LIFESTYLE
MAR.06.2020

インナーをスッキリ収納!たたみ方やおすすめの収納方法をマスター

インナーをスッキリ収納!たたみ方やおすすめの収納方法をマスター インナーをスッキリ収納!たたみ方やおすすめの収納方法をマスター

インナーはたたみにくく、形も揃っていないので収納方法に困ることも。ランジェリー類をスッキリ収納するにはどうすれば良いのか?今回は、インナーのたたみ方や収納例などをご紹介するので参考にしてみてください。

インナーの収納方法

ブラジャー収納

■収納場所

まずはインナーの収納場所について。インナーはお風呂上がりに着替えることが多いので、一般的には洗面所に収納することが多いです。

洗面所の収納事情はそれぞれの家で違います。作り付けの収納がある場合は、内部をケースで仕切って収納するのがおすすめ。

1人暮らし用のワンルームなどはなかなか作り付けの収納がないもの。棚やボックス、隙間用の収納家具などを置いてインナー収納に役立てましょう。

洗面所に収納スペースを作りたくないなら、リビングや寝室に。いずれの場合も、インナーをきちんとたたまないで直接しまうと生地が傷むので、ケースを活用すると良いでしょう。

■仕切りはマスト!

インナー類は生地が柔らかく、そのまま引き出しなどに収納すると位置が定まりません。これがぐちゃぐちゃになる原因でもあるので、きちんと仕切りを入れて混乱を防ぎます。

仕切りがあれば、何がどこに入っているのか一目瞭然。100均やニトリにも仕切り用のパーツは販売されていますし、段ボールやプラスチックケース、牛乳パックなどで手作りする方法もあります。

■たたみ方次第でコンパクトに収納できる

インナー収納のキーポイントとなるのがたたみ方。

何のルールもなく雑なたたみ方だと、余計な収納スペースが発生したり、インナーが型崩れすることも。

高さや大きさを揃えることで、生地にも優しく見た目もスッキリします。

インナーのたたみ方【1】ブラジャー

 

インナー類の中でも、特に生地が傷みやすいのがブラジャー。高さを合わせて重ねて収納するのがおすすめです。

■パッドありの場合

1.まずはブラジャーの形を整えてからホックを留めます。

2.ストラップを丸めてブラジャーの中に入れ込みます。

3.このまま立てて収納します。

■パッドなしの場合

1.ブラジャーを二つ折りにします。

2.ストラップと脇部分をカップ部分に折り込みます。

3.立てて収納します。

インナーのたたみ方【2】ショーツ

 

ショーツの場合は、収納ケースの中で広がらないようにするのがポイントです。

1.平らに広げた状態にして、両側から1/3ずつ折りたたみ長方形にします。

2.ウエストのゴム部分を上にして、下から1/3を折りたたみます。

3.もう一度折りたたみますが、その時にゴムの中に折った部分を入れ込んで正方形にしてから収納します。

■ボクサーパンツの場合

1.お尻側を上にして平らに広げ、股の部分を折り上げます。

2.両端から1/4ずつ折り、観音開きのような形状にします。

3.ウエスト部分が上にくるようにくるくると巻いて収納します。

インナーのたたみ方【3】キャミソール

 

素材や形も様々なキャミソールですが、たたみ方を揃えて収納するだけで型崩れするのを防げます。

■ブラトップ

1.後ろ身頃を上にして平らに広げます。

2.縦半分に折って、膨らんでいるカップを押して片側に寄せます。

3.カップ部分にストラップを折り込みます。

4.下1/3を上に折り、もう一度折りたたんで立てて収納します。

■ブラジャーと一緒に収納したい場合

1.後ろ身頃を上にして平らに広げます。

2.ウエスト部分の両側を内側に折り込みます。

3.ストラップをカップの中に入れ込みます。

4.下から3回折ってブラジャーと同じ高さにしてから立てて収納します。

インナーの収納例【1】種類別に引き出し収納

引き出しインナー収納

洗面所などの引き出しにインナーを収納する場合は、種類別に分けることで見やすくなりスッキリします。インナー用のケースでなくても、家にあるもので代用可能。

特にショーツやストッキングなど、きちんと収納しないと散らかってしまうものは同じ大きさにたたんでから立てて収納しましょう。

インナーの収納例【2】洗面所にラベリング収納

 

洗面所の収納棚内にケース収納したり、カラーボックスを置いて収納してもスッキリ。ラベリングをすることで、どこに何が入っているのか明確にします。

ナチュラルな布製ボックスや、100均で買えるラベリング小物を使えばおしゃれ収納が完成。中身が見えないようにすれば、多少たたみ方が汚くてもカバーできます。

インナーの収納例【3】クローゼットにポケット収納

 

インナーをクローゼット収納する場合に役立つのが、ポケット収納ハンガー。1枚ずつポケットに収納できて、中身も見えるので合理的。

インナー別にポケットの大きさを変えるのがコツ。大きいブラと小さいショーツでは大きさに差がありすぎるので、それぞれに合うポケットを用意してください。

インナーの収納例【4】1枚ずつ収納

下着仕切り収納

インナーの中でも一番小さいショーツ類は、仕切りがあるケースでの収納が必要。せっかくきれいにたたんでも、収納の仕方によっては意味がなくなってしまいます。

生地が傷むのが心配なら、無印良品の不織布の仕切りケースなどがおすすめ。収納できる枚数に限りがあるので、新しいショーツを買ったら古いものを捨てる習慣も身につきます。

インナー収納は、意外と困っているのになかなか人に相談できないもの。一度すべてのインナーを出して、いちから収納しなおすと気分までスッキリするでしょう。