピンク系のファンデーションやライトオークル系のファンデーションが肌に馴染みやすいですね。イエローベースの方は、黄色がかったオークル系のファンデーションやベージュ系のファンデーションが肌に馴染みやすいですね。

しかし、グリーンベースの方は、どのファンデーションを使っても、浮いてしまったり、肌が赤っぽく見えてしまったりする傾向があります。

したがって、グリーンベースさんは、黄みも赤みがないファンデーションを選ぶのがおすすめです。

ファンデーションの色選びにお悩みのグリベさんの中には、市販されているイエベ向きのファンデーションとブルベ向きのファンデーションを混ぜて、自分の肌にマッチするファンデーションを自作している方もいます。

また、ファンデーションを塗る前に、肌の赤みを補正するグリーン系の化粧下地やコントロールカラーを塗るのもおすすめです。

グリーンベースにおすすめの下地3選

ここからは、実際におすすめの下地をご紹介します。

グリーンベースにおすすめの下地【1】エレガンスの「モデリング カラーベース GR400」

モデリング カラーベース

エレガンスの「モデリング カラーベース」は、なめらかで塗りやすいテクスチャーの下地。中でもGR400は透明感があるグリーンカラーなので、肌の赤みやくすみを消して整えてくれます。

グリーンベースにおすすめの下地【2】RMKの「ベーシック コントロールカラー03」

ベーシック コントロールカラー

RMKの「ベーシック コントロールカラー03」は、肌色を美しく整えながら、透明感を引き出してくれるアイテム。ニキビや赤みをナチュラルにカバーします。

グリーンベースにおすすめの下地【3】メディアの「メイクアップベースS」

メイクアップベースS

メディアの「メイクアップベースS」は、くすみ補正をしながら毛穴をしっかりカバーしてくれる下地。同時にトーンアップができるので、ベースメイクの完成度をあげてくれるでしょう。

グリーンベースにおすすめのファンデーション3選

続いて、グリーンベースにおすすめのファンデーションをご紹介します。

グリーンベースにおすすめのファンデーション【1】ETUDE(エチュード)の「ダブルラスティング ファンデーション ニュートラルベージュ」

ダブルラスティング ファンデーション

ETUDE(エチュード)の「ダブルラスティング ファンデーション」は、しっかりとカバーし、その美しい仕上がりを長時間キープしてくれるファンデーションです。中でもニュートラルベージュは黄みにもピンクにも傾かず中間の色味なので、グリーンペースの肌にマッチします。

グリーンベースにおすすめのファンデーション【2】エスティローダーの「ダブル ステイ イン プレイス 16 エクリュ」

ダブル ステイ イン プレイス

エスティローダーの「ダブル ステイ イン プレイス」は、素肌感のある仕上がりながら気になる毛穴や色ムラをしっかりとカバーできるアイテム。16 エクリュは黄みと赤みをどちらも抑えた明るいカラーです。明るめ肌のグリーンベースの方にぴったりです。

グリーンベースにおすすめのファンデーション【3】Dior(ディオール)の「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ 1N」

ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ

グリーンベースの方にはDior(ディオール)の「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ 1N」もおすすめ。セミグロウ肌を叶えられるファンデーションです。1Nはニュートラルで明るい肌向けの色味なので、グリーンベースの方にもフィットするでしょう。

グリーンベースにおすすめのリップ7選

最後に、グリーンベースの方におすすめのリップをご紹介します。

グリーンベースにおすすめのリップ【1】CHANEL(シャネル)の「ルージュ アリュール リップスティック 169 ルージュ タンタシオン」

ルージュ アリュール リップスティック

CHANEL(シャネル)の「ルージュ アリュール リップスティック 169 ルージュ タンタシオン」は、グリーンベースにおすすめのリップです。

大人女子にもマッチする、やや茶色がかったレッドリップです。重ね塗りすることで鮮やかに発色します。

グリーンベースにおすすめのリップ【2】NARS(ナーズ)の「オーデイシャスリップスティック 9468 ブライトピンクコーラル」

オーデイシャスリップスティック

NARS(ナーズ)の「オーデイシャスリップスティック 9468 ブライトピンクコーラル」もグリーンベースにおすすめのリップです。

こちらは、ピンクコーラルに赤を加えたような明るい色味で、華やかな印象に仕上がるリップです。

グリーンベースにおすすめのリップ【3】無印良品の「リップ&チーク・ローズ」

リップ&チーク

無印良品の「リップ&チーク・ローズ」もグリーンベースにおすすめのリップです。こちらは、チークとしても使用できるハイブリッドコスメです。

カラーはやや明るいローズですが、ライトベージュとパープルを少量ミックスしたような絶妙な色合いで、肌馴染みが良いのが魅力です。

グリーンベースにおすすめのリップ【4】Dior(ディオール)の「ディオール アディクト ステラー シャイン 859」

ディオール アディクト ステラー シャイン

クリアに発色するレッドカラーは、グリーンベースの方にもマッチしやすいといえます。Dior(ディオール)の「ディオール アディクト ステラー シャイン 859」は、はっきりと色づき透明感と鮮やかさを両立してくれます。なめらかな塗り心地なので使いやすさも抜群です。

グリーンベースにおすすめのリップ【5】ロレアルパリの「シャインオン 933」

シャインオン

ロレアルパリの「シャインオン」は、とろけるテクスチャーで美しいツヤを与えてくれるリップ。933は限りなくニュートラルに近いレッドリップで、クリアに発色するので、肌の透明感がアップします。

グリーンベースにおすすめのリップ【6】rom&nd(ロムアンド)「グラスティングウォーターティント 05」

グラスティングウォーターティント

rom&nd(ロムアンド)の「グラスティングウォーターティント」は、みずみずしいテクスチャーが特徴のリップ。中では05はローズカラーです。透け感のある発色なので、初心者の方でも使いやすいところが魅力です。

グリーンベースにおすすめのリップ【7】セザンヌの「ラスティング リップカラーN 306」

ラスティング リップカラーN

セザンヌの「ラスティング リップカラーN」は、うるおい成分で乾燥を防ぎながらしっかりと彩りを与えてくれます。306は青みがあるローズカラーで、グリーンベースの方にフィットします。

ブルーベースとイエローベースの中間の特徴を持つグリーンベースは、似合う色が多いのが魅力です。さまざまな色のリップやチークを楽しめますが、ファンデーションの色選びは難しい傾向があります。コスメを選ぶ際は、自分に合った色かどうかを確認してから購入したいですね。

related articles