BEAUTY
OCT.31.2020

ゆらぎ肌の原因や対策!正しいスキンケアやおすすめアイテムなど

ゆらぎ肌の原因や対策!正しいスキンケアやおすすめアイテムなど ゆらぎ肌の原因や対策!正しいスキンケアやおすすめアイテムなど

季節の変わり目など肌あれが起きやすい時期によく耳にする「ゆらぎ肌」。今回はこの「ゆらぎ肌」に注目して原因や対策、正しいスキンケア方法、おすすめのアイテムなどをご紹介します。ゆらぎ肌でお悩みの方などぜひチェックしてください。

【目次】

ゆらぎ肌とは?

鏡でゆらぎ肌を気にする女性

春や秋の季節の変わり目などで最近よく耳にする「ゆらぎ肌」。なんとなく意味はわかっているようでも、自分の肌トラブルが「ゆらぎ肌」なのかどうかわからないという方も多いのではないでしょうか。

「ゆらぎ肌」とは、季節の変わり目の寒暖差やホルモンバランスの変化などについていけず、肌が不安定になった状態のこと。バリア機能が低下したりターンオーバーが乱れて、かゆみや乾燥、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすい状態になっています。

ゆらぎ肌と敏感肌の違い

肌をチェックし合う3人の女性

肌が敏感な状態というと「敏感肌」をイメージしますが、「ゆらぎ肌」はあくまでも一時的に肌が敏感になった状態のこと。「敏感肌」は慢性的に敏感になった肌のことなので意味が少し違います。「ゆらぎ肌」は正しいスキンケアなどで肌を整えることで、通常の肌状態に戻ります。

ゆらぎ肌の診断方法

鏡で肌の状態をチェックする女性

自分の肌の状態が「ゆらぎ肌」なのかどうか、はっきりと判断できずにいる方も多いと思います。そこで、自分の今の肌の状態が「ゆらぎ肌」なのかどうか、診断するチェック項目をご紹介します。

乾燥やかゆみ、ニキビなど……あなたの肌のゆらぎ度チェック!

下記の項目の中で自分の肌の状態にあてはまるものがあるかどうかチェックしてみましょう。

<肌のゆらぎ度チェック>

□肌がやたらと乾燥する
□いつもの化粧水がしみる
□肌にかゆみを感じる
□乾燥しているのにニキビができる
□肌の状態が安定しない

上記の項目にひとつでもあてはまるものがあれば、あなたの肌はゆらぎ始めています。肌のバリア機能が低下し始めた状態が今以上にひどくなるまえに、今回ご紹介する対策やスキンケア方法を試してみてください。

ゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌を気にする女性

「ゆらぎ肌」は、毎日しっかりスキンケアしている方でも起こりうる肌トラブルです。では、なぜ「ゆらぎ肌」になってしまうのか、その原因をご紹介していきます。

ゆらぎ肌の原因①気温の変化

「ゆらぎ肌」が季節の変わり目の春や秋に多いのは、夏や冬より日々の気温の変化や一日の中の寒暖差が大きいから。気温の変化に肌はゆらぐことで対応しようとしているので、ちょっとしたゆらぎ程度なら正常な反応といえます。

ただ、この「ゆらぎ肌」のサインをそのまま放置すると肌のダメージが進行してしまうので、スキンケアなどで早めにサポートしてあげることが大切です。

ゆらぎ肌の原因②空気の乾燥

秋から冬にかけて起こる「ゆらぎ肌」は、空気の乾燥によって角質層の水分量が低下するのが原因。肌が乾燥すると、かゆみやヒリヒリなどさまざまな「ゆらぎ肌」の症状を引き起こしてしまいます。

ゆらぎ肌の原因③紫外線や花粉などの外的ダメージ

紫外線を気にする女性

一年のうち春は最も「ゆらぎ肌」になりやすい季節。春からは紫外線量が一気に増えて、花粉やPM2.5などのアレルゲンが大気中に飛来しています。そういった外的ダメージの肌への刺激が、春の「ゆらぎ肌」の原因です。

ゆらぎ肌の原因④ホルモンバランスの乱れ

女性は生理周期によるホルモンバランスの変化も肌の状態に大きく影響します。生理前はプロゲステロンという女性ホルモンが優位になるので皮脂分泌が増え、ニキビなどの肌あれが起きやすくなります。季節の変わり目の生理前の時期は、複数の要因が重なって「ゆらぎ肌」を引き起こします。

