SEP.15.2018

レディースのズボンの種類。知っておきたいパンツの名前&特徴

レディースのズボンの種類。知っておきたいパンツの名前&特徴 レディースのズボンの種類。知っておきたいパンツの名前&特徴

ズボンにはいろいろな種類があってわかりにくい!レディースのおしゃれに欠かせないパンツにはどんな種類があるのかまとめてみました。いざという時に名前が出てこなくて恥ずかしい……なんてことにならないように、定番アイテムからトレンドパンツまで幅広くチェックしましょう。

ズボンにはどんな種類がある?

ズボンコーデの女性

ズボンはカジュアルからキレイめ、ビジネススタイルなど幅広いテイストに合わせることができる、レディースファッションに欠かせないアイテム。

そこで今回は、
・定番カジュアル系
・大人カジュアル系
・きちんと見え系
この3つに分けてパンツの種類をチェックしていきましょう。

定番カジュアル系ズボンの種類①ジーンズ

ストレートデニム

インディゴ染めの糸を経糸に、横糸には晒し糸を使って織り上げた丈夫な綾織の生地であるデニムを使ったパンツのことです。

・ストンとまっすぐな「ストレート」
・ピタッと細身の「スキニー」
・ゆるいシルエットの「ボーイフレンド」
・裾に向かって細くなる「テーパード」

など様々なシルエットやデザインのものがあります。

LE DENIM ストレートデニムパンツ / ¥10,800

定番カジュアル系ズボンの種類②リジッドデニム

リジッドデニム

デニム生地は製品にしてから洗いをかけて色を落としたり風合いを出すものが多いですが、リジッドデニムはそのような加工を施していません。そのため「生デニム」とも呼ばれます。

自分で履き込んで自分だけの色落ちや変化を楽しむことができます。洗いをかけていないので、最初に洗った時にサイズがキュッと縮みます。それを考慮してサイズを選ぶことが大切です。

ストレートデニム 1950s 701 WOMEN / ¥20,520

定番カジュアル系ズボンの種類③ストレッチデニム

ストレッチデニム

デニム生地は元々は綿の糸を使っているので伸縮はないのですが、そこにポリウレタンなどの糸を合わせて伸縮するような生地にしたのが、ストレッチデニムです。

動きやすく履きやすいので、細身のスキニーパンツを始め、多くのジーンズに使用されています。

CS ストレッチ スキニー 5P パンツ / デニム / ¥12,960

定番カジュアル系ズボンの種類④チノパン

チノパン

綿やポリエステルの糸で織った丈夫で厚手な生地のチノは、米軍の作業着のパンツに使用されたと言います。そこから生まれたのがチノパンです。

チノパンというとベージュっぽい色をイメージしますが、カーキや黒、白、ネイビーのチノパンもあります。

SLOBE IENA チノパン / ¥9,720

定番カジュアル系ズボンの種類⑤スキニーパンツ

スキニーパンツ

骨と皮を意味する「スキニー」は、まさに肌の一部のように密着する細身のパンツのことです。

脚のラインが見えるようなピタピタのものだけでなく、ストレートシルエットより細身のものは同じくスキニーと呼ぶ場合もあります。

シンプルですっきりとしたシルエットで合わせやすく、男女問わず人気があります。

定番カジュアル系ズボンの種類⑥カーゴパンツ

カーゴパンツ

カーゴとは貨物船のこと。そこで働く人たちが履く作業用のズボンがカーゴパンツです。
チノなど丈夫な生地を使っていて、膝上に大きめのポケットが付いているのが特徴です。

Gready Brilliant ミリタリーカーゴパンツ / ¥16,200

定番カジュアル系ズボンの種類⑦ベイカーパンツ

ベイカーパンツ

カーゴパンツと似ているベイカーパンツは、パン職人が履くことから名前が付きました。
しっかりめの綿の生地のパンツで、前や後ろに大きいポケットが付いています。

GLOBAL WORK バルドマンベイカーパンツ / ¥5,400

定番カジュアル系ズボンの種類⑧ジョガーパンツ

ジョガーパンツ

裾が細くリブになっているスポーティーなズボンがジョガーパンツです。

うっかりすると部屋着になりそう……と思われていたジョガーパンツですが、様々な色や素材のものも登場していて、現在はすっかりカジュアル系のファッションの定番アイテムとなっています。

大人カジュアル系ズボンの種類①バギーパンツ

バギーパンツコーデ

デニムなどハリのある素材で作られることが多いバギーパンツは、裾に向かって大きく広がったボリューム感がおしゃれなズボンです。

大人カジュアル系ズボンの種類②スカンツ

スカンツコーデ

スカートのようなワイドパンツのことをスカンツと言います。
とろみのある素材を使っていて、揺れるシルエットが特徴です。

大人カジュアル系ズボンの種類③ガウチョ

ガウチョパンツ

カウボーイが履く裾が広がった7分丈のズボンがガウチョパンツ。
素材によって雰囲気が変わって、カジュアルなものからエレガントなものまで幅広くあります。

KOBE LETTUCE フェイクスエード裾折返しクロップド丈ワイドパンツ / ¥2,690

大人カジュアル系ズボンの種類④スカーチョ

スカーチョコーデ

ガウチョよりもひらひらと動きがあって、スカートのように見えるのがスカーチョです。
スカーチョとスカンツはとても似ていて迷ってしまうかもしれません。

・スカンツ→ワイドパンツ×スカート
・スカーチョ→ガウチョ×スカート
となり、スカンツは主にくるぶしくらいまでのロング丈、ガウチョは7分丈のものが基本です。

とはいえ、メーカーやブランドによっては短めだけれどスカンツと呼んだり、長めだけれどスカーチョと呼ぶ場合もあります。

きちんと見え系ズボンの種類①スラックス

スラックス

今はメンズのズボンのことを指す場合も多い「スラックス」ですが、元々は女性用のズボンのことをいう言葉です。

ピタッとしていない少し余裕のあるズボンで、ストレートの他いろいろなシルエットのものがあります。

FRAMeWORK TWストレートパンツ / ¥17,280

きちんと見え系ズボンの種類②テーパードパンツ

テーパードパンツコーデ

スラックスと呼ぶこともありますが、裾に向かって細くなるシルエットのものがテーパードパンツです。
脚が長くすらっと見えて、きちんとした着こなしに活躍します。

きちんと見え系ズボンの種類③ワイドパンツ

ワイドパンツ

全体的に太い、ストンと落ちるシルエットのものがワイドパンツです。
程よいボリューム感でスタイルアップして見えるところが魅力。

la.f… リヨペルチェックワイドパンツ / ¥25,920

きちんと見え系ズボンの種類④クロップドパンツ

クロップドパンツ

フルレングスのズボンをパツッと切ったズボンが、クロップドパンツです。
丈のことを指す言葉なので、細身のクロップドパンツがあればワイドのクロップドパンツもあります。

似たようなデザインでもいろいろな呼び方があるレディースのズボン。ズボンの種類を覚えておけば、お買い物の際やオークションで販売する際などに役立てることができそうですね!