ゆらぎ肌の原因⑤環境の変化などによるストレス

季節の変わり目の春や秋は、職場や生活環境などで変化が起こりやすい時季。職場の異動や引っ越しなど環境がガラッと変わると、心身ともにストレスがかかり自律神経を乱れさせるので免疫機能に大きく影響してしまいます。

ゆらぎ肌対策

スキンケアをする女性

「ゆらぎ肌」の原因に思い当たるものがあれば、今度はその対策方法をチェックしていきましょう。対策方法で最優先なのは毎日のスキンケアを見直すことですが、スキンケア以外の生活習慣の中にも改善したいポイントがいくつかあります。

ゆらぎ肌対策①スキンケアの見直し

肌のゆらぎを感じたらその状態を今以上に悪化させないためにも、まずはいつものスキンケアを見直すことから始めましょう。肌がゆらいでいる時のスキンケアはとにかく保湿が基本ですが、見直したいポイントはほかにもあります。この後ご紹介する「正しいスキンケア」もぜひ参考にしてみてください。

ゆらぎ肌対策②食生活や睡眠で自律神経を整える

「ゆらぎ肌」にはスキンケアなどの身体の外側からのケアも大事ですが、それと同時に内側からのケアも重要です。健やかな肌は、食事や睡眠などの毎日の生活習慣で作られています。「ゆらぎ肌」になってしまったら、バランスの取れた食生活や睡眠の質を上げることを心がけましょう。

ゆらぎ肌対策③お風呂やストレッチでリラックスタイムを作る

部屋でストレッチをする女性

「ゆらぎ肌」の原因となるストレスをためこまないためには、一日の中でリラックスする時間を作ることも大切。お風呂にゆっくり入ったりストレッチなどで軽く体を動かすことは、心身ともにリラックス効果大。心身がリラックスすると自律神経が整うので、おのずと肌の状態も改善していきます。

ゆらぎ肌対策④部屋を乾燥させない

秋から冬にかけての空気が乾燥する時期は、部屋の中の湿度を一定以上に保つこともポイント。加湿器を使ったり洗濯物を部屋干ししたりして、部屋の中の湿度が下がらないような工夫をしましょう。

ゆらぎ肌対策⑤改善しない場合は皮膚科へ

「ゆらぎ肌」はスキンケアや生活習慣を見直すことで改善できる肌トラブルですが、もし全く改善しない場合は皮膚科で専門医に相談しましょう。中には、単なる「ゆらぎ肌」ではなく肌の病気やアレルギーの場合もあります。自己判断で決めつけず、プロのアドバイスを受けることがおすすめです。

ゆらぎ肌対策の正しいスキンケア

ゆらぎ肌対策の保湿クリームを手に取る女性

「ゆらぎ肌」の対策としてまず最優先なのは、毎日のスキンケアの見直し。肌が健康な時と肌が敏感な時の最適なスキンケアは異なります。ここからは、肌がゆらいでいる時のスキンケアの手順やアイテムの選び方などをご紹介していきます。

ゆらぎ肌対策の正しいスキンケア①保湿が基本

肌がゆらいでいる時のスキンケアは、とにかく保湿が基本。肌が乾燥するとバリア機能が低下して、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。日々のお手入れで肌をこまめにチェックして、肌の乾燥を感じたら保湿ケアを重点的に行いましょう。

ゆらぎ肌対策の正しいスキンケア②シンプルケアにチェンジ

肌がゆらいでいる時は、肌に刺激になるようなスキンケアは避けることが鉄則です。スキンケアのステップはできる限りシンプルにして、肌に触れる行為自体を減らしましょう。クレンジングはW洗顔不要のものを選んだりアイテム数を減らしたりして、攻めから守りのスキンケアにチェンジしましょう。

ゆらぎ肌対策の正しいスキンケア③低刺激のスキンケアアイテムを選ぶ

肌がゆらいでいる時に使うスキンケアアイテムは、低刺激のものを選ぶのがベター。肌にやさしい低刺激のものを選ぶことで、肌の負担を減らすことができます。含まれる成分が少ないスキンケアアイテムも肌にやさしくて◎。

ゆらぎ肌にNGなスキンケア

洗顔する女性

「ゆらぎ肌」には絶対に避けた方がいいNGなスキンケアがあります。普段なら肌が喜ぶようなスキンケアが、ゆらいでいると肌の負担になる場合があります。

ゆらぎ肌にNGなスキンケア①クレンジングや洗顔時のNGな行為とは?

クレンジングや洗顔といった肌の汚れを落とすスキンケアは、保湿と同じくらい大事なステップ。肌の汚れはしっかり落とすことが大切ですが、必要な皮脂まで洗い流してしまったり、ごしごしこするのは絶対厳禁。洗浄力の弱いものを選んだり、肌の刺激になる摩擦を避けてやさしく洗うのがポイントです。

ゆらぎ肌にNGなスキンケア②栄養過多なスキンケアアイテム

普段なら肌が喜ぶような栄養がたっぷり含まれたスキンケアアイテムは、肌がゆらいでいる間は避けた方が無難。「ゆらぎ肌」で肌体力が弱っていると、濃厚な栄養分がかえって肌を疲れさせてしまいます。

ゆらぎ肌にNGなスキンケア③フェイスマッサージはいったんお休み

美肌効果の高いフェイスマッサージも、「ゆらぎ肌」の間はいったんお休みするのがベター。敏感な状態の肌をマッサージするとその行為自体が刺激になって、肌トラブルの原因になる可能性があります。

ゆらぎ肌におすすめのアイテム

ゆらぎ肌におすすめのアイテム

肌がゆらいでいる時のスキンケアアイテムは、低刺激なものや成分がシンプルなものを選ぶのがポイント。最近はゆらぎ肌専用のスキンケアアイテムも登場して選択肢も増えてきています。今回は、その中でも特におすすめのコスメを厳選してご紹介していきます。

ゆらぎ肌におすすめのアイテム①クレンジング:チャントアチャーム「クレンジングミルク」

チャントアチャームの「クレンジングミルク」

肌がゆらいでいる時は、汚れを落とすクレンジングや洗顔といったスキンケアがとても重要。肌に必要なうるおいまで落としてしまう洗浄力の高いものだと、肌が乾燥して状態を余計悪化させてしまいます。

クレンジングを選ぶ時のポイントは、洗顔も同時にできるW洗顔不要のものを選ぶこと。chant a charm(チャントアチャーム)の「クレンジングミルク」は、W洗顔不要のクレンジングミルクで肌にやさしいオーガニックコスメ。肌のうるおいは守りながら、メイクや汚れをしっかり落としてくれます。まつエクOKなのもうれしいポイント。

chant a charm(チャントアチャーム) クレンジングミルク / ¥2,750

ゆらぎ肌におすすめのアイテム②洗顔料:エトヴォス「クリアソープバー」

エトヴォスの「クリアソープバー」

敏感肌の方に人気のETVOS(エトヴォス)からは、「ゆらぎ肌」におすすめの洗顔料をピックアップ。「クリアソープバー」は肌へのやさしさに配慮した処方の枠練り石けんで、うるおいを与えながら汚れはしっかり落としてくれます。

ミネラルメイクなら落とせるので、ナチュラルメイクの日のクレンジングにもおすすめ。エトヴォスといえばの保湿成分「ヒト型セラミド」もしっかり配合されています。

ETVOS(エトヴォス) クリアソープバー / ¥2,200

ゆらぎ肌におすすめのアイテム③化粧水:資生堂「dプログラム アレルバリア ミスト」

資生堂の「dプログラム アレルバリア ミスト」

「ゆらぎ肌」で肌が敏感になっている時は、化粧水を塗り広げる行為も肌に刺激を感じてしまう時があります。そんな時におすすめなのがミストタイプの化粧水。吹きつけるだけで顔全体に水分チャージできて、後はハンドプレスでやさしく入れ込むだけでOKです。

資生堂の「dプログラム アレルバリア ミスト」は、花粉などのアレルゲンによる「ゆらぎ肌」の方に特におすすめの化粧水。アレルバリアテクノロジー搭載で空気中の微粒子汚れや紫外線、寒暖差から肌を守ってくれるので、メイクの仕上げや日中のお直し用ミストとしても使えます。皮脂崩れ防止成分でメイクのもちが良くなるのも◎。

資生堂(しせいどう) dプログラム アレルバリア ミスト / ¥1,650

ゆらぎ肌におすすめのアイテム④乳液:ミノン「アミノモイスト モイストチャージ ミルク」

ミノンの「アミノモイスト モイストチャージ ミルク」

プチプラなのに効果実感が高いと大人女子にも人気のMINON(ミノン)「アミノモイスト モイストチャージ ミルク」。ミノンは、第一三共ヘルスケアがゆらぎやすい現代女性のために皮膚科学に基づいて開発したスキンケアシリーズです。

アミノモイストに配合されているアミノ酸は、肌のバリア機能を改善するのに効果的な成分。「モイストチャージ ミルク」は、「ゆらぎ肌」の乾燥でごわついた肌にもすっと馴染んでうるおいを肌に閉じ込めてくれます。

MINON(ミノン) アミノモイスト モイストチャージ ミルク 100g / ¥2,200

ゆらぎ肌におすすめのアイテム⑤美容液:アユーラ「リズムコンセントレートα」

 

AYURA(アユーラ)で発売以来人気No.1の美容液「リズムコンセントレート」が2020年秋にリニューアル。新成分が配合されてさらにパワーアップして登場しました。

「リズムコンセントレートα」のコンセプトは、ゆらぎ肌に寄り添う美容液。たっぷりのうるおいが「ゆらぎ肌」で乾燥した肌を満たして持続、肌のコンディションを整えてくれます。美容液の肌になじみやすいテクスチャーも高ポイント。

AYURA(アユーラ) リズムコンセントレートα / ¥8,800

ゆらぎ肌におすすめのアイテム⑥クリーム:津田コスメ「スキンバリアバーム」

津田コスメの「スキンバリアバーム」

「ゆらぎ肌」で化粧水さえもしみるという方におすすめなのは、水分を含まない保湿剤のみのスキンケア。そんなスキンケアにぴったりなのが、津田コスメ(ツダコスメ)の「スキンバリアバーム」です。

水を1滴も含まない津田コスメの特別処方で作られたマルチバームで、夜はスキンケアの最後のフタとして、昼は外的ダメージから肌をバリアする保護下地として使えます。現代女性の肌に不足しがちなビタミンやミネラルを補給してくれるのもおすすめポイント。

津田コスメ(ツダコスメ) スキンバリアバーム / ¥5,940

ゆらぎ肌におすすめのアイテム⑦クリーム:アルジタル「インテンシブ エキナセアクリーム」

アルジタルの「インテンシブ エキナセアクリーム」

敏感肌のナチュラル系女子に大人気のオーガニックブランド「ARGITAL(アルジタル)」。「インテンシブ エキナセアクリーム」は、何度も繰り返すニキビなどの肌荒れに効果的なクリームです。ニキビ予防にもなるので、季節の変わり目や生理前などの肌がゆらぎそうな時期から使うのがおすすめ。ポーチに常備しておくと安心なお守り的なスキンケアアイテムです。

ARGITAL(アルジタル) インテンシブ エキナセアクリーム / ¥3,850

ゆらぎ肌におすすめのアイテム⑧マスク:VTコスメティックス「CICAマスク」

VTコスメティックスの「CICAマスク」

最近SNSや口コミサイトなどで人気のスキンケアアイテムの一つが、「シカ」成分が配合された韓国コスメ。「シカ」成分は肌の再生と鎮静に効果的で、ゆらぎがちな現代女性の注目を集めています。

VT Cosmetics(ヴイティーコスメティックス)の「CICAマスク」は、そんな「シカ」成分がたっぷり配合されたシートマスク。特許のガーゼ生地もポイントで、肌にしっかり密着してくれます。シートマスクは肌の刺激になる摩擦を減らせるので、「ゆらぎ肌」におすすめのスキンケアアイテムです。

VT Cosmetics(ヴイティーコスメティックス) VTシカマスク (10個入り) Ver.3 / ¥2,017

季節の変わり目や生理前などの時期に悩む方が多い「ゆらぎ肌」。寒暖差や花粉、ストレスなど避けられない原因も多く、自分なりの対策方法を見つけることが必要です。今回ご紹介した「ゆらぎ肌」におすすめのアイテムは、どれもゆらいだ肌をサポートしてくれる優秀なアイテムばかり。ぜひ自分の肌に合う「ゆらぎ肌」アイテムを見つけてください。